2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
こんなのはじめて/// リールの不具合
- 2017/06/26(Mon) -
うーん、やはり安いものは値段なりなの?

と、思ってしまうことが起きた。


3週間ほど前に購入したカシータスMGLですが、たった10時間の使用で壊れた。

ハンドルが逆回転してしまうし、中でカラカラと音がする。

ギア周辺のワッシャーとかが外れたような感じ・・

購入店で相談したら在庫が無いので返品を受け付けてくれるそうな・・

いや、たまたま実店舗で買っておいてよかった。

購入して使ってすぐに不具合が出て、ちゃんと対応してくれるのはアマゾンさんとナチュラムさんくらい。


アマゾンさんは外資系故、返品だとかが凄く楽ですよ。
消費者の立場に立ってと言うか、消費者が強い立場なのがアメリカ。
困ったときに助けてくれる・・それがアマゾンクオリティ。

ヤマダ電機がこんなことやってくれるわけがない。
なおPC/家電だとソフマップ/ツクモ/ヨド/ビックは良心的でしたね。

ナチュラムさんは国内の釣り具通販の老舗的存在で、私もかれこれ30年使っている。
その中でも2度ほど不具合がありましたが、清く対応してもらえました。
しかも、うちひとつはフローターの不具合。ジッパーが壊れ、閉めても開いちゃう。
到着翌日の使用で発覚し、その翌日に電話したら新品と交換してくれた。
もうね、私の釣り具の9割がアマゾンんとナチュラムですわ。

結構、不具合多いからね。

ロッドもネットで買ったら必ずクラックとか塗装をよく見ること。
ヒビや欠けがあったら早急に対応してもらうべきですよ。
でないとあとあとで「折れ」につながることがありますから。


そんなこんなで、今回のカシータス。

店舗の人と相談したんですが、カシータスMGLの在庫が無いみたい。

同じ機種にするのもなんだか嫌だったので差額を出してスコーピオンにしてもらいました。


ま、スコは日本国内向けのリールだから、作りも良いでしょう。
金属ボディは安心ですし、巻き心地が良くて、ベアリングの質も高い。
スプール径が小さいから7g未満のルアーも投げられる。
それで12lbが100m巻ければ十分かなと。


もちろん付けっパの積みっパですよ。

ゾディアス166ML-Gに付けっぱなしで車に乗せっぱなし。



かたやカシータスは海外向けのリール。堅牢さが売りでしょうけど、作りは雑。
MGLスプールだけが取り柄ですな。


と言うか、シマノさん・・お前はキヤノンか?

出し惜しみにもほどがあると思うよ。


なんでスコーピオンにMGL載せないんだよ・・

HAGANEボディにX-SHIP、それに加えてMGLでしょ?

それとも何かい?


メタニウムMGLと変わらなくなっちゃうのかな?

いやいや、スプール径が違うし・・

またアベイルさんの世話にならなきゃいけないのかな?俺・・



今夜、取りに行ってきますー。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
15アルデバラン フルチューン 一歩手前
- 2017/06/26(Mon) -
T3Airを持っているにもかかわらず、中古ながらもなんとなく買ってしまったのが15アルデバラン。


そして、なんとなく買ってしまったアベイルのマイクロキャストスプール2個のうち、片方はトラウト用の極浅溝の黒、もうひとつが問題の浅溝パープル。


もちろん、ベアリング交換済みだし、アベイルのマグネットブレーキに換装してある。

マグネットブレーキが外部ダイヤルから操作できるのに感動したけど、それどころじゃない。


トラウトロッドとの相性が良ければ、極浅溝スプールで1.5gのスプーンを十分な飛距離が出せたことに驚いた。


T3Air級にグレードアップしたどころか、T3 Air 抜いたかも。


とりあえず、16アルデバランよりは数段上。


中古15アルデバラン2万、スプールとブレーキで2.5万と出費は大きいけど、バスでもトラウトでも使えるなら個人的には高くはなかったかな。

もちろん安くもないけど。

性能的には大満足なので、後悔はしていない。


問題はデザインだ。


スプールだけパープルにしたら、凄く間抜けになったのでスタードラグとハンドルノブもパープルに。



あんまカッコ良くねーわ。


なんとなく姉ヶ崎だとか竹ノ塚(失礼)を思い出してしまうカラーリング。


ハンドルも黒くすれば、もう少し良くな・・・


やめたやめた。


これ以上お金かけるの良くないと思った。

リールのコスメは自己満足の領域。


ステラに夢屋のセンシティブアルミノブ付けたけど、センシティブにはならず・・感度なんか全く変わらん。

それこそ7000円もするんだからコスパはかなり低い。


ダイワやZPIのパーツは安いから手を出しやすいけど、夢屋は高杉。


この姉ヶ崎仕様のアルデバラン、どうしよ・・・


ベイトフィネス自体、自己満足の釣り。

ある程度で満足できたら、その先に首を突っ込むのはやめておいた方が幸せになれます。


50が見えてきたオッサンがコノリールを使うんだぜ?

コッパズカシイ....


ひとつくらい玩具があってもいいか、と割り切る!
この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | ▲ top
究極(?)のグラスロッド ゾディアス 166ML-G
- 2017/06/26(Mon) -
安くて堅牢と思われるシマノのエントリーバスロッド、ゾディアス シリーズ。

その中で「感度優先」の竿を買う時、ゾディアスは低弾性故にあまりお勧めできないと何度か書いている。
感度優先であれば高弾性カーボンを用いたエクスプライド以上を購入すべきだとね。

ただ感度をあまり優先しない釣りが多く存在するのがバスフィッシング。

感度が良すぎる=魚がルアーを咥えた時に違和感がある=ショートバイト

なんてこともあるので、感度最優先=良いロッドともいえないのも事実です。


高弾性カーボンロッドで感度も食い込みも良いとなると、今度は折れやすい。
高弾性超高感度ロッドでもラインがスーッと動くアタリは手元に伝わらない。

だからある意味、感度はソコソコで良いと思う方が多いのも事実。
それを理解してゾディアスを購入するオッサン=長経験者がいるわけです。

私は振り抜けの悪さと先重り感で多くの竿をエクスプライドにした。


だけど2本のゾディアスが手元に存在する・・・そう、2本目を買ってしまったんですよ。


今まで持っていたのは166MH。

ラバージグのピン撃ち&スイムジグ&スピナーベイト用です。

・ラバージグは比較的アタリがはっきりしているので弱感度でも問題ない。
・ラバージグはフルキャストよりもピッチング&サイドでの弱いキャストが多い。
・スイムジグやスピナベのタダ巻きには感度はあまり重要ではない。
・巻きの厚いブランクスなので強引な使い方ができる(気がする)。
・6.6ftと短めの竿なので持ち重り感が我慢できる。重いリールと合わせる。
・本気モードの時はアドレナHがある。ゾディはお気軽モードで使用。
・オカッパリで使いまわししやすいスペック。
・安いから車に乗せっぱなしにできる。

こんな理由からゾディアス166MHは暫く使うことになると思う。


そして今回、増やしたのがゾディアスの166ML-Gです。

ブラックレーベルが重くてだるいので買い替えを完投していました。
自重145g事態は決して重くないが、カルコン200ですらバランスが悪い。

対するゾディアス166ML-GはMLながら117gと28gも軽く仕上がっているのが特徴。
MLな分、ティップが細くバットはほぼ同じ径。店でスコーピオンを付け、バランスも〇。

ゾディアスはMLですが5~21gまで投げられるんだから、ほとんどの巻き物はこれでおk。
661MRB-Gは5-24gなので、もうちょっと幅広く扱えるんですけどね。

勿論、全体的なマテリアルに関してはブラックレーベル+661MRB-Gが数段上です。
価格帯が44000円と18500円と全く違うので、比べてはいけない竿だと思うけどね。

持ち重りするし装飾がドギツイし、所有感は満たされない。

それでも実釣にはかなり良く感じそうなグラスロッドがゾディアス166ML-G。

シマノ ベイトロッド ゾディアス  バス 166ML-G 6.6 フィート
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 35,204


アマゾンでも、ちょっとお高め14000円ですね。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
大人気のゾディアスに、ちょっと待った
- 2017/06/25(Sun) -
ネット上では高評価が多い杣野のエントリーバスロッド、ゾディアス。

私も1本所有していて、1万円の際とは思えない性能に驚いています。


さて、このロッドの特徴は何だと思います?

多くの方が「ガイド」を気にされています。


1万円台後半のロッドには全てSic以上が採用されていますが、ゾディアスはその下のもの。

アルコナイトと言うガイドリングを使っているんですね。

アルコナイトはSicに比べ、比重・硬度・放熱性で劣っています。

でも一般的なユーザーがそこまでは必要としないでしょう。
私も週末バサーなのでリングはアルコナイトで十二分。
PEラインでも問題なく使えるのだから、安心です。
無論、Sicであるに越したことはないけど、それは精神的なもの。
硬度だって若干の違いなので感度には表れないはず。
ゴールドサーメットのようにPEで簡単にキズが付くlことはありません。
勿論、釣行回数が多い・・月に10日くらい?ならSicの方が良いでしょう。

ゾディアスで最も気にしなければならないのは「低弾性カーボン」であるということ。

この「低弾性カーボン」と言うブランクスの特性を知らないと痛い目にあいます。


弾力の弱いカーボンシートを巻いてロッドブランクスを作ります。

強度が落ちるので分厚く巻く必要があるので、多くのものが堅牢です。

なのでロッド全体に持ちおもりを感じたり、キャスト時にシャキッとしません。
なんたらXのおかげでキャスト後のブレが弱くなっていますが、胡麻化しにすぎません。
キャスト後のブレは抑えられていても、持ち重り感が非常にあります。
もちろんキャスト後のブレだけでも抑えてくれたのは嬉しい限りですけどね。

弱いカーボンを沢山巻くので感度が落ちます。感度優先の釣りには全く向いていないです。
感度が悪いと魚のバイトだけでなく、底質や水の動きなどルアーの状況も分かりにくくなります。
と言うことは、ルアーのロストも増えてしまうかもしれません。


基本的にゾディアスは極度の感度を必要としない釣りに向いています。
ワーミング全般では感度が最優先される状況が多いので、高弾性カーボンを用いたロッドを使うべき。

低弾性カーボンのゾディアスを使うシチュエーションは以下の通り。

・激しいヤブコギが予想される釣り。
・20lb.太いラインでの釣り
・クランク、バイブ、スピナベなどの巻き物系
・テキサスやラバージグなどバイトのハッキリわかる釣り


こんなところでしょうか。

車に乗せっぱなしなので、ほぼほぼ常備しているのが166MH。

オカッパリのテキサスリグ&スピナーベイト用です。
リールはカシータスにフロロ16lb.を巻いています。


と言うことでゾディアスのメリット・デメリットを書いてみました。


高弾性カーボンで感度が良くて安い竿はエクスプライド!!

ポイズン アドレナよりコスメの質が落ちるだけで感度はほとんど変わらない印象。

特に感度を優先するようなスピニングでのライトリグには164L前後がオススメ。



ベイトならまずはコレ。



これらを中心にエクスプライドを準備し、あまり使わないような竿はゾディアス。

それが私のオススメ。


全てをゾディアスで揃えるのは釣果を悪くしてしまう可能性が高いので・・
この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
巻き物でバスを釣る! 最終兵器 グラスロッド
- 2017/06/24(Sat) -
クランクベイトやバイブレーション、ただ巻き&ストップ&ゴーのミノーやシャッド。
スイムジグ、やら軽いスイムベイトなども巻き巻きするから立派な巻き物。

その中でも感度ではなくてノリを優先させたいときに武器となるのがグラスロッド。
トップウォーターのアクションをヌメヌメと演出しやすいのもグラスの特徴ですね。

今朝もブラックレーベルの661MFBでちょい投げしてきましたが・・この竿、ダルい。

重くて太くてパームスエッジシリーズより感度も劣るし何だかパッとしない。


軽くて1/2オンス前後のルアーを投げやすい軽い竿を調べてみたら驚きの結末。


グラスの最軽量ロッドは、なんと ゾディアス ちゃんの 166ML-G でした・・

これは買うっきゃないっすね。軽さとヌケ最優先で、感度イラネですから。
店舗で触ってみての購入になると思うので、来週の仕事の合間に観てこよー。


なおこのグラスロッド。使い道は結構難しいです。

ワーミングにはほぼ使えないと思った方が良いです。

止めた時の感度はイマイチですし、ミノーノトゥイッチやジャークにはダルい。
こんな使い方の場合はカーボンブランクスのロッドを使う方が良いでしょうね。

基本、タダ巻き専用。あとはTOPの首振りアクションに使えるくらいです。
TOPとは言っても移動距離の非常に少ないアクションとかシェイクとかは苦手。

そういう場合はカーボンロッドを使う方が幸せになれる。


ほんと使いまわせないロッドなのです。


反面、鬼のように乗る。そしてバレない。


使いこなせるかは貴方次第・・いや俺次第か。

八郎潟遠征の時はエッジのEVC-663+ホッテントットでかなりの魚を手にした。
霞ヶ浦でのスピナベ、野池浮き輪でのTOPと出番が多かったっけ。

ブラックレーベルへの更新が失敗したので、今回は慎重に行きます。
ゾディアス触っても安いだけで買うようなことはしない。

ヌケが悪かったり、ダルダル過ぎたらエクスプライドやアドレナを検討。

それでもイマイチだったらエッジ プライド EPVC-663を探すよ。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ