2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
座間養魚場で思ったこと。スプーンとクランク。
- 2016/12/27(Tue) -
3連休の最終日に座間さんへお邪魔してきました。

朝一から5時間。急に冷え込んだ日となりました。

釣果は15本程度でしょうか・・寒いわスレてるわで、かなりツラい釣りでした。

その中で思ったのはスプーン>>>>>クランクであるということ。

近年、管理釣り場ではマメみたいなクランク流行ってるじゃないですか?
あれ、良くないですよ。むしろ悪いと思うというか、釣りが下手になると思います。

クランクベイトの場合、まき抵抗が大きく、手元にルアーの動きが伝わりやすいですね。
魚が食うとクッと持っていかれたり、ブルブルが止まったりと、アタリが取りやすい。
それがアダ。魚が食いついたら基本、向こう合わせ。魚が掛かってくれるんですね。

だから繊細なアタリが取れなくなって、結果下手になる。

スプーンよりクランクが釣れるって言ってる人は、アタリがわかってないんですね。
スプーンでアタリが取れない人がクランクを使うと「釣れる~♪」ってなる。
クランクの場合、魚が果敢にアタックしてくるから、釣りやすいんです。

ただ私が言いたいのはクランクの10倍くらいスプーンを魚がくわえているということ。


手元にコツンと来るようなアタリなんて、ほんの2・3割ですよ。魚の活性が高くても。
だから村田さんとかネオさんとかラインでアタリをとることを推奨しているわけです。

その方たちも知ってるけど言わないのが手元にもラインにも伝わらないアタリ。

これはもう、釣り道具じゃどうにもならない問題です。

ハデな見やすいスプーンを10mくらい投げて巻いてルアーをしっかり見て魚が食ったら合わせる。
こうなるとロッドは鱒レンジャーで十分なわけですよ。魚のサイズも分かるからリールも安物で構わない。

そうなるとメディアに出るような人は積極的に、釣り道具をオススメできなくなってしまう。
感度なんか一切関係ないんですね。むしろバラシのリスクが低いグラスロッド最高!となる。

前述の通り、ルアーを追ってきて軽く咥えるようなアタリは目で見て確認するしかないのです。

この釣りは釣り具メーカーからするとタブーです・・感度なんか関係ない。なんて言えるわけがない。


クランクもメーカーの思惑が色々と感じられます。

だって金属片のサジを350円で売るよりも1500円のプラグを売った方が利益につながるもん。

クランクが釣れるのは見せかけだけであり、絶対にスプーンの方が良く釣れる。効率も良い。

クランクはリップの大きさで潜行深度が決まるので、潜る深さを変えるにはれうあーチェンジが必要です。
表層直下、表層、中層、底層・・4種類欲しくなる。カラバリも3色くらい欲しい・・12個お買い上げ♪

スプーンは重さやサイズにもよるけど、1.5gなら1つで表層から3mのレンジを探れる。
しかもフォールで食わせることが可能。ストレートフォール、カーブフォール、巻きフォール・・
ストップ&ゴー、トゥイッチ、ジャーキング・・多様な釣りができるのもスプーンの醍醐味。

ただしアタリはわからない。サイトフィッシングができないなら、ちょっとした変化を見逃さない事。
または聞きアワセをするのも手です。たまに極軽くトゥイッチを兼ねて合わせてみる。
当たりがわからなくても魚がかけられることが結構ありますので、実践してみてください。

メーカーに騙されないように気を付けて。トラウトではクランクは釣れないルアーです。

私もクランクは、たまに使いますよ・・酒飲んでるときや集中力が欠けた時、友達と話が盛り上がった時。

釣りに集中しなくていいから、使うわけです。休憩みたいなもんです。


それと、私自身がこういう釣りなので「管理釣り場でのラインはナイロンに限る」という結論が出つつあります。


PEは勿論、フロロでも合わせるとハジかれちゃうことが多い。
PEの場合はショックリーダー付ければ解決するし、アタリも手に取るようにわかる。


私はそのショックリーダーが苦手でね・・・キャストの時にガイドにカツカツ当たるのが大嫌い。

PEは抜けやすいからショックリーダーを・・結び目増えたら一緒じゃね?
PEは耐摩耗性が低いからショックリーダーを・・ナイロンもフロロも切れるときは切れるぜ。
PEは合わせ切れするからショックリーダーを・・だったら最初からフロロ(ry

ティップに気を遣うし、風に弱いので使いません。

比較的張りのあるFirelineを直結で拘りをもって釣りをするのは好き。アタリがビンビンで異世界すぎる。
だけど咥えている時間が短いわ、合わせると口切れわ、乗ってもバレるわ・・それをわかっていて使う。
そうやってやっと獲れる魚もある。何やっても釣れない時の最終兵器ではあります。PEラインって。

それを覚悟のうえで使うことはありますよ。バスとマスに関してはね。
シーバスはラインシステムのウンチクを知人に話されて、やらないと決めた。
こういうやつと一緒に行くと疲れるんだよな・・こうしないとダメ的な人。
一緒に行かないと後でばれた時、煩いしな・・困ったもんです。


ナイロンが好きな私ですが、風が強いとき用にフロロは必ず1セット持っていきますよ。
それとネイティブはフロロ。一本が貴重なので逃したくないしサイトなんてほぼできないしね。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
AVAILさんで久しぶりのお買い物と改造
- 2016/12/17(Sat) -
先日の釣行でベイトキャスティングでのミノーイングが非常に扱いやすかったため、自前のABU Ambassadeur 1500C/1601C IARのスプールを交換してみました。


ついでにオイル&グリスを抜いたり、はたまた挿したりとメンテも一緒に実施。

自動車部品もリールパーツも脱脂はコイツが重宝します。



ある程度まで外せば、コイツのスプレーの力で綺麗に洗浄してくれます。

ギヤ周りには柔らかいグリス、ベアリング周りや摺動部は超柔らかいオイル。

グリスはダイワかシマノの純正グリスです。

シマノ(SHIMANO) リールグリススプレー SP-023A 913647
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 38,984


私はダイワのリールにもシマノのグリス使っています。
グリスはあんま拘らない。柔らかくて持ちが良ければおk。


オイルはスミスのIOS。

スミス(SMITH LTD) IOS-01 (アイオーエス ゼロワン)
スミス(SMITH LTD) (2013-12-18)
売り上げランキング: 50,234



入手しやすい。そこそこ回る。そこそこ持つ。と言う理由。
アルケミストとか言うのも使ったけど、回りすぎて持ちが悪いです。
私にはスミスの方が好みでした。

アルケミスト使うくらいなら純正使うわぁ。

ちなみにベアリングへの注油手順。

1.丁寧にベアリングを外す(ストッパー要注意)
2.パーツクリーナーで十分に洗い流す。
 *超音波洗浄機とかあると最高・・私のは壊れちゃった。
3.ほんの一滴だけ注油。0.7滴くらいでも良いかも。
4.回してよくなじませる。
5.エアダスターで余分なオイルを吹き飛ばす。
 *拭き飛ばしすぎに注意。コンプレッサーがあると最高。
6.ベアリングを丁寧に装着(ストッパーに要注意)

こんな感じです。

というわけで私も1601C IARやりました。

この状態からスタート。もともとAvailさんの4mm浅溝ついてますけど・・
201612151601CAIR (1)_R

左ハンドルなので、こっちは右サイドカップ。
201612151601CAIR (2)_R

左カップ内部。汚れもあるし、グリスも固まってます・・
201612151601CAIR (3)_R

一通り洗浄、注油し2mm浅溝スプールへ換装。マグネットブレーキ装着!
201612151601CAIR (4)_R
なお今回外した4mmスプールは1500Cに付ける予定です。

回転性能は大幅に向上しましたが、どうだろう?

まだ投げていないのでわかりません。


今週末に近場の管理釣り場に行くので、試してきますね。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
TIFA ブリリアント / コータック コンデックス 在庫あり!?
- 2016/12/13(Tue) -
押入れの奥の方を整理していたら出てきたのがこちら。


Brilliant (3)_R
Brilliant (2)_R

今はもう販売していないTIFAのBrilliantです。上の2枚は7gと10g。

すごいことになっていたのが下の7g・・

Brilliant (1)_R

なんと50枚ものストックが・・・


近年はネイティブ全然行ってないだけど、これを買った当時は年に10日以上は行ってました。
芦ノ湖、銀山、田子倉、中禅寺湖、河口湖・・亀山も結構トラウトを入れていたっけ。
ロストも少なくないし、TIFAが無くなる直前だったので1個189円、100個買っても18900円。

正月の加賀FAの帰り道に立ち寄ったアカサカ釣り具さんで買ったんだよなぁ・・懐かしい。

こりゃ流石に持ちすぎですが、役に立たないこともないでしょう。


それとこんなんも発見。

realspoon_R.jpg

かのMitchell社のRealSpoonです。こちらは9gが5個だけ。
タックルベリーで買ったんだと思います。

そして私の管理釣り場やネイティブでの最終手段として、今なお現役。

もう倒産してしまったコータック社のコンデックスでございます。
condex_R.jpg

オク見てるけどあんまし出てないね。
2gと5gの在庫が無くてちょっと寂しい・・


他にもダイワのチヌークZ 7-14gとかレイピア5.5-7g、ブリリアント2gにウラン4g・・

オタカラが沢山あった。


これらは思い入れの非常に強いルアーなので下方に近い存在。

ロストしたら在庫から補充して、在庫が無くなったら、さようならだ。

こんだけあれば恐れることはない。


かけ上がりも岩場もアグレッシブに攻めるべき。


というか、それなりのところへ釣りに行かなきゃ。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
ベイトフィネスはアリかナシか?
- 2016/12/12(Mon) -
バスにもトラウトにもシーバスにもベイトタックルを用いた釣法がある。

重めのルアーを使うときや太いラインを使うとき、大きな魚を狙うとき・・

それこそがベイトリールの使い方であったんだけど、近年は違う。


私自身もリベルトピクシーやらカルカッタ50XT、ABU ambassadeur 1500C/1601C IARなどと言った小型のベイトリールを使っていろんな釣りを楽しんできました。


リベルトピクシーは2011年発売、カルカッタ50XTが1998くらいの発売。

なのでベイトリールで小さなルアーを飛ばそうという試みは既に20年近くが経過していようとしているわけです。

そして2011年ごろにAvailさんがマイクロキャストスプールを販売開始。
私もこぞって買ったっけなぁ・・


近年流行と思われるベイトフィネスですが、だいぶ前からあったのです。

だけど5年前には4g程度が精いっぱいだったのが現在では1.5gも投げられる。

行き過ぎた感じはあありますが、確実にかつ急速に進化したんです。



そして私が勝手に思うのは、釣法によってはアリだけどナシな場合もあるということ。


ベイトタックルのメリットは手返しの良さとアキュラシー、それと頑丈さで。

他に関してはスピニングに劣ることが多い。

飛距離、繊細なラインでのドラグ性能、超軽量ルアーのアキュラシーはベイトではかなり劣る。



ではベイトリールで軽いルアーを投げてメリットが出る条件は?


となると以下の通り。

1.飛距離はソコソコで良い
2.ルアーウェイトが2.5g以上、できれば最低3g
3.投げる回数が超過に比例するとき
4.ちょっと太めのラインが使いたいとき

こんなところ。


ベイトフィネスにあう最高の釣りは「渓流ミノーイング」じゃないかと思う。

シルエットが小さくてもウェイトのあるミノーを投げまくる。

4cm-5cmと小さいながらも4g以上とウェイトのあるシンキングミノー。


Dコンタクトとか凄く手返し良く投げられます。

チップミノ-4cmは2g程度なのでちょっとしんどいかもだけど、何とか投げられる。
ツインクルの4.5cmは2.5gでだいぶ楽になる。ウッドミノーではこれが限界かも。
イトウクラフトのボウイ5cmとか蝦夷5cmのシンキングは余裕。

来年はT3air と 1601C IAR/1500C使って渓流に入るぞ~。

今年は一度も入らなかったんだよなぁ・・
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
昨日のヒットルアー
- 2016/12/12(Mon) -
ダイワのアダム1.5gとティアロ1.5gが大ヒット。


特にアダム。こういうスタンダードな形が個人的に一番好き。
流水でも止水でも使えるし、風にも強いし、スレにくい。

こりゃ一軍入り決定だな。

プラグはシマノふわとろ35D-F。

ちょっと深場を狙うのが良かったかな。

河川タイプの管理釣り場で表層を狙うなら1gスプーンの方が釣れるね。



まぁ、最近はやりのクランクは釣れるんだけど、なんか違う感じ。

スプーンだとあわせて釣らなきゃいけないけど、クランクなら向こう合わせで釣れる感じ。
あわせても乗らない魚が多いんだからクランくのほうが楽っちゃ楽なんだよね。
でもなんか違う・・アタリをとって合わせて乗せる・・これがルアーのだいご味だと思うんだ。

管理釣り場でのクランキングは私にとってはただの気分転換。

ベイトで手返し良く投げて巻いて釣れる・・釣るんじゃなくて、敢えて釣れると言う表現。

どうしてもスプーンとミノーばかり使っていると飽きたり疲れたりしちゃう。

だからクランクで気分転換。

クラインクとかバイブレーションとかってすぐにスレちゃうしね。



そうそう。そう言えば2g以上のクランクならベイトでも余裕で投げられました。

ダイワ T3 Air恐るべし。

ダイワ(Daiwa) リール T3 エアー 8.6L-TW
ダイワ(Daiwa) (2013-01-29)
売り上げランキング: 46,989


もともとはバスタックル用に購入。
フロロ8lb巻いてスーパーグラブのノーシンカーをブッシュにスキッピングで打っていました。
イモグラブにするとすっげー飛ぶしスキップできるしアキュラシ-も高い。
フローターなら8lbあれば自分で寄っていけるのでなんとかなるので、結構釣り上げました。
スピニングにフロロの8lbは巻きたくないもんなぁ・・4000番とか使いたくない・・

そのバス用に買ったT3 Airを管理釣り場初導入しました。
ロッドは自作のスピニングXULブランクで作った竿。

結論は1.5gから投げられ、5gならアキュラシーも高く、飛距離が出る。
たまに調整は必要だが、ほぼサミング不要。非常に手返しが良い。
テンポよく釣りができるので気持ちが良かったです。

これに鱒レンジャーブランク改造ベイトロッドがあれば超イージーに投げられます。
ブランクにキズが付かないようグリップとガイドを壊して付け替えればおk。
グリップ+リールシート+ガイドで1万円くらい掛かっちゃうかもだけど・・・


オールラウンドモードでマグは6-7、キャスコンはギリギリ落ちない程度。

竿は既製品ならコレが安くて柔らかくていいんじゃない?
メジャークラフト ロッド FINE TAIL ベイトモデル FTS-B542UL
メジャークラフト (2014-04-10)
売り上げランキング: 55,938


つーか私も欲しくなってきた~。

ABU1500Cとかも結構いけるみたいなので、改造してみようか考え中・・
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ