もうすぐ受験生のお父さんになります。
- 2017/01/31(Tue) -
いやはや、私がブログを始めて12年。

他から引っ越してきたんだけどさ。


もとはゲームのブログだったんだよ・・

モンハンのブログだったんだよ・・


スキル探しつつシャレた装備、ネタエロ装備なんかも探しながら遊んでいた。


なのに今じゃ、カメラだの音響だのパソコンだの・・


年を取ったもんですよ。


今のモンハンは無駄なスキルで複雑化し、腕でなんとかするゲームではない。
昔のMHはグラビ相手にガード性能+2をとるかガード強化をとるか・・

ま、そんなことはいいや。

一応ゲームもやってる。

BF1のレベルが65だったかな?キルレ1.8程度。おっさんなので手加減してくれ・・
BFは癒しのあるFPSなので、長く続けられております。皆さん、いつも蘇生ありがとう!


まぁ、いいや。


昨年末から妻の口から「来年は受験」の言葉を聞くと胃が痛くなります。


私自身は勉強して良いところに行こうなんて気持ちが全くなく、試験前日もゲーセンに行っていたクチ。

そんなやつは私以外に誰もおらんのだろうけど・・

勉強しておけばよかった~と思ったこともあまりない。

一応大学は出られたので、なんとかね。

今でいうFランなんだけど、私が受験した時はそれでも倍率が2.5倍もあった。
同じ学校から20人受けて受かったのは4人・・ヤンキーばかりの高校がだったけど。
進学率45%のうち4大はほんの一握り。Fラン受かっただけでもめっけもんでした。

そんな私が勉強のことで娘に言い続けたことは少ない。


時代が違うのだと。


必死には勉強しなくてもいい。ちゃんとやっていればいい。
頭の良い学校に行くことが何もすべてじゃない。

ちゃんとやっていれば将来、就きたい職業を見つけた時に付ける可能性が高い。

後悔しないように勉強しろよ~ってね。

息抜きは絶対に必要だし、集中している時は邪魔をしない。
あまりダラダラしているようなら声をかけるが、基本その辺はカミさん任せ。

カミさんは一生懸命勉強してきたからね。コツは少しわかるだろうし。
言ってよって言われるまで、基本私から勉強どうこうは言いません。

だけど教えるときはなぜか私の方が教えられる。

学校で教わっていなくても英語や国語、数学は中2ならだいたいわかる。
当時できなかったくせに不思議だ。なお社会はかなり変わっていて分からない模様。


来年の今頃は大変だろうね。

お父さんとして、娘に出来ることは何でもしようと思う。

学校に部活に塾に頑張っているから俺もきちんと応えないと・・


まだ行きたい高校が明確ではないから、近隣の学校巡りの旅に連れて行こうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | こどもとかぞく/日記 | CM(0) | ▲ top
接写・マクロに! エクステンションチューブ
- 2017/01/31(Tue) -
例えばSONYのFE50F18FとかEF40mmF2.8の単焦点。

安くて便利な単焦点レンズですが、最短撮影距離が長い。

だけど、そんなことを思うはごく稀で、マクロレンズ買うまでも無い。


なんて方にはエクステンションチューブがいいですね。

EXTENTION (1)_R

既にSEL50F18Fでは限界を超えた近距離撮影でボヤボヤですね・・すみません。

2枚付いていて、片方は10mm、もう片方は16mmと記載され、厚みが違います。
SS1/50、絞りF2.8、ISOオート、AF-S、手振れ補正ON、WBオート。MFならもうちょい寄れる。

テーブルにあったレンズキャップをSEL50F18Fで最短撮影距離付近で撮るとこんな感じ。
EXTENTION (2)_R

10mmを装着するとこんな感じ。
EXTENTION (3)_R

16mmだとこう。
EXTENTION (4)_R

10mmと16mmの2枚重ねで26mm。
EXTENTION (5)_R


つーか、きったねーレンズキャップで、なんかもうすみません。
今夜は清掃してあげよう。


仕事や本気の時に使うものではないけど、草花や小物撮影には普通に使える。

前述のとおり、MFならもう少し寄れますが、ピント自体はAFでも問題無し。

AFが遅いのはSEL50F18Fが廉価レンズだからですね。SEL28F2なら大丈夫。


注意点が2つ。

接写~マクロは撮れるが、少し離れるとピントが合いません。
一番効果の小さい10mmでも30cmまでしかフォーカスしません。

もうひとつは手振れ補正が弱いです。SS上げるか三脚を使いましょう。

接写やマクロを簡易的にやりたい方はお試しください。


この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
LA-EA4 と庶民の味方 シグマ APO 70-300mm F3.5-5.6 DG MACRO
- 2017/01/30(Mon) -
しばらくは使い続けなければならないソニーEマウント。

使い込んでいるうちに、毛嫌いしていたα7RIIにも大分、慣れてきたように思います。


せっかくなので、使えそうな周辺機器を揃えたいと思い、ソニー純正マウントアダプター LA-EA4 を購入しました。

fc2blog_20170130113636ccc.jpg

fc2blog_201701301137162a5.jpg


庶民の味方 シグマAPO 70-300mm F3.5-5.6 DG MACROはレンタル。

屋内用のマクロレンズと300mmの安価で軽いレンズが欲しかったので、とりあえずα99ユーザーに借りてみました。この人は鳥の撮影好き。α99は動体に強いけど、EVFがしんどいらしい・・ましてやこのレンズではカワセミ無理って言っていました。


私は先日、譲って貰ったようなミノルタのちょい古レンズAF、またはオールドレンズMFで使うつもりです。
近年のαAマウント、SAL系を買う気は全くありません。


とりあえず装着。


fc2blog_20170130113847923.jpg


アダプター下部の出っ張りがどうこう言うのは仕方ないよね。

むしろ私的には良くこのサイズに収めたなぁと言う印象のほうが強いわ。

屋内でマクロ使って200-300mmで撮ってみたけど、すごく安いレンズとは思えませんでした。

拡大したものをちょいと掲載。ピントが甘いのはご勘弁を。

被写体は高さ3cm程度の小物です。三脚不使用ライブビュー。
DSC00909.jpg

マクロ使って300mmのF5.6、SS1/200。ISO3200と言うのを感じさせない。
フルサイズだとF5.6でも結構ボケますね。ボケ味も悪くない。色も自然。

通常だと最短撮影距離が長いのと、マクロでの周辺の減光がひどい。
外に出て太陽が入ったりするとキツいかもですけど、屋内なら大丈夫。



それよりも、手ぶれ補正とAFの信頼性と音。

かなり手ぶれ補正が弱く感じた。特に暗所だとSS2段くらい上げないとツラい。

AFはレンズ特性かもですが、一度外すと戻るのに時間がかかる。
基本的には1秒くらいで合うんだけど、一度外すと行ったり来たり。挙句諦めて合わせない。
でも8割程度は快適に撮れるので、多分屋外の明るい所だともっと良いんでしょうね。


AF速度はまずまず、静体は精度もまずまず。動体AF-Cは離着陸の旅客機くらいならなんとか。
安くて新しくないレンズなので、オートフォーカス時のジーコジーコが賑やかなのはご愛敬。
昔のダイヤル式電話を思い出したくらいですわ。


それでも一万円代の安いレンズが純正のマウントアダプターで使えるのは助かります。


LA-EA4持ちならば、安いこのレンズは色々と使い道があるかも。おみちゃには最適?
持っていて損は無いかもね。逆に200-300mmのマクロなんてコレくらいしか無い。

これでソニーがAマウントの一眼レフが存在していたら、キヤノンから乗り換えていたかも・・

危ない危ない。


ソニー SONY マウントアダプター LA-EA4
ソニー (2013-11-15)
売り上げランキング: 39,245


いやはや像面位相差で動くって、やはり素晴らしい。
70-400とか欲しくなってしまう。買わないけど(笑)




これで2万以下とは驚き。綺麗に撮れますね。簡易マクロが地味に便利。AFが少し遅く、煩いのさえ我慢できれば買いかもね。

なお、もっと安いAPO無しはやめといたほうがいい。

一眼を使うんだから、数千円の差なんだから少しでも写りが良いものを買うべき。
なおAPOとは色収差を抑え、映りを良くしたレンズに使われるシグマの技術です。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
久しぶりのTDR: EOS 6D + A010 or α7RII + SEL24240
- 2017/01/30(Mon) -
1年ぶりくらいかな。ディズニーランドへ行くことになりそうです。

子供が小学校低学年のころは、年に3-4回行ってました。

しかし上の子の小学5年生くらいから、「脱ゆとり」が激しくなり、休みが激減。

夏休みは短いし、土曜日に参観があっても、月曜日は休みじゃないのです。
運動会も土曜日ですが予備には日曜日、予備日の予備日は翌週の土曜日。

月曜日の代休が無くなってしまった・・宿題も多いし今の小学生は大変だ。
昔の土曜日分を平日に振り分けている感じで、なんとなく先生も大変そう。


そして上の子が中学に入ると週末に家族が揃うことが少なくなり、年に数度ほど。
その希少な週末に何をしたいか聞くと、一日中家にいたい・・疲れているんよね。

だから来月の週末の部活休みの日は、「何する?」でなく「TDR行くべ~」ってね。

先手打ったら「行く行く」でした。


久しぶりで、せっかくだから、いっぱい写真撮ってくれとさ。

もう今年行けるか分からないし・・そうだ、来年の今頃は受験だわな。


父さん、久しぶりに張り切っちゃうぞ~。


タイトルでは悩んでいるように見えるけど、実際は心が決まっている。

雨だのホコリだの、不安があるのでα7RII+SEL24240。


コレで決まり。



実際、ミラーレスのメリットって「軽量コンパクト」ですよね。

α7系にSEL24240って結構、重くて1.4kgくらいになってしまう。
一眼レフの 6D + A010 の方が1.2kgで軽いんですよね。

しかもA010は望遠側300mm。簡易防滴付きなので、多少の雨位ならしのげる。


逆に6Dボディが防塵雨滴ではないし、広角側が28mmだから、ちょっと使いにくいね。

防塵防滴と広角側重視でSEL24240に軍配。

α7RIIは動画も行けますし、今回は迷うことなく持ち出せそうです。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(2) | ▲ top
α6500の手振れ補正は案外いけるかも!?
- 2017/01/29(Sun) -
先日、娘の合唱コンテストがあり、あんまりデカいカメラ持ち歩くのも嫌だったのでコンパクト装備のα6500+SEL1670Zでちょこっと撮ってきました。


動画撮影に関しては文句無し。

4K Super35mmで撮影したけど100Mが使えなかった・・Class10のSDXCだったから。

15分程度の撮影で2.5GBにもなってしまったので、容量的に60Mでいいのかねぇ。
一応、α6500&α7RII動画撮影用に一枚買っておきますかね。


64GBで3700円台なの?ずいぶん安くなりました。




α6500/α7RII/α7SII/G8/GX7IIなどで4K撮影するなら必携かもね。
読み書きが速いのは撮るときだけでなく、転送でも軽くなりますし。



と言うか、動画はもういいや。

LUMIX G8とα6500とα7RIIで完璧。


α6500の手振れ補正がイマイチと言う方が多いけど、私はそうは思いませんでした。


むしろ「良好」ですよ。


いや厳密にいうとボディ内手振れ補正は若干、弱いんだけどシャッターボタンがキモ。

シャッター半押しのAFはボタンを押す深さが深いんだけど、シャッターを切るまでが浅い。

シャッターを切った瞬間に手振れを起こしにくいのです。

70mm前後で80cm先のぬいぐるみを1/10でも余裕で撮れる。

ぬいぐるみのフワフワ感が伝わり、毛の一本一本がちゃんと見えます。

画像は後日、UP。練習すれば1/5くらいまで行けるかもよ。



動体追従性能が向上し、高感度もISO3200くらいまで使え、なおかつ手振れ補正が秀逸。


もしかしたらα6500と言うカメラは、名機なのかもしれません。



近年の名機は価格が安いものが多いね・・高いと叩かれる傾向良くない!

私的には近年の名機は5D3/80D/G8/GH4/E-M1/X7・・そしてα6500とα7II。

中でも80Dはキヤノンの常識を覆したダイナミックレンジの広さに驚き、
Lumix G8もローパスフィルターレスに4K充実、DulI.S.など多機能高画質。

この2機種が現行では驚かされたカメラですね~。

次点でα6500。α6300の件さえなければ、もっと上位。メーカーが信頼できないね。

X7は相変わらず良いカメラ。軽くて小さくてプリティでパンケーキ使って綺麗に撮れる。
ズームも良いけど、単焦点を付けることによって化けるカメラですね。(暗所以外)


GH4とE-M1は新型に押され、かつその新型が高いから買わない。買うなら5D買う。
マイクロフォーサーズは出しても15万円以下だなぁ。20万はAPS-C機最上位機種。

5D3若しくは5D4もフルサイズでボディ800g以上は握りたくないだけだけなんだけど。
7D2も動体に関しては良かったが、アプデが大したこと無かったので及第点。
もうちょっとアップデートで何かしら追加してほしいよなぁ、ニコキヤノは。

80Dが良かったので、7D3には期待しているけど、これ以上重くなったら買わない。
Lレンズにα6500で行きますよ。ある程度、目を瞑ってもね。MC-11様様だなぁ。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
NEEWER エクステンションチューブで簡易マクロ・接写
- 2017/01/28(Sat) -
これ、想像以上にヤバいシロモノでした。



安価なレンズやズームレンズで寄れない時に重宝します。

小物とか花とか。


NEEWER エクステンションチューブ





10mmと16mmの2枚が入っています。


ソニーのSEL50F18Fと言う寄れない安価レンズだけでなく、もう少しマシなFE28F2にもイイ感じです。

と言うかマクロレンズ使えば本当にほぼほぼ接写。1cmくらいまで寄れる。

ただし被写体との距離がなくなる分、暗くなるので照明が必要になることもある。

それくらい寄ることもできるが、そこまで必要ないでしょ。


私的にはコレのおかげで前述の駄目レンズSEL50F18Fが蘇った。

AF遅い・寄れない・煩い・・・の割に安くない。


モノ撮りの時に、「せめて、もう少し寄れればなぁ」と思う事が何度かあったので、このレンズの生きる道を見出せた感じ。

MC-11 + EF 50mm F1.8 STMは大きくて重くて、なおかつここまで寄れない。



ま、まさかのエクステンションチューブ+ MC-11 + EF50F1.8STM!?


それは流石に、ないない。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
ジャンク品  ミノルタレンズを2本も購入
- 2017/01/27(Fri) -
昔の町の写真屋さん?カメラ屋さん?でジャンク品レンズ2本を入手。


今はニコンしか使っていないし、先代のものを含め100本以上ある中で、大したことのないレンズ、かつ今後絶対に使わない、かつ、カメラ本体が無い・・


そんなこんなでタダでいいよ・・なんて言われましたが、先代もよく知っている分、1000円払ってきた。

娘さんが古いレンズならバラせるというので、不安はありますが預けてきました。

前玉のカビがちょっと酷い。我慢できるレベルだけど自分じゃできないのでお願いしちゃいました。

・・と言うか新しいレンズは、その方もバラしたくないとのこと()

中途半端に古いし、あまり価値のないレンズだからね。


ミノルタのAF 24-85mm F3.5-4.5と28-200mm F3.5-5.6。

AFや絞りが効かなくても、泣くなよ、とは言われました。
絞りが効かなかったら使い物にならないけど、まぁいいじゃない。


とりあえずネットでLA-EA4でAFできるのは調べました。

なので、買いました・・レンズ一本買えるくらいの値段なのね。

ソニー SONY マウントアダプター LA-EA4
ソニー (2013-11-15)
売り上げランキング: 38,005


中途半端に昔の安いレンズで遊んでみるのも手。

こんくらいならAFが遅かろうが、ピンや風船が甘かろうが、どうでもいい。


本日も、頑張って我慢してα7RII+SEL2470Zで撮ってきましたが、やはり惨敗。

園児相手でちょこまか動くので、周辺どころか中央もNG。

屋内でSS上げてF7.1まで絞って・・ISO5000とかもうね・・

縮小してもアラが目立つわぁ。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
α7RII MC-11 タムロンA010 相性
- 2017/01/26(Thu) -


先日はシグマのEFマウントアダプターMC-11とα7RIIの相性が良くないと書きましたが、それはデフォルト設定で使った時の感想です。

今日は仕事が所内なので、遊びで一本のレンズを家から持ち出して来ました。


そのレンズはフルサイズ機で使える、数少ない便利ズームレンズであるタムロンのA010です。

24-300mm、F/3.5-5.6、手ぶれ補正付きでAF時にリングが回らないタイプです。


ただ装着しただけのデフォルト設定で撮ると、もう最悪。


手ぶれ補正の無いカメラ+レンズの方がマシ。

ボディとレンズの手ぶれ補正が喧嘩しています。0.5mの距離で50mm程度でシャッタースピード1/100でもブレブレ。

三脚使ってもブレるんだから、全く使い物になりません。論外。



次はレンズのVCスイッチをオフにし、ボディ内手ぶれ補正で撮りました。

先ほどのダブルな手ぶれ補正とは違い、手ぶれ補正がしっかりと効いて、撮りやすくなりました。 AFも若干、速い。

でも純正レンズに比べると、当然ですがかなり劣りますね。


そして最後はボディ側の手ぶれ補正オフ、レンズ側の手ぶれ補正オンでトライ。

これが一番、いい。シャッタースピードを1番抑えることができました。先ほどの感じで1/30くらいまで行ける


これなら使えるかも。


ふだん、α7IIではシャッタースピード1/15を多用するのですが、そこまで速度を抑えることはできません。ボディがα7RIIになり、シビアになったからでしょうけど・・前に使えていたものが使えないというのは少しツラいなぁ。


試行錯誤の末、画像サイズを16Mに落とせば低速シャッターでも撮りやすいです。

16Mあれば、多少はトリミングできるし、心強いです。欲を言えば24M欲しかった・・

ま、最悪の状況(どんな?)での回避策があると言うことで~。

他のレンズも試す価値ありだなあ。

特に先日のFE70-200mm F2.8L IS II。

納得できない・・
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
α7RIIを下手なりに使いこなす
- 2017/01/25(Wed) -
昨夜、久しぶりにウチのワンコをEOS 6D+EF70-200mmF2.8L ISI Iで撮ったら、いとも容易く綺麗に撮れちゃった。

気楽に使うのなら普通な一眼レフが良いんだよね。

ちょこまか動くようなものなら、なおさら一眼レフ。


α7RIIで必死こいて狙ったけど、撮れなかったものが6Dだと超簡単。


で、三脚使ったりSS上げたりしないと、うまく撮れないα7RII。



こいつはどうしても使い込まなければならないカメラ。

恩師から譲り受けたカメラだもん。簡単に諦められない。


本日は午前中の空いている時間に保育園さんで45分だけ撮影。


APS-CレンズでSuper35mmの4k(30p)で撮り、全画素超解像ズーム使ってみました。

これ結構いいんじゃない?


この全画素超解像度ズームって機能は、正直なところ全くのウソ。
思いっきり劣化しますし、場合によっては記録用としても使えないレベル。

写真で全画素超解像度ズームを使うと劣化がすごく激しいんですよね。


不思議なことに、動画ではデジタルズームを使っても、劣化が分かりにくいです。

4Kと言う限られた画素数のおかげなのか、むしろ良好。

例えば望遠側100mmのレンズで望遠端はSuper35mmでは150mm。
全画素超解像ズームで1.5倍にすると225mm、2倍で300mmとなる。

流石に2倍にすると劣化を感じるけど、1.5倍までなら使える印象です。

だから、SELP18105Gと言うレンズは、すごく価値のあるレンズになりそう。

あくまで「動画」の話ですけどね。


ただし惜しいところがひとつ・・

Super35mmモードでのローリングシャッター現象がかなり酷いです。
ちょっと速くパンすると出る。ゆっくりならごまかせるが、若干出ている。
音楽会や発表会位なら問題ないけど、運動会では使い物になりません。

なぁに対応策はある。

動画撮影は何も 4K Super35mmだけじゃありません。

スポーツや運動会、速めに左右へ振る場合はフルサイズモードで撮れば問題ない。


それと今日思ったのはα7RIIって、もしかしてレンズ次第なのかも?と言うこと。

暫く使っていたSEL2470Zに不信感を抱き、なおかつ今日は狭い部屋での活動。

と言うことで久しぶりにSEL1635Zの出番となりましたが、結構良かったです。


SEL1635Zは色合い、解像感、ボケ、抜けなど最近のソニーツァイスレンズの中では評判の良いレンズ。


このレンズをα7RIIに装着すると、すごく良い画が出てきます。

無論、子供が動き回ると無理なのですが・・


唯一の回避方法はサイズを落とす。2400万画素のMサイズにすればアラは目立たなくなる。

α7IIのように無難に撮るならMサイズも、十分ありなのかなと思います。


風景や集合写真、ハイチーズなら4200万画素を生かせるけど、普段の子ども相手は2400万画素で十分ですね。

と言うか24MPって言ったら6Dより多く、α7IIと同等。

画像サイズをLとMで使い分けると、すごく汎用性の高いカメラになると思います。

無理して、どんな場面でも42MPで撮ろうとするからボロが出るのかもな。


ちょっと使い道を見出せたかもしれません。


三脚は大きな集合写真以外で持ちたくないんだよなぁ・・
子供と行動することが多いから・・特に幼児相手の時は危ない。

子供の頭や顔に当たってケガさせないよう、カメラを頭の上に持ち上げています。


なのでせっかくのα7RIIですが、三脚は使えません・・使いたくもないけどね。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
α7RIIとMC-11の相性が良くない?
- 2017/01/24(Tue) -
なんだろ・・シグマのキヤノンEFマウントアダプターですが、α7IIではA09が問題なく動いた。


だけどα7RIIではAFが遅かったり合わなかったりすることが多いですね。

a7riiMC11A09_R.jpg

ま、こういうことをするようなカメラではないのだけども。

F2.8通しで軽量だからMC-11経由でも機動性を落とさないで重宝していただけに残念。

ちなみにα7IIで調子が良いEFレンズ群もα7RIIでは若干、遅かったり合わなかったり。
EF24-105F4L、EF70-200F4LISII、EF100-400EF3.5-5.6LISII、どれもα7IIより悪いです。
なおEF16-35F2.8IIは大丈夫でしたが、他は全て壊滅状態。

AFの精度も悪い気がするので、α7RIIにMC-11を使うことはなさそうです。


うーん、子どもの撮影や動体に使えない上に、MC-11での動作も全体的にα7IIに劣る。

マウントアダプターが使えないとは、またソニーEのメリットを減らしたα7RII。


使い道が見つからない・・これは本当にビデオカメラになってしまうかもしれない。

それはそれでいいか~。勿体ないけど使わないよりはいいもんねぇ。

あとはAPS-Cレンズを用いた4K動画撮影、Super35mmに期待だな~。

全画素超解像ズームは使い物になるのか!?

つーか、APS-Cレンズで4K動画撮影、そのうえでのズームはそもそも使えるのか?


仕事中に適当に撮ってみますか~。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
やはり難しい、α7RIIでの子供の撮影
- 2017/01/24(Tue) -
今朝、集会~朝の会までの写真を少し撮ってきました。

カメラはα7RII、レンズはSEL1635ZとSEL2470Zの2本。

校庭の広さを生かす写真が欲しかったので広角も用意しました。
SEL1635Zって色が豊かで解像感があり、逆光に強くて、すごく良いレンズですね。
だけど私はあんまり風景をやらないから出番がないんだよね。

人物写真はSEL2470Z・・これが思ったほど良くない。え?これ10万円?って感じ。
F8以上に絞らないと解像感が出ず、周辺抜きならSEL2870とあまり変わりがない。
もうちょっとどうにかならないのかな・・色はいいんだけどねぇ。



最大の難関はα7RIIと言うカメラ。


当然のことだけど、α7RIIは三脚を使ってじっくりと撮るカメラであります。
5軸手振れ補正のお陰で、ある程度は手持ちの撮影ができるようにはなりました。

だけど性能を引き出すには三脚が必要。

今までは普通に綺麗に撮れていた写真を、α7IIで同じように撮るには2倍以上のSSを要します。

いや、シャッタースピードだけで解決はできないけどね。
でも唯一、ごまかせる方法はSSを上げることになってしまう。


特に子供。

被写体がほんの少し動いただけでモヤモヤを感じる写真になってしまう。
止まっていられないのが子供。撮影用のモデルとは違うんですね。
5人集まってハイチーズで撮っても、なかなかうまく撮れないものですね。

SEL2470Zの甘さも相まって、α7RIIで撮ってもα7II以下の画となってしまう。


結局、今日満足できた写真は2・3枚ですよ。広角での風景のみ。

高画素機の扱いは難しい。やはり私にはオーバースペックなんだろうな。
しっかりとした構図で緻密にピントを合わせないと、このカメラの性能が引き出せません。


動き回る子供は「撮れない」と言っても過言ではない。

AF-Cで走る子供なんて撮れない。狙っても撮れない。撮るならAF-Sで「置きピン」。


手持ちAF-Cでの流し撮りなんて無理無理。


結論はα7RIIはAFで動体は無理。子どもの運動会でも厳しいと思います。


こと動体に関してはα7IIの方が誤魔化しが効くと思います。
画素数が小さいから目立たない。内部処理も負担が少ないからなのかな。

AF自体はα7RIIの方が絶対的に速いのですが、実際に撮影し確認すると残念。
AFは速いのに、出てきた画はボケボケのものばかりだから困ります。使えません。


子どもの運動会やサッカー、ダンスで使えるようなカメラではありません。


風景とポトレ専用。

そのα7IIですらEOS KISS X7や6DなどAFが弱いと言われている一眼レフ機よりも数段劣りますね。

動き物はミラーレスでは非常に撮りにくいです。

撮りやすい部類のカメラはα6300/α6500、パナG7/G8/GX8くらいかなぁ。
E-M1IIは試していないのでなんとも言えませんが、いかんせん高すぎ・・
静止画用のMFTに20万出そうとは思わないなぁ。動画両立可能なGH5は期待。
ミラーレスでの動体最有力はLUMIX G8でしょうねぇ。AF速いしまあまあ信頼できる。


だけどα7RIIどころかα6500やG8ですら激安キヤノン EOS KISS X7に勝てないんですね。

レンズ2本付きで5万切っているので、ボディは事実上2万円程度。
連写が遅く、測距点が狭くて少なく、古いので高感度には弱く、ISO1600まで。
動き物も決して得意ではないのだけど、それでもミラーレスよりは良い。



パパママならEOS KISS X7とか安価なAPS-C機のダブルズームをサブで持つのが良いですね。




ママのメインカメラにも十分なりうる超小型軽量なデジタル一眼レフカメラ。

オッサンホイホイな白もあるけど望遠ズームレンズが付きません。




キヤノンのレンズはマウントアダプターで使いまわせますしね。
MC-11はフルサイズ用レンズしかつかないのでCommliteとかになりますが。



ニコン好きならD3400のダブルズーム。



ローパスレスで高感度に若干強いけど、65000円とちょっとお高め。


α7RIIしか持っていないなら、X7は買って損のないカメラだと思いますよ。

注意するのはAF範囲が狭く測距点も少なく、一眼レフの中ではAFが弱いということ。

できれば中央一点で被写体を追い続け連写は指切りで抑える。
ISO800以下ならAF-S(OneSHot)でのポトレや風景でも十分使えます。

安いから壊れてもショックが少ないし、安くて小さくて軽いから気軽に使える。

EOS KISS X7はソニーユーザーだけでなく、ミラーレスユーザーのみなさんにお勧めしたいカメラですね。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
フルサイズへのステップアップ
- 2017/01/22(Sun) -
ここまでα7系の話が多く、フルサイズ推奨みたいな感じになってしまっていますが、敢えて言わせてもらいます。


本当にフルサイズが必要なの?と。


正直なところ、近年の各社APS-C機って凄い性能を持っています。


ボケを大きくしたかったり、カリッしした画を撮りたかったり・・

もっと印象的な写真が撮りたくてフルサイズに移行する。



私もそう。フルサイズなら綺麗に写真が撮れると思っていました。



しかし違うんです・・



私が欲しかった写真は「綺麗な写真」ではなく「良い写真」だったのです。


特に人物・・子供や家族を撮る方の多くの人はそうだと思います。


結局はシャッターチャンスを逃がさないことが最も重要であり、カメラの性能は二の次。
場合によっては軽量小型なカメラの方が強いときも少なくはないです。

5D4よりもKISS X7やRX100の方がシャッターチャンスに強いときがあるのです。


そしてようやく夢のフルサイズ機を購入したとしましょう。


最初は凄く綺麗に撮れて満足できることでしょう。


何となく撮った一枚でも綺麗!

ISO12800もいけるじゃん!

ボケが大きい!



だけど印刷するときはA4以下・・

完全なプライベート写真だとA4くらいまでしか印刷しませんよね。



そうなるとフルサイズボディを買うよりも明るいレンズを買った方が効果が大きく、安上がりです。


70DやD7100を使っている方がステップアップに5D3/5D4/D750/D810なんかを検討されている人が多いでしょう。


でもボディだけで20万以上の機種ならちょっと待った。


フルサイズ機の性能を発揮するレンズも必要です。

キヤノンならせめてEF24-105F4LISとか70-200F4LIS2が最低限。
これ2本で15万円くらいしちゃうんですよね。

できれば24-70F2.8を持ちたいですね・・一本で18万円也。


もしあなたがF3.5-5.6のレンズを使っているならF2.8ズームを使ってみるべきです。


オークションで落札して1か月使ってみてください。


キヤノンのAPS-C機ユーザーなら・・

標準ズームはシグマ17-50mm F2.8(実売3.5万円)
望遠ズームはシグマ70-200mm F2.8(実売9.5万円)






それと単焦点30mmのF1.8!




F2.8のズーム、F1.8の単焦点、ぜひ使ってみてください。


フルサイズとAPS-Cでは約1.5段分の違いがあると思います。
センサーの新旧やランクで違うでしょうから鵜呑みにはできないですけど。

APS-CのF2.8ズームならフルサイズのF4ズームと比べ0.5段くらい負け。
APS-CのF1.8単焦点はフルサイズのF4に0.5段くらい勝てるか同等。


と言うイメージ。

なおMFTなら0.5段差し引いた感じかなぁ。F2.8=F8くらい?の印象。



これらを使っても満足できないならフルサイズを再び検討しましょうよ。



価格が高いニコキヤノ純正のレンズはお勧めしません。失敗すると怖いので。
出てくる画や色が違うし、すごく良いけど価格以上の差があるかは微妙ですよ。

中古でうまく探せば2本10万円で上がるかもしれません。

APS-C機最大のメリットは望遠域。200mmレンズなら換算300mmになります。
それ以上が欲しいなら300mmを買えば換算450mmになります。

便利ズームレンズもAPS-C機の方がラインナップが豊富です。



フルサイズ移行となるとボディ20~35万、レンズ2本で15万円・

(6D+TAMRON A09とか安価なシステムなら15万円で上がるから話は違います)

望遠域は弱く(短く)なり、かと言って広角側がとてつもなく良くなる訳でもない。

最初はフルサイズ機にF1.8レンズ付けて開放で撮って、喜ぶだろうけどね・・

解像度上げるにはF5.6・・いやF8あった方がバリッとした画が撮れる。
結局、絞って使ってL判で印刷するとAPS-C機と変わらなかったりする。


フルサイズ機購入は安易に考えない方が良いです。


私がフルサイズ機を使うのはパンフレットに載せることがあるから。
ほぼ仕事ですね・・あとは夜の屋内での家族写真。
誕生日ケーキのロウソク消しはフルサイズじゃないと撮れないわなぁ・・


普段使いなら80Dとα6500、G8で行きますよ。
フルサイズなんて担ぎません。

APS-C or MFT + F2.8標準ズーム + F1.8単焦点で旅行も余裕っす。


6D・α7II・α7RII・・どれもすごく良いカメラですが、商売をやっているわけじゃありません。

仕事の上でフルサイズが必要なのです。


プライベートでフルサイズの方が良いと思うのは夜だけですよ。
あとはフルサイズ欲しいと思うことがほとんどありません。
APS-Cで強固な手振れ補正を持ったシステムでもある程度は賄える。

無論、α7RIIにSEL2470Zより軽いシステム・・α6500+SEL1670Zとかだと結構いけるんですよね。
F2.8にMFT・・パナG8だと強力手振れ補正、最新センサーなのでストレスが溜まりにくいですね。

α6500はα6000からかなり進化しており、高感度も良好。F2.8ズームが無いのでF4で要妥協ですが細かいことを気にしなければISO3200くらいまでは余裕。2L判くらいまでならISO6400も範囲内か。


今日も娘の発表会があるのでG8+35-100F2.8で撮ってきます。
4K動画撮影で30分ほど。写真は切り出しにしようと思っています。
Sサイズですが保険で動画撮影中にシャッターは切りますが。

予告しちたα7RII+SEL18105Gでの、ぶっつけ本番は怖いっす・・
ちょっと具合を見てからね・・157mmじゃ足りないかもですし・・


どうしてもフルサイズが欲しい?


望遠不要なら6D+A09とかα7II+SEL2870が安くてお勧め。

で、一本単焦点買えばいい。


それでも「やっぱりAPS-Cでも良かった」と思う方は多いと思うんだ・・
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
α7RIIの再来
- 2017/01/21(Sat) -
はい、本日午前中にお見舞いに行き、受け取ってまいりました。

高画素フルサイズミラーレスなんて、まさに「試練」かもしれません。

高画素フルサイズと言えば5DsRとα7RII。


本来なら三脚立てて構図をしっかり取り、リモコンで風景を撮るべきカメラ。
それを手持ちで子どもを撮ろうって言うんだから無謀ですよ。
実際、こういう使い方に最も適しているのはα7RIIではなくα7IIです。

人物を撮るのには向いていないです。

肌や髪が高解像すぎて、逆に気持ち悪いです。

前にも書いたけど鼻毛も毛穴も見えそうなくらいです。
見えなくても良い部分まで見えてしまうんです。

基本は静止画だったら風景やモノ撮り用のカメラです。


考えに考えた挙句、私の使い方は動画撮影かも?


動画用途中心でα7RIIに敢えてAPS-C用のレンズを使おうかなと。

高画素なのでAPS-Cレンズでも1600画素が撮影可能です。
無論、写真は画素数の差よりも数段劣化するでしょうけどね。
トリミングしなければA4くらいまでは行けるんじゃないかな?


FEレンズと比べ、4K動画撮影でAPS-C用レンズでも画質はほぼ劣化しない。
α7RIIの高画素ならではです。あえてそこをつこうかなと。

動画は4Kで撮影し欲しい部分だけ写真を4Kから切り出す。
α7RIIボディ内ではできないからPCが必須だけどね。


201701a7RII_R.jpg

画像はα7RIIにSELP18105Gを装着したもの。

F4通しで35mm換算150mm付近まで望遠が利くので、ビデオ撮影にはうってつけ。
距離が足りない時は素直にSEL24240とか70300Gを使えばいいのさ・・
SEL70200Gは売ってしまった・・MC-11+EF70-200F2.8LISIIもイイカモネ。

あ、SEL70300Gは三脚座が無いのでビデオには不向きですね。
70-300mmだと三脚座の無いものがほとんどなので仕方がない。
汎用の三脚座をマウント近くに装着できないかなぁ?

つか、APS-C用のダブルズーム付属レンズ、そろそろ新型にしてほしいですね。
ついでに望遠ズームは5倍ズームにしてくださいよ~。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
SEL2870とSEL2470Z どっちもどっち
- 2017/01/20(Fri) -
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
恩師から再び・・α7R2が帰ってくる
- 2017/01/19(Thu) -
かねてからの記事の通り、お世話になっている方がおり、その方を恩師と呼んでいる。


私が小さいころはよく遊んでもらった。

高校大学の受験では支えとなってくれた。

社会に出てからはお酒を交わして沢山話をした。

近年は特に密な関係で子どものこと、写真のことを教えてもらった。

そして子供たちを撮る事が仕事の一つにもなりました。


その方ももう80歳になろうという年齢。


4年前に大病を患い、カムバックしてきたものの昨冬から体調を崩され、入退院の繰り返し。
ここ半年はずっと入院しており、ここ数ヶ月はほとんど目を覚まさないのです。


週に3回ほどお見舞いに行っているが、最後に話したのは昨年11月。


恩師の奥様から連絡があった。


最後に使っていたカメラを私に使っていてほしいと・・


まだ生きてるのにね・・託されちゃった。


断る理由もがないどころか、むしろ光栄です。


これからはこのα7IIをたくさん持ち歩きます。


恩師の分もバッチリ撮ってきますからね!

目を覚ましている時に子供の写真を沢山見せてあげるんだ。



と、恩師の話だけで終わるわけにもいかない。


α7RIIの話を少々。





私自身、数ヶ月だけα7RIIを持っていたんですよね。


正直、超高画素なフルサイズセンサーは私にとっては暴れ馬。

なんせ1枚が大きいので、思ったところにピントが合ってなかったりする。
被写界深度を上げると、、今度はどこにピントが合ってるのか分からなくなる。
ちょっとでもブレるとすごくヘタな写真になってしまう。

AFが遅く、動き物は全く追えない。旅客機の離着陸くらいが限界じゃない?
小学生の運動会は結構厳しい。AF-SとかMFで撮る事が向いているカメラ。

連写は遅く、AF-Cでは合焦率も低い。AF-Cが弱いから仕方がない。

最大の難点はLサイズのスーパーファインで人物を撮るとアラが目立つ。

白髪、ヒゲ、シワ・・ひどいと鼻毛まで映ってしまうほどの超高解像度。


1枚が大きくて高解像度なので、ある程度ピントがずれてても大丈夫。
余裕でトリミングに耐えられるから、写真が下手になる気がしてならない。


とにかく「じゃじゃ馬」なのがフルサイズセンサー搭載の高画素機。
APS-C機からのステップアップだと、結構キツかったりするんですよね。


確かにハマッた時の画は、「このカメラすげええEEE」ってなるんですけどね。

ハマらないことが多かったわけで・・今回は逃げられないので精進せねば。


いかにして自分なりの使い方を見つけるか・・


例えば・・

写真サイズをMに落とせば、少しでもソフトなフォーカスになるのかな?

APS-CモードでSELP18105Gで4K動画撮影を撮影し、静止画を切り出せる?

なんとかしてサーキットで流し撮りできないかなぁ?


前回はISO数値を気にしすぎちゃったのかもしれない。
ISOが上がらないように上がらないように開放にしたりSS落としたりしちゃった。

α7R2は裏面照射型センサーで高感度にも強いと言われております。
確かに何度か撮ったISO12800でも何とかなるレベルだな~とは思った。

今回はISOを気にせずSSと絞りだけ考えて撮ろうと思います。

F値の低いレンズも信頼しない。


F1.8でも結局は絞らないと解像してくれないものがほとんど。
センサーが大きいと、こういう弊害も出てくるんですよね。

フルサイズ機でF1.8以下のレンズの開放は暗所での応急策ですな。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
α99IIに触れて思ったこと
- 2017/01/17(Tue) -
午前中にオオミヤに仕事で行ったので、α99II触ってきちゃいました。


いや、触っちゃいけないことはわかっていたんだけど、Aマウントすごくいい。
フランジバックの短さは何となく精神衛生上、よくありません。

フランジバックとはセンサーからレンズ接点の距離。

キヤノンは44mm、ニコンは46.5mm。

両社とも信頼できるメーカーですし、アフターも非常に良いことでも有名。
協力しつつも切磋琢磨している世界の2大メーカーです。

それを踏まえたうえでソニーのフランジバックを見ると驚く。

ソニーEは18mm・・ニコワンが最短で17.7mm。
ま、ミラーレス自体が短いんですけどね。
マイクロフォーサーズも20mmですし。


ミラーレス機の中で比較すると普通なのですが、よくよく考えるとおかしいことに気付く。

ミラーレス機と言えばオリパナのマイクロフォーサーズ(以下MFT)。

センサーサイズが小さいMFTなら、フランジバックの短さは気にならないんだけど・・

MFTの4倍弱も面積が広いフルサイズセンサーで18mmはちょっと心もとないような気がする。


望遠の場合、後球からセンサーまでの距離が短いと絶対的に不利だと思うのです。

そもそもα6000と言うソニーが「動体向き」と言うカメラが発売されてしばらくが経つ。
発売日は2014年3月。α6300が2016/03、α6500は2016/12・・・と流れてきました。

そして2016/4にようやくSEL70300Gが発売されました。

つかそれAマウントにあるやつやん。そんなん2年前に出してほしかったわ。
まぁきっと今のソニーさんはレンズ開発が苦手だから70-400は、ようやく今年かな?

ソニーはタムロンの親会社。自社の自信の無さが手に取るようにわかります。


でも、Aマウントのフランジバックは普通に43.5mmで安心して使える印象。

ミノルタのレンズまで含めれば多様な選択肢。


そう・・欲しくなったわα99II。


だけど怖くて手が出せない。



α7RIIは人物に不向きすぎる。唇荒れとかすぐにわかっちゃうんだよん・・


画素数が同じでα99IIも似たような描写になると思うんだ。
α99IIの廉価版で24万画素で出てくれれば即買いするんだが・・

α88だか分からんけど、Eマウントよりも売れるような気がしますよ。


すっげー欲しいけどキヤノンは全て売らなければならないし、非常に面倒。
面倒だし半分は冒険。だったらキヤノンのままでいいやって思ってしまう。

でもキヤノンからニコンへ乗り換えるのよりはメリットを感じたかも。
LA-EA4と言う強い武器がありますからね。


で、結局買いません。


買わないものの記事ばっかり書いてる気がするな、最近・・

欲しいものが無いから探している感じ。

1インチセンサー搭載のビデオカメラとか欲しいっちゃ欲しいがFDR-AX100は古すぎ。
FDR-AX100の後継機は未だなのかしら?

結局はフルサイズセンサーでフランジバックの短いα7IIを使うことになる。
ミラーレスだし軽量小型化と言う面からみると、もちろん最大のメリットだ。
α99IIはミラーレスにも関わらず800gもあるのだから、逆にミラーレスのメリットが少ない。

2017年、α7IIIが出るのかは定かではないけど、SEL70400Gは来るだろうね。

そろそろ出さないとシビレを切らす人が多そうです。

私は今年、α6500+MC-11+EF100-400IIで茂木を撮ってみる予定です。
無論、SEL70300Gも保険で持っていきますけどね。

レースシーズン早くこ~い!
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
G1 X Mark II 1.5型センサー搭載コンデジが欲しい
- 2017/01/16(Mon) -
1.5インチセンサーはマイクロフォーサーズより面積が大きい。

センサーサイズが多くくなればボディも大きくなるし重くなるのは当然のこと。

500gを超えて、アルファ7IIと重量が変わらないから驚きだ。

でも望遠側が120mmでF3.9のレンズ込みでこの重さは、むしろ軽い印象が強い。
エンジンはDIGIC6でEOS 70Dと同じものだから現在でも通用できそうで心強い。

ISO1600常用可能でISO3200くらいなら何とか使えるんじゃないかな?



結論からすると買わない・・すごくほしいんだけど・・買わない。

ただひとつ、ほしい機能がないから・・買わない。

静止画は文句なしなのだが、動画に若干の難がある。

フルHDで60fpsが撮れないのは致命的だ。
これはもう、もうすぐ発売とうわさされるG1X Mark IIに期待するしかない。


でもキヤノンじゃ4K切り出しとかできなさそうだなぁ・・

パナ最新機LX9は4K切り出しはできるけど、動画の手振れ補正が弱すぎ。



4K切り出しとフルHD60fpsと望遠100mm以上・・実用以上の手振れ補正。

こんなんしばらく出ないだろうなぁ・・


と言うことでRX100M3は今日も私のカバンに入っております。

α7IIやα6500のお高めなレンズを買ったけど、常備しているのはいつもコイツ。

そろそろレンズのブラッシュアップ、またはラインナップを増やしてほしいね。

24-120F1.8-4とかあったら即刻買うよ、例え10万円でもね。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
SELP18105G なかなかやるじゃないか
- 2017/01/15(Sun) -
訳あって急きょ、近所の小学生達と近くの公園のイベントへ・・・

なんとなく手にしたのは先日入手したSELP28105Gにα6500。
動画を撮るわけでもないのに電動ズームとか阿保かと。


サクサクとAFが合う。走る子供位なら余裕で撮れる。精度も悪くない。
広角側の開放も望遠端での解像感も悪くないじゃないか。

気に入ったぞSELP18105G。

電動ズームの遅さは致命的ですが、動画もやるならむしろ武器。

今日もスポーツではないので大丈夫でした。

α6500とSELP18105G、SEL1670Zはとても相性が良いです。
α6000での動体の精度が低さ、ISO1000での破綻がウソのよう。
高くなったけどα6500は決して悪くない機種です。

問題は次期モデルの発売日。1年以内に新型出たらマジでソニーユーザー辞めます。

そもそもソニーは不具合修正のアップデートしかしない。
オリパナみたいなユーザーフレンドリーな機能追加なんて絶対無理。
新たな機能ができたら必ず新型に載せ、旧型ユーザーを切り捨てる。それがソニー。

α6300では不具合修正がアプデでは対応できなかった。
4K撮影時の発熱問題・・結局、ディスコンで締めくくった。
開発はできてもプログラムの修正ができないんだよなぁ。

パナなんてGF9だっけ?エントリー機で4Kが余裕で撮れそう。
4Kフォトやフォーカスセレクトまで載せてきて、出し惜しみしない。

流石にdual I.S.載せられなかったようだけど、一般的にはレンズ手振れ補正で十分。
どっちを載せた方が消費者が喜ぶかを考えれば当然の結果だよねぇ。


ソニーは10万もするボディ(α6300)を半年で見切りました。
何度も言うけど、あまりにひどいので何度も書きます。

それでもα6500はいいカメラです。

α7IIが不要になりそうなくらい高画質。強力な手振れ補正で暗所/スローSSに強くなったし、4K切り出しもできる。


だけどやり方が汚いよなぁ・・先行きも不安。

相当辛そうだもんなぁ・・ソニーだいじょうぶかぁ?
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
ソニーEマウント もう一本追加 SELP18105G
- 2017/01/14(Sat) -
ソニーのAPS-C用レンズで一般的で扱いやすく映りも良いSEL1670Z。

軽いし小さいし映りが良い。ちょっとお高い。
α6000系ユーザーなら必ず持っているor欲しいレンズ。

私も持っているのだけど、α6500になってから動画を撮る事が増えたので、これを機に電動の標準+αなズームレンズSEPL18105Gを買ってみた。前に使ったことがあるので映りの良さはなんとなく覚えているけど、当時はα6000だったので動画はあまらずあまり記憶がありません。

DSC00310_R.jpg
(・・うーん、SEL50F18で撮ったけど640*480でもイマイチだなぁ)



いざ使ってみるとヌケが良く解像感も高く、動画だけでなく写真にも十分使えると判断。

AFも爆速とは言いませんが十分な速さで、精度はかなり高い。手振れ補正も良く効く。

流石純正品! 流石Gレンズ!!!



ただ重いしズームが遅いのでSEL1670Zは売れないかも・・SEL18200LEを売却するかもな。




この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
ソニーEマウント活用のため3本追加
- 2017/01/14(Sat) -
すごく高いレンズを買ったわけではないのですが・・3本追加です。

譲り受けたα7IIを使うべく、フルサイズ用の単焦点レンズを2本購入。

DSC00296_R.jpg


SEL28F2(FE28mmF2.0)が何気にすごく良いです。
軽くて小さくて金属感たっぷりで質感が良く、AFが速くて解像感も非常に高い。
周辺もSEL50F18に比べればかなり良い。細かいことさえ気にしなければおk。
これで24mmでもう少し寄れれば良いのだけど、高いレンズではないので仕方なし。

これで5万円弱ならアリですね。手放せないレンズになりそうな予感・・
これとSEL2470ZまたはSEL2870があれば安心して写真が撮れます。

SEL2870はプロテクター付けないと調子良いと思うんですけど、どうなんでしょ?
ネットでのレビューはさんざんですが、私的には結構好きなレンズなんだよね。
軽い小さい映りソコソコ、非常に安くミラーレスの良さを引き出してくれます。


対するSEL50F1.8はネットのレビューにほぼ一致し、感想はイマイチです。
SEL28F2ほど解像度が高くはなく周辺が酷い。AFが遅く、寄れない・・
中央ですら解像感が低くて、カリッとした画は撮れないです。
キヤノンのEF50F1.8IIどころかSUMMILUX15mmF1.7にも劣りますね。残念。

安くないし良くないし、買わなくてもよかったと思わなくもないという結果。
ま、暗い屋内では活躍してくれるでしょう。と言い聞かせてみる。

個人的に単焦点は20~30mmが好み。40mmなら使うが50mm以上って使わない。

それでも買ったのは一応、ソニーEの中では安価だし、写真の幅を広げたいから。
広げたくても使わない画角だと、どうしようもないことに気付いた・・


シグマDN3兄弟のうち2本売却しても1本分にもならないのは痛い。
つかシグマのArt19mm/30mm/60mmはフルサイズ用を出してくださいよ。
単焦点レンズならファストハイブリッドなんて要らない。安いの作って~。
今のソニーEマウントユーザーならすぐに買いますよ!

これで恩師も喜ぶだろう・・午前中に会ってきたけど寝ていらっしゃいました。
たまに起きて喋るらしいのですが、私はその場にいたことがないんです。。。

次回はSEL28F2を付けて、花でも撮って見せにお邪魔しようと思います。

α7IIで撮った写真で何か作ろうかなぁ。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
MC11 動作検証 α7II + EF 24-105F4L & EF16-35mm F2.8L IS II 他
- 2017/01/14(Sat) -
シグマ MC-11 動作検証 2017/01/14

① Canon EF24-105mm F4L +α7II
  フルサイズ用標準ズームレンズ
7IIMC1124105_R_R.jpg

画    質 ☆☆☆☆★ このレンズの映りを十分に発揮してくれます。SEL2470Z以上。
A F 速 度 ☆☆☆☆★ かなり速い。両端でも速度が変わらない。SEL2470Zよりも速い。
A F 精 度 ☆☆☆☆☆ 高い。周辺の甘さはこのレンズの特性なので仕方なし。
AFC 動作 ☆☆☆☆★ 1枚目は十分追尾。2枚目以降は検証できていません。
手 振 れ ☆☆☆☆★ 十分。CANONボディと比べると弱い気はしますね。
実 用 性 ☆☆☆☆★ 十分使える。AFの精度も速度も高いからむしろ安心できる。
そ の 他          α6500でも同じような動作。安心して使用できます。

② Canon EF 16-35mm F2.8L IS II +α7II
  フルサイズ用広角ズームレンズ
7IIMC111635_R_R.jpg

画    質 ☆☆☆☆★ 文句無し。SEL1635Zには一歩及ばない感じではあります。
A F 速 度 ☆☆☆☆☆ 驚速。これ何?ってくらい速い。両端でも速度が変わらない。
A F 精 度 ☆☆☆☆☆ ボディ内手振れ補正のおかげか6Dよりも高い。
AFC 動作 未  検  証 
手 振 れ ☆☆☆☆☆ 十二分。もともとIS無しのレンズなので効果が絶大。
実 用 性 ☆☆☆☆★ ボディ内手振れ補正の効果が良く分かるレンズ。常用可。
そ の 他          α6500では手振れ補正が非常に弱いが広角故、使いやすい。


③ SIGMA Contempoirary 17-70mm DC MACRO OS HSM F2.8-4 +α6500
  APS-C用標準ズームレンズ
65MC111770_R.jpg

画    質 ☆☆☆★★ 野のレンズなりの映り。上記2本と比べるとかなり劣ります。
A F 速 度 ☆☆★★★ 望遠端から広角端まで全域で非常に遅い。稀に速いけど。
A F 精 度 ☆★★★★ 7割くらいが大きく外れている。MFの方がストレス溜まらず。
AFC 動作 ☆★★★★ AF-Sで↑だからAF-Cなんて全く追うことができない。
手 振 れ ☆★★★★ 手振れどうこう言うレベルではない。AF性能が低すぎて・・
実 用 性 ☆★★★★ 全く使い物にならない。18-300の方が数段マシ。
そ の 他          α7IIでも同じような感じ。使うならMFしか方法が無い。


うーん、私の17-70F2.8-4が悪いのかなぁ・・全くAFしてくれない。
FWも最新だしキヤノンボディと合わせると問題なく使えるんだけど。
MC-11に装着するとストレスどころではなく憤りすら感じるレベル。


 
MC-11使いものにならないリスト

1.キヤノン製EF-Sレンズ(装着不可)
2.タムロン A005(AF激遅・精度は〇)
3.シグマ 17-70mm C F2.8-4(AF激遅・精度も×)
4.シグマ 18-300mm C F3.5-6.3(AF激遅・精度△)

所詮は非公式な使い方。

使えない・使いにくいレンズがあっても泣かない!
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
実は前からすごく欲しいコンデジがあるんだ・・
- 2017/01/13(Fri) -
レンズ交換の出来る記事ばかり書いているけど、実はRX100M3の出番が案外多いです。


常にカバンに入れて持ち歩いているせいか、良い写真を撮る事ができる。

子どもを撮りに幼稚園や小学校でも、かなり武器になります。

それもこれもボディのサイズのおかげで、存在感が小さいから。
被写体となる子どもたちもリラックスできるようで、表情が柔らかい。

高感度もそこそこの耐性があるので、雨の日の廊下とか楽勝。


ただ一つ思うのが、もう少し望遠が利けば・・・


プライベートでも使えると思うんです。


MFT同等のセンサーサイズ、1.5型で24-120mm、F2-3.9!!
スペックだけでなく高感度にも十分耐えられる最高のカメラですよ、ホント。
500gオーバーでコンデジとは言いにくいけど、センサーが大きいから仕方がない。

MP4のFHDで60fpsで動画撮影もできるし、いうことなし。

今回はRX100M3を買ってしまったので、しばらく使いこみました。
我慢して使ったというわけでもなく、私には十分な性能のコンデジ。
撮った写真の枚数と満足できる写真の数で考えるとモトは取ったかも。

私にしては珍しくキズだらけ。角の塗装が剥がれ、下地が出ています。


そんなRX100M3もそろそろ2年経過・・

今年7月発売と噂されている G1 X Mark III は発売日に買いたいカメラです。

頼むから今回も24-120mmのレンズを積んでいてくれよ~(祈り

1.5インチセンサーで24-120mmでテレ側F4以下ならプライベートでも使える。

いや動体さえある程度追えれば、マイクロフォーサーズも不要になるかも!?


レンズはそのままで新型エンジンに動体追従性能向上、バリアングル・・なんてならないかな?
可能性は低いだろうけどAPS-Cセンサー搭載なんて言う噂もありますね。


G1 X Mark III 、楽しみでなりません。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
α7IIを手放せなくなりました・・
- 2017/01/12(Thu) -
もともと昔からお世話になっている方からの戴き物のα7II・・

やっぱ手放せないわ・・・


その方が一昨日に危篤になり、病院に呼び出されました。

今は状態も良くなりましたが、一時はどうなるかと・・
寝たきりで意識が無いのが長く続くのもアレですけど・・


元箱を探して、売る準備はできていたけど実行はしていませんでした。


やはり心のどこかに引っかかってしまって・・売らないで正解だった。


正直、6DとMFTばかり使ってしまい、使い道がなく困っていたのですが、
まだまだ使い込まなければならなくなりました。

普通のカメラなら試練を感じますが、α7IIは優等生。
きっと良い写真を残してくれることでしょう。

なるべく外に連れ出してあげようと思います。




一緒に譲り受けたSEL2470Z。

正直、価格と軽さを考えると「SEL2870でもいいんじゃね?」って思うこともあった。
絞らないと解像感が無いし、絞っても周辺は弱いし、テレ側では甘い。
ボケの質もあまりよくないものの、SEL2870とは比較にならない色合いとヌケ。

SEL2470Zは悪くはないレンズだけど価格には見合わないともいえる。
正直な感想としては持っていなくても困らないレンズというイメージ。

だけど手放せないなぁ・・ボディとセットで持っていないと絶対に後悔する。
α7IIを手放すときはα7IIIを買うときにすべきなのかもしれない。



対する安価なキットレンズであるSEL2870はコスパ良好。
解像感も低く、周辺が非常に弱い。絞っても良くならない。
だけどAPS-Cのキットレンズと比べると解像感は高く感じる。
なんと言っても超軽量コンパクトで映りがそこそこで、非常に安価。
旅行用に一本は持っていたいレンズだと思う。

とはいえ、コレには多くのレンズが敵わないだろう。

a7IItA009_R.jpg

α7II + MC-11 + タムロン A09
安価で軽量でF2.8通しの広角端開放以外は非常に良好な神レンズ。
解像感は弱いが逆光に強く、色が凄く良い。

この組み合わせが非常に良好。

AFは爆速まで行かずとも、十分な速度ですし精度AF-Sなら及第点以上。

レンズに手振れ補正機構がないのでボディ内手振れ補正がバッチリ効きます。
そういや手振れ補正の無いEF16-35mmF2.8IIもかなり速くて正確だった。
A09と似た構造のA17を買ってみようかな・・なんて思ってしまっております。


純正も数本残しました。

SEL2470ZとSEL2870、SEL70300。APS-C用のSEL1670ZとSEL18200LE。
他は全て売りましたが、もしかしたらSEL70300やSEL1670Zも売却するかもです。

SEL70300はMC-11があればEFナナニッパやらEF100400IIで埋められる。
多分、ソニーEマウント、特にα7IIでそこまでの望遠を撮る事は無いと思う。


SEL1670Zは良いレンズだけどα6500は動画も撮るのでSELP18105Gへ入替。
この辺は自分で買ったので売っても後ろめたさが無い。

おつりがかなり来るのではないでしょうか?


ソニーの大三元は手が出せないのでF1.8のレンズが1~2本欲しいね。
SEL28F2.0とかSEL50mmF1.8は持っていても良いのかな?

F1.8で開放から綺麗に撮れるフルサイズ用のレンズって少ないんだよなぁ・・

パンケーキ単焦点F2.8出してくれよソニーさん・・

ほんとレンズ買おうと思うとラインナップが少なくて困ります。


とは言え、心に決めたα7II。頑張って撮るど~。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
iPhoneのカメラアプリにロクなのが無い件
- 2017/01/10(Tue) -
結局、Phoneのカメラを100%制御できるカメラアプリって無いのかもですね。


と言うのも、ProCamなるちょいお高めなアプリを先日、購入しました。

このアプリのメリットはデュアルレンズに対応していること。

そして一眼レフのように細かく設定して撮影できるのです。


しかし残念なことに標準アプリよりもディテールを失いがち。
どうやらiPhoneのカメラ性能をフルに使えていないようですね。

フォーカスポイントを細かく設定しても、拡大するとピンが甘い。
ISO640くらいから一気にノイズが増え、標準アプリよりもノイジー。

画像処理してこの結果なんだから有料アプリなんて使うメリットを感じません。

あ、唯一は無音シャッター。


ただし無音シャッターが欲しいだけなら無料のMicrosoft Pixで十分。
顔認識できるのでポトレなら、たまに良い写真が撮れるかもしれない。

ただしやはり標準アプリよりも画質は落ちますね・・格段に。
無料だから許せますが、優良だったら許さないんだからね。

普段使いは標準カメラ、無音が必要な時はPixでいいですね。

最近のiOSはスクショが無音に対応したのはうれしい誤算。

この調子でカメラも無音にしてください・・

この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
iPhone7→iPhone6sへ・・
- 2017/01/10(Tue) -
予告通りiPhone7を売却しiPhone6sにしました。

正式にはSEにする予定でしたが64GBでは容量が足りなかった・・
曲を全て星でレート付けているんですが星3~5はどうしても入れたくて・・

買い替え理由は予想外でSUICAを使わなかったのが大きいですね。
それとやはりイヤホンジャックは必須ですな。

BTイヤホン/ヘッドホンを推奨しているけど、バッテリー管理が面倒です。
万一、管理ミスでバッテリーが切れちゃうと音楽が聞けなくなってしまいます。
充電しながら使えるものが少ないし、使えてもそもそもコードがあったら意味無し。
特にBTイヤホンは4-5時間しか駆動しないものが多いので注意が必要ですね。

防水性能も信頼できませんし、カメラも思ったより良くなかった。
レンズがF1.8と明るくなったけど、毛が生えた程度ですね。1割程度かな・・
1段分も良くなっていませんし、そもそもセンサーが小さすぎるのでカメラとしては×。
ミラーレスやら一眼レフやら使っていると、スマホのカメラはどれもクソみたいなもん。
そこらは割り切って使うしかないでしょうね・・それでも6sよりは良くはなっています。

メリットは色(ブラック)と256GB大容量とホームボタンだけだと思います。

実際、私もiPhone7Plusも買ったけど家族共用。256GBで全曲入れてます。

ビデオや写真の撮影にはPlus結構いいですね。
望遠でもF2.8で手振れ補正付きかつ、一応10倍ズームが可能。
デジタルズームなしで2倍で撮ると、結構良く映ります。

iPhone使うなら7は無いかなと・・どうせなら7Plus。
デュアルレンズと大画面は一度味わうと戻れない。

私は電話をかなり使うので7Plusがメインにはできませんでしたが・・
用途次第ではiPhone7Plusを持ちたくないという人も多いでしょうね。

メインはiphone/iPhone6s、サブは7Plusが理想。

MVNOを生かさない手はありません。

iPhone/iPadならFOMAプラスもCDMAも対応できるので使える幅が広い。

docomoだけでなくauのSIMも使えるので選択肢が非常に幅広い。

ちなみにマイネオApurann速くていいですよ。



iPad miniに近い使い方ができ、写真も綺麗に撮れ、256GBの大容量モデルがある。
それでいて月額980円からの豊富なラインナップを誇るMVNO業者。

マイネオは月額840円で5分以内の通話無料(回数無制限)を始めるみたいです。
私自身、大手キャリアを辞めてマイネオに完全移行しようか迷っております。
とりあえずサブ回線で使ってみて、良かったら本格検討に乗り出します。


しかしながら実際に使い比べるとスペックの差を感じてしまいます。
所詮は旧型の6sであって、性能面では7には到底かないません。

各種アプリの起動時間、キーボードの切り替えや入力も重く感じてしまう@6s。

微小なもたつきだけど、0.3秒くらい遅いのがすぐ分かります。


どっちにしようか迷っているならイヤホンジャックの有無で判断すべし。

BTで良ければ間違いなく、7/7Plusがいいですよ。
優先も必要なら安価ですし6sで我慢なさい。


と、我慢している私が言ってみました~。
この記事のURL | iPhone/携帯電話 | CM(0) | ▲ top
α6500/6300/6000持ちならシグマDN3兄弟を!
- 2017/01/09(Mon) -
成人の日の三連休、α6500結構使っています。

娘の友達がたくさん遊びに来たので集合写真を撮ったり、某大会があり場内撮影禁止でしたが、外で撮影したり、わんことお散歩行ったのでちょっと撮ってみたり、オークション出品があったのでモノ撮りしたり・・

そこで地味に出番が多いのがシグマDN単焦点レンズ3兄弟!

F2.8なので、暗所で助かるしSS稼げる。

解像感が高く周辺流れも光量落ちも許容範囲。
正直、純正買う必要は無いと思っております。
と言うより価格も写りも純正より上かも・・・


どれも1万円台なので、取り敢えず19mmと30mmは買った方が良いですよ。

60mmは人によりますが、私はあまり使わないけどF2.8は便利なので数度、「持っていて良かったー」と思うことがありました。

価格が安いので持っていて損は無いと思います。


シグマ Art DN 19mm F2.8 for Sony E


シグマ Art DN 30mm F2.8 for Sony E



シグマ Art DN 60mm F2.8 for SonyE



ただし純正を含め、単焦点はレンズに手ぶれ補正が無いので、普段から手ぶれ補正に頼っている人は要注意。オリE-M5IIとか凄く強力なので、それしか使っていないと他のカメラで撮れなくなる。

私も頚椎が悪く、体調が悪いと右手の指が微妙に震えたりするから、苦手だわ。

大体の日は良いのですけが、大事な日に体調悪いと困るわぁ。薬で誤魔化すけど・・



で、いろいろと楽しく撮れました。

今日の散歩でブログ用に何か撮れれば良いのだけど、糞つまんない住宅街なので可能性は低いんだよなぁ。



まー、普通に撮るぶんには何ら問題無し。

普通・・と言うのはISO640以下、手ぶれが物理的に抑えられる距離とシャッタースピード、被写体が動き回らない、明暗差が激しくない・・・ってこと。

α6500でないと綺麗に撮れなかった!って思うような場面は無かったけど、楽しく撮ることはできたかな。

操作に慣れてるし、単焦点レンズだから軽くて機動性抜群だし、自然な表情が撮れる。



APS-Cと割り切ればなかなのカメラですが、やはり高感度と連写速度以外はEOS KISS X7のコスパには全く歯が立たないという印象は拭えません。

4K切り出しとサイレントシャッター使うと場面でないとフルに発揮できないのはG8も同じか~。


この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
キヤノンフルサイズユーザーのサブ機はα6300/α6500 + シグマ MC-11
- 2017/01/07(Sat) -
とりあえずソニーEマウントはほぼ売却しました。

手元に残したのはα6500とSEL1670Z、それにSEL18200LE。
それとシグマF2.8DN 19/30/60mm。

α7IIはα6500がISO6400まで何とか耐えてくれそうなので売却です。
ISO6400ではフルサイズのα7IIAPS-Cのとα6500では誤差の範囲、若干α6500が劣る程度。
ISO12800になると差が出てきてα7IIが優位だが、編集してのL判印刷なら十分使える程度。

逆にα6500のEVFが非常に見やすく、動体追従も数段上で無音シャッター、4K切り出し・・
格下ながら最新機種であるα6500の方が高感度以外の性能・機能で全て上回る。


レンズは動画撮る事が多そうなので1670ZはSELP18105に置換えようか悩み中。
ツァイスは無くてもいいけどF4はどうしても欲しいところ。

SEL18200LEは画質は残念ですが非常に便利。売れても安いので残しました。
α6500の手振れ補正+高感度耐性でTDR等、夜の風景が何処まで撮れるか楽しみ。

それとシグマのDN19/30/60mmF2.8の3本も残しました。
これで暗所も怖くない!質は良くないがボケ量には期待できる!

1本1万円で売るくらいならボディ内手振れ補正+F2.8を生かして写真を撮りますよ。


とりあえずレンズはF4の標準ズーム+望遠があれば十二分。

APS-C用のSEL70250とかSEL70300とか出ればいいのにね・・
ソニーはボッタくれるフルサイズしかヤル気が無いように見えます。
経営自体が大変ですからね・・ウォークマンに重きを置くような会社ですから。


あとはMC-11さえあれば沢山あるキヤノンEFレンズが使えちゃう。


と言うかキヤノンのフルサイズ機ユーザーならα6500/6300はサブ機として最適です。
MC-11でほとんどのレンズが純正同様~性能2割ダウン程度で使えてしまいますよ。
EOS M5なんて買うべきではありません。α6500買うべきです。

ちなISO1000までで良ければα6000、もうちょい上が欲しければα6300でいいです。
α6500はボディ内手振れ補正が内蔵され、4K切り出しが欲しければ買おう。

そうでないならα6300がコスパ面でベストに思えます。

SONY ミラーレス一眼 α6300 ボディ ILCE-6300
ソニー
売り上げランキング: 134,977



α6300が90000円弱、α6500が140000円と差は歴然。
α6500ユーザーと言うか、買ってしまった私が言うのもなんですが、α6300推し。

ま、ボディはいずれかにして、表題のシグマ MC-11も買うべし。






手持ちのキヤノンEFマウント(フルサイズ)用レンズ一覧

EF16-35F2.8LII
EF24-105F4LIS
EF70-300F2.8LISII
EF100-400F3.5-5.6LISII
EF40F2.8
EF50E1.8
タムロンA010(28-300mmF3.5-6.3)
タムロンA005(70-300mmF3.5-5.6)
タムロンA08(28-75mmF2.8)

A005だけが取りにくいだけで他のレンズは全てAFが速く正確。
A005はAFが非常に迷いやすいのでちょっとツラいですね~。
望遠端が暗くなるけどA010を使うしかなさそうですね。

正直、EOS M3+純正マウントアダプターEF-EOSMよりもα6300+MC11の方が快適。
A3とかで印刷、モニタで等倍で確認しなければ映りも満足が行くことがほとんど。

EOS Mシリーズ買うよりα6300/6500を買う方が絶対に幸せになれます。

EFレンズの性能を80%くらいしか出せてはいないのでしょうけど、それで十二分です。
これこそがソニーEマウント最大のメリットでマイクロフォーサーズではできないこと。
ちょっと悲しいけどね・・ソニーはレンズを安くして、もバリエーションを増やすべし!

まじでAPS-C用のSEL70300F3.5-5.6を作ってくださいよ。

いい加減、茶筒はやめましょうよ。遅いし解像感ないし・・


ということでキヤノンユーザーな私は未だにキヤノン・マイクロフォーサーズ・ソニーEno3マウント♪


ま、今後はカメラ機材も徐々に減少させていくでしょうけどね。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
α6500の暗所での高感度耐性
- 2017/01/06(Fri) -
よく高感度が良いか否かを検証するためにISO6400以上の画像を載せるブログは多いですね。


だけど明るい所では分からないんよ・・これがまた。

高感度どうこうだけでなく、ノイズ処理も重要であって、特に黒い部分が気になる。


で、とりあえず個人的にはAPS-C機の中で高感度が強いと思っているα6500で検証。
ピントズレとかへのツッコミはご勘弁を・・非常に撮りにくい立ち位置でのLV撮影でした。

個人的ですが高感度はL判しか印刷しないので640*480のみ掲載します。

α6500 ISO800
a6500ISO800_R.jpg
ディテールもしっかり。流石にISO800は余裕ですかね。

α6500 ISO3200
a6500iso3200_R.jpg
ディテールは失われてはじめているものの、A4以下なら十分使えますね。

α6500 ISO6400
a6500iso6400_R.jpg
ディテールの破たんが酷くなってきましたが、2L判くらいなら大丈夫そうです。

α6500 ISO12800
a6500iso12800_R.jpg
流石にキツいけどL判くらいなら我慢できそう。編集ソフトでノイズ除去処理すれば大丈夫でしょう。

モデルはズゴッグさんにお願いしました。


APS-C機と考えるとローパスフィルターレスなニコンのミドル機と同等ではないでしょうか?
キヤノンはディテールという点では若干劣るけど、ノイズ処理はうまいね(@JPEG撮って出し)。


と言うか、α6500を褒めているのは某新型カメラへの当てつけです。

E-M1Mk2・・


20万円とは、かなり強気と言うかアホ。普通D750やらEOS 5D3買うでしょ。

ソニーはレンズがラインラップが少なかったり、非羽状に高額だったりと残念だけど、それでもボディは親切価格。

α6500の14万円は高額と言う方もいるけど、値が落ち着けば10万以下になるだろうし、そもそもAPS-Cで14万なら納得できる。

MFTは15万円が限界だよなぁ。

暗所にも動体にも弱いんだからさ。



MFTで暗所は無理。どんなに頑張ってもISO3200まで。
いくらお高いE-M1IIが2段良くなってもISOは3200上限でしょうねぇ。
パナよりは強いと思うけどG8に比べて0.5段分くらいの差だと思います。

動体は価格コムで「撮れなくはない」と言う人が多いけど、OVF機には敵わないよ。
EOS KISS X7や6Dにも劣ると思いますよ。

ミラーレスで動体撮るならα6300/6500、またはLUMIX G7/G8がオススメ。
安価なレフ機、D7200/70Dがベストなのは言うまでもありません。

OM-D系は私なら絶対にお勧めしないなぁ・・

E-M1IIとか5D4のスレにはバケモノが多いですし。


フルサイズミドル機に42万。マイクロフォーサーズ機に22万。

そりゃ買っちゃったら必死ですわ。


でも暗所と動体なら他機種を進めるべきですわ・・一種の宗教やね。


怖い怖い。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
α6500 + MC-11 + EFレンズ
- 2017/01/06(Fri) -
結局、手元に残すことになった数少ないソニーEマウント機材α6500。

動画を撮りやすいし、写真を切り出せるし、手ぶれ補正の無いレンズも扱いやすいし、高感度イケる。

こんな理由で手元に残すこととなりました。


さらなるメリットは、シグマのマウントアダプターMC-11導入で、キヤノンのレンズを使えるという事。

ソニーEマウントレンズってヤケに高いからねー。

正直、買いたく無い。

フルサイズ用は1635zと2470Z、70300Gなんかを持っていたけど、この3本で35万円って・・・

中古のキヤノンEF(フルサイズ)小三元なら20万以下で買えてしまうよ。

それに加えて、最近の傾向からするとα7IIIが出たところで、どうせ高くて手が出ない。

だからソニーEマウントのフルサイズは捨てた。

フルサイズはキヤノンに任せる。



で、表題のマウントアダプター。




最も信頼の置けるマウントアダプター、シグマMC-11は確かα6300発売付近に発売開始。

勿論、α6300との相性抜群で、α6000よりAFが早く動体追従も良かった。

非公式ながらキチンと動作するレンズが非常に多くて驚きました。



そしてα6500発売。



相変わらずタムロンの70-300(A05)だけはキツイが、それ以外はストレスフリーで使えますね。


取り敢えずEF16-35mm F2. 8II。



AFは純正並みに早く、解像感も十分、AF-Cも使えます。


他のキヤノン常用レンズ、タムロンA09 (28-75F2.8)やらキヤノンEF24-105F4L、たまに使う望遠域EF70-200F2.8LISII、EF100-400F3.5-5.6LIS IIも同等に扱えます。

フルサイズ用と限られますが、8割以上の現行レンズに対応しております。

マウントアダプター経由なので仕事では使いにくいけど、SEL1670Zだけ持っていれば問題無し。

あとは動画撮影用のSELP16-105F4、シグマの30mm F1.8があれば何でも何でも撮れるね。

シグマさん、ありがと~。

MC-11は本当に画期的な商品ですよ。

これのおかげでキヤノンユーザーがサブカメラとしてソニーをチョイスできる。

EOS Mが残念なだけに、助かりますね。


あとはソニーが変な規制をしないことを切に願います。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
ソニーEマウントの整理・売却
- 2017/01/05(Thu) -
持ちすぎたカメラ機材を整理すべく、年末の大掃除をしながら元箱を探していました。


当面はパナG8とキヤノン6D、80Dがあれば全てのものは撮れると判断。

ソニーEマウントのα7IIとα6500、Eマウントレンズがかなり多く買った自分でも困惑気味。
1635/2470/70300/1670/18200/2870/シグマDN3本にKIPONやらシグマのマウントアダプタ。

ま、これだけで60万余裕なんじゃない?

それだけでなくキヤノンEOS 7D2やらパナ100-300mmまでも売却対象です。


逆に必要と感じているのが前述のボディ3つと以下のレンズ。

キヤノンEFには100-400II、70200F2.8II、EF24-105II、EF16-35F2.8、タム28-75F2.8、EF-S18-135II、EF-S24F2.8、EF40F2.8、EF50F2.8II。

パナは12-35mmF2.8、35-100mmF2.8、14-140mm、14-60mm、100-400mm。


それ以外全て売るつもりで年を越したのですが・・


α6500の高感度耐性に驚き、また無音シャッター可、4K切り出し可・・売却は見送りです。

まだ大してテストもしていないですし、見切るのは速いかなと。
もう少し使い込んでみてからにします。


逆にα7IIとFEレンズ群は売却対象。

別にお金が欲しいわけではないけど使わないものを持っていても仕方ない。

無音シャッターどころか静音シャッターすらないので出番が少ないんです。
コンサートホールでの撮影が多く、せめて6Dの静音シャッターより小さくないと・・

4K動画も制限が多く、古い型のカメラなので4K切り出しは勿論できません。

α6500の高感度耐性が上がっているのも影響していますね。

α6500のISO6400はα7IIのISO6400とあまり変わりがなく感じます。
ISO12800では多少の差が出ますが、α6500も大健闘で緊急時の記録には使えるかも。
ここまで高感度を要するのは年に数度ですが、ここら辺はG8(MFT)ではどうしようもない。

特にパナは高感度に弱いですから、この辺は他社機に任せる方がストレスフリー。

なんでもかんでもG8で撮ろうとは思っておりませぬ。

だとしたらα7Sが今の私には一番合っているのかも。無音シャッター&高感度番長。
4月からはわからないからなぁ・・下の子が中学に上がり、部活次第と言ったところ。

バドミントンやりたいって言ってるから、もし入部したらα7Sでは追いきれないだろう・・
下の子がバドミントンとかバスケ、バレーなど体育館スポーツ部に入ったら素直に5D4買う。
使い慣れた6Dなら中央一点でも追えるだろうけど、フリッカーが・・ね・・・

それまでは静観。

いずれにせよα7IIの出番無しと判断できました。

ありがとうα7II!!

さようならα7II!!!
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ