2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バスロッド : ダイワ スティーズ がとっても良い!
- 2017/05/31(Wed) -
久しぶりにバスタックルを更新したのが一昨年夏。

それまで使っていたのは・・

ロッドはPalmsEDGE PRIDE、DAIKOコブレッティやカリスマ、ダイワのバトラー、メガバスのデストロイヤー98。

リールは04ステラと初代アンタレス、初代カルコン・・・

20年近く全く更新していませんでした。


そんな中での更新。リールは大手2社とも品質が悪化したように思えてなりません。

大好きだったステラモ軽さに拘り過ぎているのか、華奢に感じてしまいます。
ダイワは20年前と比べ全体的に良くなったけど、マグシールド要りません。

リールはともかく、ロッドは異世界を感じてしまいました。

浦島太郎ですよ、ほんと。

当時メインであった6ftのロッドが皆無。7ft超の竿が多くて驚きました。
6.6ftでもショートのうちに入るのではないかと言う印象を受けました。

陸っぱりだけでなくラバージグロッドまでもが7ft前後推奨?
私にとってラバージグ=F5-510Xだったんですけどね・・

まずは一本。一番使うラバージグ&テキサスロッドを選りすぐりまくり。
ボートでもフローターでもオカッパリでも使える6.6ft前後のロッドを探しました。

相変わらずシマノは全体的に棒・・・

買う気は無いけどポイズンのアドレナ以上は軽くて感度がよさそう。
メジャークラフトは昔、2本折れたので信頼性がかなり低い。
メガバスは欲しい番手の在庫が無いので今回は完全スルー。
エバグリやデプスは昔から好きじゃないので買う気が起きない。

結局、ダイワか・・ダイワのロッドは昔から好きです。

カーボンが高くて買えなかった小学生時代はグラスのファントムでワーム投げていました。
リールは少年の心をがっつりと掴んだマグサーボSS-15。全然飛ばなかったけど・・
中学の入学祝いでエレキベースとタックル買い増し。バンタム100+ロッドを買ったっけ。

昔話はまた後日。

釣りにお金を掛けたくなかった新卒時代にはTD-Sのロッド&リール。
給与が増えて釣りにのめり込みメガのデスやらステラやらアンタレス・・
トラウトにもハマり管理釣り場から山奥のネイティブまで・・金がかかったっけ。

ここ25年、リールはシマノが多かったけど、シマノのロッドを使うことは全くなかったです。

そして15年以上が経過してのタックル入替。

メインが浮き輪とレンタルボートだから長い竿は不要なので6.6ft付近を狙う。


40代でメガバスも恥ずかしいし、私が中心としていたF2-62XSとF4-66Xは何処も売り切れ。
フェイズ3なのかな?よく分からんけど店舗で触れない竿は買う気しないしね。


そして目が留まったのがダイワのスティーズですよ。

スペックを見ても好みの竿が目白押しだし、スペックよりほんの少し柔らかく感じる。
取扱注意な竿をあるように思えたけど、一気に3本を購入しました。


そして最初の一本に選んだのはリベレイター STZ-631MHRB でした。

6.3ftとフローターでも容易に扱える長さと適度な張りに食い込みが良さそうなティップ。
フットボール用のロッドだけどガード付きでカバーも狙えるしスピナベ、ノーシンカーも問題無し。
非常に軽量でキャストアビリティに優れたロッドで、カバー撃ちでも使えますね。

これにスプールが若干大きいアンタレスとかカルコン、スティーズにフロロ16lbで完璧。

朝の荒川で40cmくらいのを釣ったけど、流れがある場所での簡単に寄せられた。
軽い竿なのにパワフル。ティップ以外は堅牢で取扱に気を遣わないのも良いですね。



2本目のチョイスはバーサタイルロッド。

1/4~1/2程度のルアーなら大体使えちゃうような便利かつ中途半端な竿。

STZ-661MFB-SV ウェアウルフ を購入。と言うかマシンガンキャスト1.5が在庫無し。

SV無しとの違いは若干細身で張りがあって軽いくらいじゃないですか?とのこと。
プラグで掛けて寄せるのは若干劣るのかも?って程度なのでSVありを購入。

私のようなワームが7割のアマチュアアングラーには分からないと思う・・


この竿ではまだかけていません・・残念。


お次はベイトフィネス。あまり必要を感じなかったけどね。

魚を釣るのならナイロン8lbにMHなスピニングでいいと思う。
だけど私はトラウトやるのでT3エアを持っていたと言う理由で衝動買いです。

もちろんロッドは STZ-631MLFB-SV スカイレイ。

これにFATヤマセンとか4"ドライブシャッドののーしんかーとかネコリグ楽しい。
スキッピングが余裕で出来て飛距離もまずまず。感度はあまり良いとは思えない。
ベイトフィネスは賛否両論ありますが、ボートや浮き輪なら手返しが良くて楽ですね。

若干張りが弱いライトニングIIでも行けそうな気がしますね。
最近のバスはガツンと言うバイトが少ないから感度はそこそこあれば良いですし。

釣り味はスピニングと似ているので、あまり良いとは言えないかもなぁ・・
これは多分、ベイトフィネス全般に言えることなんだけどね。


最後はスピニング・・よく使うだけに好みも理解しているので迷うことなく購入。

STZ-621LXS-SMT スカイフラッシュを選択しました。

フロロの4-5lbが多いので、MLと迷ったのですがとりあえずの一本。
感度はエッジプライドEPGS-601に劣る印象でしたが、ノリはかなり向上。
ライトラインなのに寄せるのも楽。この辺は進化を感じました。


新しいロッドを買って思ったのは感度は20年前の竿とあまり変わらないこと。
キャストアビリティと掛かる確率、寄せることは楽にはなりましたけどね。

硬派にEDGE PRIDEでしばらく行くのも悪くなかったと、少しだけ後悔・・


ちなみに合わせるリールはスピニングだとダイワのセルテートかシマノのステラ。
ベイトはメタニウムDC、スティーズ1013、T3AIR、初代カルコン101ってとこか。

細身な竿が増えたことで永く使えるか不安です。

張りがあるトラウトロッドのヌケが非常に速かったですから・・


ま、釣行回数が月に1回なら大丈夫かな?

お手入れだけはちゃんとやろう。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
ルアーと釣りとカメラと写真
- 2017/05/30(Tue) -
カメラ記事はひと段落させようと思います。

相変わらず仕事で写真も撮っていますし、自分の子どもたちはこれからの時期、動画や写真をたくさん撮ると思います。

カメラよりも写真を撮る事を楽しみたい。被写体が子供だから掲載できないですし・・


当面は5D4とα7RII、α6500にマイクロフォーサーズで行くことになりそう。
レンズも揃っているので、しばらく買い控え。今ある機材で楽しむつもり。


そんなこんなで、これからは釣りと競馬の記事を増やしていこうかなと。


競馬、いいですね。

春~夏の競馬はターフが青々としているし、比が強くて毛艶がテカテカ。

見ていて飽きませんし、馬券を買わなくとも楽しめる。


ビール買ってパドックで馬を近くで見て、馬券売り場へ行って購入。
空いている場所を探してまったり観戦。時にはカメラ担いで府中4コーナーまで歩く。

昼食はファーストキッチンが多い。ビールが合うのでなんとなくね。
良いさマシには2階のコーヒーフロート。大好き。


買える馬券は1日1万円から2万円。月の上限はGIシーズンは5万円、それ以外は3万円。

馬券購入はネットか府中。中山は狭くて嫌いなので・・

購入するレースは午後のレースでメインと最終、それと荒れそうなレース。
他のレースは500円で遊んでいますが、Giは1レース2万円つぎ込むことも。

ヴィクトリアマイルの週は買いませんでしたが、それ以外のGIは3戦連続馬連的中。
万券は基本500円が上限なので、しばらく遊んで暮らせるまではいかず。

気のないレースは4頭の馬連ボックス6点、または本命薄め流し5点。100円ずつ。

ダラダラと過ごすのには府中が最適。中山はみんな忙しそうだから嫌い。



それと釣りね。


おかっぱり、ボート、フローター・・実はバスフィッシング大好き。

トラウトはネイティブもやるけど、近場で釣れるバスが多い。

良いのが釣れたら載せるし、釣れなかったら載せない。


ブログでまでやるような趣味じゃないけど、まったりとね。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
バスフィッシング : ダイワ派? シマノ派?
- 2017/05/29(Mon) -
いろんなもので2強ってありますよね?

携帯端末ではiPnone&アンドロイド。

パソコンはMac&マイクロソフト。

事務用品はキングジムとコクヨ。

車はニッサンかトヨタ。ホンダは落ちたと思うの。

カメラならキヤノンかニコン・・今はソニー?

国産時計はシチズンとセイコー・・カシオもあるね。

家電はパナソニック&三菱・・日立?

家具はニトリ&無印・・ちょっと違うか?


そして釣り具もダイワとシマノが2強。



と言うよりもロッドは各社で作っていてもリールを作っていない。

リールを作っているのはシマノとダイワだけなんですね。


アブやゼブコもあるけど、ちょっと敵わないんじゃないかな。
ABUの最新技術を詰め込んだAE74なんてのも使ったけどね・・

シマノダイワの足元にも及ばんかった・・



無理してダイワシマノを目指したけど、全てにおいて中途半端。

アンバサダーの方が楽しいし、ブラックマックスで十分。

どんなにイマカツが頑張ってもアブは普及しないよ。


リールなんて飛ばせてドラグが効けば、釣りになりますから。
ラインとロッドよりも重要ではないんですよね、リールって。


そんな中でもセッティングが楽だったり、手に馴染んだり、フィーリングが良かったり・・


満足感を得るのがリールかなと。


唯一、私がこだわるのはベイトならキャストフィール。スピニングはドラグ性能。


まずはスピニングのお話から。


昨年だったかな?14ステラのC2000を購入しました。

夢屋のスプールも買ってトラウト用として使っています。

それまで使っていた04ステラよりも全体的に安っぽさを感じました。
8万円のリールでもコスト削減されているのでしょうね・・非常に残念。

ドラグ性能も回転性能も巻き心地も極端に劣化していますね。

04どころかミレニアムステラやら98ステラの方が何もかも上に感じました。

もう少し重量が合って良いので、剛性感を上げてほしいと思います。


逆にダイワは一時期よりもだいぶ良くなった印象が強いです。

16セルテートの2506と2003を購入しました。

巻き心地や剛性感はステラやツインパワーには劣るもののドラグが良好。

イグジストは行き過ぎた軽量化で何となく華奢に感じて手が出ませんでした。

現状のラインナップでは4万円までならツインパかセルテート、5万以上ならステラでしょうね。


それよりも低価格帯のリールが良く出来すぎているから驚きですね。

ダイワのルビアスやシマノのソアレ・・凄く良いです。

正直、フロロの5lbやらPE0.8号+リーダーで釣るのなら、この辺で十二分。

4万円以上のリールが威力を発揮するのはフロロ5lbで50アップを釣るときくらい?

1.5lb.前後でのトラウトとかではセルテート以上が欲しくなりますね。


ただし耐久性と言う意味ではシマノが、かなりの優勢です。

新品の状態が長く続き、100日使っても巻き心地が変わらない。
ダイワは5回目くらいで巻き心地に激しい劣化を感じます。

スプーンや巻物での釣りではシマノに軍配が上がりますね。

やはり精密性が要求されるものは日本製が最高ですわ。


ベイトリールも同様ですね。

安価なリールが良く出来ていることに進化を感じます。

高額リールではシマノのDCにかなりの進化を感じました。

反面、アンタレスやカルコンは初代とあまり変わっていない印象。
操作性が向上したものの、質感は落ちたように感じました。


最後はロッド。

私は昔からシマノのロッドが好きではありません。

強度を優先している印象が強いです。


だから私はダイワのロッドが中心。バスもトラウトもシーバスもね。

昔はufmウエダとパームスが好きで、そればっかり使ってたんですけどね。
今では無くなっちゃったり、安価なロッドしか出していなかったりで残念。

最近の新しいものではテーパー&シェイプのトラウトロッドが凄く調子が良かったですね。

グラスロッドは良いものです。

バスでは使い道が難しく、巻き物はバーサタイルロッドで使っています。

週末バサーで人が多いスポットばかりだから7割がワーミング。
1割がスピナーベイト、2割がプラグと言ったところでしょうか。

で、便利に使っているのがダイワのスティーズ ウェアウルフ。

6.6ftで1/8から3/4まで使える驚異のバーサタイルロッド。

1/2のスピナベからラバージグ&テキサスリグは当たり前。
1/4程度のプラグも余裕で投げて快適に巻ける。

ライトリグも投げられるので、重宝しています。

シマノはポイズンアドレナの610Mがあるけど、やはりあまり好きになれない。

ちょっと前のモデル、スコーピオンXTの1581Fは好きだったけどね。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
運動会に最適な一眼レフカメラ
- 2017/05/18(Thu) -
もう間違いありません。


パパママならEOS KISS X9iを買うべきです。


最新なのでちょっとお高いけど、長く使えるので安心ですよ。

2年間はモデルチェンジが無さそうです。


高感度がX8iよりも良い。
AFポイントが多い。
連写速度が上がった。

言うことなし。



ボディが大きくダイヤルが二つある9000Dはパパにおすすめ。



18-135mmでは距離が足りないことが多いのでダブルズームレンズキットを選択すべし。
せっかくのレンズ交換式カメラなので、交換して撮影すべきですね。
便利ズームより映りが数段良いので、Wズームがおすすめです。

もちろん動くものだけでなく風景なんかも問題ありません。

今のパパママは良いカメラが沢山あって羨ましいよ。


ミラーレスも良いけど、α6500/E-M1II/GH5などは割高。

下手なミラーレス買うと運動会ですら撮れない動体追従の弱さ。

ミラーレスでのおすすめは LUMIX G8 くらいですね。



レンズキットでは望遠が使えないのでもう1本必要かも・・



これで35mm換算で400mmまで行けちゃいます。

ミラーレスはまだまだこれから性能が伸びると思います。
だから敢えてあと2・3年は一眼レフが良いかと・・
この記事のURL | カメラ(キヤノン) | CM(0) | ▲ top
驚愕のレンズ パナソニック LEICA DG VARIO ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0
- 2017/05/12(Fri) -
こ、こ・・このレンズ凄く良いです。

マイクロフォーサーズはオリンパスの12-100mmF4 PRO IS以来で、このレンズもかなり良い印象でしたが比較にならないくらいの画質です。

12mm 近接撮影、拡大でコレ。



60mm近接、拡大でコレ。




マイクロフォーサーズの便利ズームレンズで、こんくらい撮れてしまうって凄くないですか?

普通のパパママなら、これさえあれば困らない感じ。

と言うか良く映りすぎ!




5DMark IVに廉価な非Lレンズを使うより良く映るくらいの下剋上レンズ。


もちろんISO感度は1600以下が前提ですが、最近のパナソニックのボディ内手ぶれ補正はかなり強力なので、かなりシャッタースピードを落とせるので、よっぽどの暗さで無い限り手持ちのスローシャッターで撮影できてしまいます。

流石にその状況で動く被写体は無理ですけどね。


高い質感としっとりとした操作性。
超高解像で色が深く、ボケが綺麗。
オートフォーカスも速くて精度も高い。
AF-Cでの追従もボディに付いていける。
質感が高く傷に強い塗装面。
外れない&ロックできるレンズフード。

言うことナッシング。

GX7MK2やGX8、G8、GH4/GH5ユーザーなら、むしろ買うべきレンズ。




何処のお店も品切れが続いているようなので、アマゾンが速いかもしれませんね。


今までかたくなに12-35/35-100と言うF2.8で通してきました。
確かにF2.8通しのズームレンズは便利だし映りもなかなか。

このレンズのF2.8-4.0は、ちょっと焦点距離を伸ばしただけでF値が上がる。
望遠側のF4.0だと撮りにくい場面があるので、検討すらしていませんでした。

ところがどっこい。各種レビューを見たら、どこも評判が高いのなんのって・・驚きました。

たまたま在庫のあるお店がったので購入したところ、驚愕の映り。

即座にVARIO G X 12-35mm F2.8 売却。

これは買い替え/置換えと言うよりも、完全にグレードアップ。
どうしようか迷われている方は、買った方が良いと思います。




パナソニックのLUMIX G8はG7の後継機で比較的廉価なボディですが、バランスが凄く良いです。
金属部の多いG8はMFTにしては若干重いけど、装着レンズの融通性は非常に高いから助かります。
小さい20mmF1.7単焦点から100-400まで快適に問題なく撮影できる。

GH5よりもG8やGX8の方がバランスは良いですね。

GH5はボディが重すぎて100-400くらいしか、バランスが良いとは思いません。
逆に言うとボディが重すぎるので、何つけても大丈夫ともいえます。

もちろん同時期に発売されたのだからGH5の方が、このレンズの性能をフルに発揮できる。
AFは精度はわからないけどG8より速いし、センサーも優れているからね。


私は GX8MK2?だか GX9?まで更新しないつもり。
この記事のURL | カメラ(オリンパス・パナソニック) | CM(0) | ▲ top
タムロン A09 28-75mm F2.8 と EOS 5D Mark IV
- 2017/05/11(Thu) -
正直なところ、私は高画素化を望んでいません。

ピントにシビアになってしまい、写真がストレスになることもある。

三脚での撮影になりがちで、機動力が暴落。

トリミング前提で撮影してしまうだけでなく、レンズのアラも目立ってしまう。



それは所有しているソニーのα7RIIでよくわかりました。

5D4も画素数が上がり、若干扱いにくくなった印象があるけど、30万画素に抑えてあることとローパスフィルター有りのせいか他機種に比べれば撮影しやすいかなとは思います。


フリッカー軽減が不要なら、間違いなく私の場合は5D3で十分であって、それだけのために5D4をチョイスしたと言っても過言ではありません。


そんな5D4にタムロンA09を装着。




そして35万円という高価格なボディに25000円の安いズームレンズを装着することはデメリットばかりのように思われがちだけど、案外そうでもない。


まずはF2.8通しのレンズが25000円程度で買えること。

確かに開放はかなり甘いですが、一段絞ればある程度は解像してくれます。2段絞ったところが解像感のピークですが、残念ながらそのピークは純正よりかなり劣ります。

非Lレンズの2割落ち、Lレンズの半分くらいでしょうか?



右のシーサーの口にAF。PSEで少し編集。



それと周辺は良くありません。

各種収差を明らかに感じますし、光量落ちは酷いものです。

撮影方法を考えて撮らないといけませんが、ある程度は編集できるのでRAWで撮ることをお勧めします。


手ぶれ補正無しですがF2.8のLレンズも無いから、そこは問題ないということで。

軽くて小さいことも大きなメリットです。たったの500gで超小型だから、持ち出しやすいですね。

オートフォーカスは案外高速ですが、精度は微妙なので動きものにはツラいけど、普段撮りならば問題ありません。

AF音は煩いので静かな場所での撮影や動画には使えません。

このレンズ最大のメリットは色が濃いこと。この特性を生かした気楽なモノ撮りや人物撮影には最適かなと思います。

解像感が高くないおかげで、柔らかくて優しい、そして温かい写真が撮れるのがA09の素晴らしさ。


細かいことは気にしないようなお気軽スナップ、拡大して鑑賞したりA3以上で印刷しなければ問題無いですよ。


確かに純正の足元にも及ばないレンズと言われても仕方がありませんが、良いところもたくさんあります。

私も暫くLレンズを使いましたし、EF 24-70mm F2.8L IIは売却、代わりにF4L IS を購入しましたが、A09はF2.8なので手元に残しますし、ソニーのミラーレスでMC-11を介した動作が良好、売っても二束三文だから売るつもりはありません。


とりあえずフルサイズ用を一本!


と言うのなら、私はタムロンA09推し。

時点ではキヤノンならEF24-105F4L IS。


より上を目指したくなったら大三元に行くと幸せになれると思います。


私は5D4+24-70F2.8LII、解像感と重量に疲れた。

この記事のURL | カメラ(キヤノン) | CM(0) | ▲ top
久しぶりのマイクロフォーサーズ レンズ追加
- 2017/05/09(Tue) -
パナソニック LEICA DG VARIO ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0

結局、買ってしまった。


もともとは12-35mm のF2.8通しを暫く使っていて、これで十分と思っていたのですが、唯一の難点が逆光に非常に弱いこと。

それとやはり、焦点距離がもう少しあればと思うことも多々あったため入れ替えです。

12-60mm はF3.5-5.6も持っていたため、二本を売却することで、出費をかなり抑えることができました。

ついでにあまり使わない標準電動ズーム14-42mmも売却し、防湿庫内も少し余裕ができました。

45-175mm F3.5-5.6 や 35-100mm F2.8 旧型は手元に残します。どちらも動画撮影のメインレンズですが、あまり暗いところでは撮らないのでF2.8は手放してもいいかな~? とか、思ったり思わなかったり。

14-140mm もあるから両方とも売っぱらうのも手ですかね。

パナソニックもオリンパスも標準ズームレンズが非常によろしい!

パナソニックでは上に挙げた14-42電動、12-35mm F2.8、12-60mm F3.5-5.6、12-60mm F2.8-4.0に加えて12-32mm F3.5-5.6 と言う超小型標準ズームも凄く良いし、オリンパスも標準電動ズームから12-40PRO、PROでも電動でもない標準ズームもかなり良い。

センサーサイズが大きくないし画素数も無理がないから、良いレンズが作りやすいのかな?

マイクロフォーサーズはセンサーが小さい分、レンズてカバーしてくれるようなレンズが多く、そしてそれらのレンズが安価で1番高くても10万円で買えてしまうのが嬉しいところですね。


F2.8より明るければフルサイズにヒケを取らない場面が多いですしね。


ソニーさんも見習って欲しいですわ。

安価で解像感があって小型軽量で無理のない設計の標準ズームレンズが無いソニーEマウント。

フルサイズはGMレンズで超重量級な上に20万円。
APS-Cはサイズや重量は仕方ないとしても7万円のツァイス16-70mm F4.0 または重くて大きい18-105mm G電動ズームを使わないとボディ性能を発揮できない。

そろそろSELP1850 とか SEL2870もはいくらなんでも、そろそろテコ入れが必要ですよ。

この二本がクソ過ぎる。ボディの性能を半分くらいしか発揮してくれません。

軽くて小さいのは私的にかなりのプラスだけど、この二本は絶対に使わないですね。この二本を使うくらいならRX100M3 の方が満足のいく写真が撮れるもん。

安価で軽量となると、利益追求のソニーは作らないだろうからタムロンに委託して作ってもらうと間違い無いんじゃないかな?

ソニーが作ったら悪化しそうだ。

この記事のURL | カメラ(オリンパス・パナソニック) | CM(0) | ▲ top
EF 24-70mm F2.8L II USM は良いレンズなのか?
- 2017/05/09(Tue) -
■ EF 24-70mm F2.8L II 導入から2か月 ■


私自身、以前から欲しくてたまらなかったレンズ、 EF24-70mm F2.8L II USM は2か月ほど前に満を持して購入しました。
第一印象は「ズームレンズと思えないような映りが良いけど、ちょっと重くて大きいなぁ・・」でした。


開放から使えるし絞ると超高解像。

色乗りも完璧で目を見張る程。

ヌケが良く空が綺麗に撮れる。


ニコンも含めて大三元は究極のズームレンズですね。

私はキヤノンの16-35mm F2.8L II型広角と70-200mm F2.8L IS II型も使っているけど、やはり良いものは良い。


F2.8のズームともなると重いけど5D4以上のボディならバランスが良く、むしろ撮影がしやすい。


2か月、喜んで使っていたせいか、こんな印象でした。



■ 最高の映りと引き換えに、何かを失った ■

高解像機との組み合わせでシャッタースピードを1/焦点距離以下で撮ったものがイマイチです。
強力な手振れ補正を搭載したカメラを使うことが増えたせいもあるかもしれませんが、そもそも私は頸椎損傷。

調子が悪いと右手の指先が震え、E-M1II+12-100mmでも手持ちだと1/2秒が限界なくらいです。
このレンズのお陰で私はレンズ性能よりも手振れ補正を優先した方が良いように思えてきました。


それとこのレンズ+5D4で撮影したものをディスプレイで見ることは避けた方が良いですね。
30MPな高解像度フルサイズ一眼カメラで使うと、微ブレみたいなものが非常に気になります。
手振れだけでなく被写体ブレもあるので、レンズ性能が高すぎるせいだと判断しました。

確かに以前の EF 24-105mm F4L IS では気にしたことが無かったんですよね。
こっちのレンズは広角から望遠まで甘いけど、安くて色のりは良好なレンズ。
描写力や表現力が低いせいでしょうけど、柔らかく暖かい味のある写真でした。

逆に写真を楽しむことができていたように思えてなりません。
高解像なカメラで高解像なレンズを使うと、ストレスが溜まるんですよね・・


24-70F2.8LIIは三脚を据えて風景を撮るには最高だけど、人物にはあまり向いていないような気がしてなりません。
被写体ブレ手ブレとも、ちょっとでも動いてしまうと大きくマイナスに働いて、駄目な写真になってしまいます。

いや、手ブレはね。気合入れれば止められますよ。軽度な頸椎損傷の私でも。
それに大人と言うかハイチーズ!で止まってられるような人なら全く問題ないんです。

問題は私の被写体のメインである、「子供」なんですよね。

そもそも普段の幼稚園や学校の中での生活の撮影は、ハイチーズが半分以下です。

こっち向いてもらって「ピース!」とかはあまり撮らないんです。

子供が何かしている時に自然な感じで撮る時・・例えばおえかきしているときとかの真剣な表情とか。

お絵かきの時でも子どもって結構、動いているんですね。だから屋内30mm程度でもSS1/100を使います。
EF24-70F2.8LIIでは30mmで1/50以上に上げないと微ブレが気になることが多々あるんですね。
30mmでのシャッタースピードの下限は、手ブレを抑えるなら1/50、被写体ブレを抑えるなら1/100。
屋内でのお遊戯ともなると1/250とか使うので、フリッカーレス搭載の5D4が必須になってしまいます。

これならほとんどの場面で対応することができます。

IS無しのせいでシャッタースピードをあげて撮るのだから、私にはIS付きのF4Lが合うと思います。
なので EF 24-70mm F4L IS を試験的に導入。中古で少しキズのあるモノを58000円で購入しました。

大きくて重いことも大きな問題です。

レンズが200gも軽ければ、頸椎への負担も和らぐこと間違いなし。
実際、それまで使っていた135gだけ軽いEF24-105mmF4LISよりも疲れを感じました。
1日2・3時間の撮影なら問題ないけど、8時間以上担ぐような日は無理かもしれません。



■ EF24-70mm F2.8L II から EF 24-70mm F4L IS に入れ替えるメリット ■

1.軽量でコンパクト
2.手振れ補正機能付き
3.マクロが使える。最短撮影距離0.2m、最大倍率0.7倍

新型24-105mmに期待していたけど、初代とあまり変わっていないのが残念。
シグマも重いので105mmは断念。

キヤノン純正24-105mmF2.5-5.6は屋外での使用なら悪くないけど、F4Lの方が解像感がある。
軽くて小さいけど遠側が暗くて屋内で多用する私には使い物にならない。

タムロンのF2.8VCはズームリングが逆だし、軽くは無いので断念。シグマ新型は1kg超えで断念。

消去法で行くと EF 24-70mm F4L IS を使わざるを得ないですね。
私の使い方でフォーカスシフトがどう影響してくるか・・5D4との相性も気になります。

あまりいないだろうけど、大三元から小三元へ格下げしちゃいます。
5D4の性能が高いお陰でレンズを1ランク下げることができ、軽量化が可能。

24-70次第ですが、5D4なら小三元で十分かも?と思っています。
この記事のURL | カメラ(キヤノン) | CM(0) | ▲ top
Panasonic LUMIX GX8MK2 への期待
- 2017/05/08(Mon) -
EVFと手振れ補正が少しだけ残念なのがパナソニックのLUMIX GX8です。

キノン性能はしっかりとしており、GH4と肩を並べるフラッグシップ機。


GH5が発売され、しかも発売から2年が経とうとしているGX8は影の薄い存在。

とは言え、GX8って実はとても良いカメラです。


大きくてMFTの良さを感じることができないのは周知の上。確かに大きすぎる感じはあります。
だけどパナの100-300や100-400を装着してみると、「これぞベストバランス!」と思うはずです。

そう、GX8は動きものを望遠で撮るのに向いたカメラなんですよね。

発売当時は良いと思われていたEVFや背面液晶画面が時代遅れのものとなってしまいました。
これを改良してくれればE-M1IIに対抗できるナイスなカメラになることでしょう。


先日のニュースでは秋ごろにパナソニックのMFT機が発表されるそうです。

これが多分、GX8MK2 あるいは GX9 なのではないかと踏んでおります。
パナソニックのダブルフラッグシップのGHシリーズの半年後・・ありそうです。

そこで私のGX8MK2 or GX9 の予想と言うか希望を書いてみます。

・重量500g以内
・サイズは現状維持または現状以下
・連射性能は現状維持で十二分
・強力な防塵防滴性能
・測距点の増加(多すぎ厳禁、中央付近だけ細かく)
・20MP/ローパスフィルターレス(GH5同等)
・G8/GH5同等の手振れ補正
・EVFが120fps対応(できれば背面液晶も)
・EVFでのブラックアウト軽減
・電子シャッターのローリング現象の良化
・SDデュアルスロット
・4K30p制限無し録画/FHD60p
・マイク端子/フルHDMI端子搭載
・内蔵ストロボ搭載(?)
・チルト液晶(180度対応)
・可動式ファインダー(無理だろうな)
・6Kフォト(4K60pとのセットなら不要)

GH5のセンサー搭載、DualI.S.2採用、EVFの改善がなかったら買わない。

あのセンサーがこれで乗らなかったら、2019年まで出なさそうな予感・・

パナもツラいだろうから、現状ラインナップから増えることも無いでしょう。
現在GF、G、GX、GHの4ラインナップで5機種。それでも多いかも?
オリンパスはOM-Dが3機種、PENが2機種で計5機種で変わらんけどね。

MFTはあらぬ方向へ進みつつあるという方たちもいます。
私もそう思います。最上位機種で600g、エントリー機で400gが限界かと。

GH5は価格も当然ありますが、大きさと重さで敬遠される方も少なくないと思います。
私も同じで4K60pは要らないから、ストロボを内蔵して500gで抑えてほしかったです。
マイクロフォーサーズはスモールセンサーなので小さなストロボでも役に立つことが多い。

LUMIX G8は個人的にはエントリー機なので次のG9では軽量小型化を目アzしてほしいですね。

GX8はGH5の動画性能を簡素化。EVFに特徴のあるボディと予想しています。
センサーとシャッターとエンジンがGH5で完成しているので、難しくないと思います。

問題はどんなコンセプトで登場するか・・まさかの24MPとか?
高画素化は不要です。速さを追求したカメラになってほしいところ。
この記事のURL | カメラ(オリンパス・パナソニック) | CM(0) | ▲ top
LUMIX GX7MK2 と GX8 に別れを告げようか・・
- 2017/05/08(Mon) -
本来であれば今まで使っていた GX7MK2 と GX8 はGH5に置換えたかったんです。


でも大きさと重さ、その他諸々でGH5は一度購入し返却してしまいました。

700gと言う重量は多くの一眼レフよりも重くなってしまい、ミラーレスの意味がない。

動画性能が神レベルと言うが、それこそごく一部の方だけが恩恵を受けるもの。

GH5で4L60pともなると、もはやプロユース向けの機材。

写真と同じく、本格撮影となると綺麗に撮れるMFがデフォ。
GH5は基本的にはMFで動画を撮影するものだと思います。

AFで動画を撮ることがマイナーなのかね?よく分からんが。
動画のAFに不満を持った私は所詮、アマチュア。MFで動画撮影なんて私にはできません。

と言うことで4Kなら30pで十分、60pならフルHDで撮れば良いと割り切りました。

GH5でも4K30pの方が動画のAFは速いです。4K60pになると追い付けないのかな?
ただ4K30pのために20万は出したくないなと・・写真優先なのでE-M1IIの方が◎。

そしてGH5を買わなかったため、G8とGX8とGX7MK2が手元に残っている。



だけどあまり使わない。

いや、使うんだけど機能全部イリナG8がやっぱり気楽。

GX7MK2はちょっと重いレンズを付けるとグリップが弱くて撮りにくい。
小さくて重いので、なんだか持っていて疲れる。プラボディもいただけない。
操作系が大分省かれているから切替とか設定が非常に面倒なのも大きいです。


GX8は普通に撮る分は良い。軽くて握りやすく、100-400との相性も◎。
手振れ補正がG7とあまり変わらず、2.5段分程度でオリレンズが扱いにくい。
EVFと背面液晶が弱い。解像感がローパスフィルターレス機よりも劣る。
高感度は強力手振れ補正のG8やGH5の方が2段くらい優位な印象。

しばらくパナ機はG8のみでいいかな。

スチルはE-M1II/α6500のサブ機。はたまた100-400の組み合わせ専用。
動画はむしろG8がメイン。α6500/E-M1IIがサブ機。


正直なところ、GX8MK2に多大な期待を寄せております。
この記事のURL | カメラ(オリンパス・パナソニック) | CM(0) | ▲ top
パナソニック GX7MK2 ボディケースで快適に使う
- 2017/05/06(Sat) -
個人的にはミラーレス機として多くの方にオススメしているのが、パナソニックのGX7MK2です。

高感度、動体、価格がまずまずと言うのが最大の理由。


小さいのに重いこと、コンパクト故に握り具合がイマイチなことと、マイク入力端子が無いなどなど私的にはかなりのデメリットですが、お気軽スナップや旅カメラとして今でも所有しています。

一つでも何とかなればと思ったけど、マイクと重さはどうにもならん。

唯一残る握り具合を改良できればと思い、パチモンのボディカバーを購入し装着しました。





ブラック品切れで、ブラウンしか無いみたい。

そのブラウンの在庫が無くなったら終わりかも・・

ちょっとお高いけど、ながく使うなら買うべし!


14-140mmとか109-300mmを装着すると、違いに驚きます。


撮りやすいし握りやすいし手ぶれしにくい。
GX8には全く敵わないけど、大分良い感じ。

GX7MK2は重量もあるので、グリップの悪さから変な疲れが出るのが嫌いでしたが、これがあればかなり改善されます。




ケースの重さは50g以下ですね。



装着すると、グリップ側はこんな感じ。



反対側は若干浮いています。




裏面は完全防備ですが・・・



バッテリーやSDカードにアクセスできる!


質感は本革で良いのですが、左側の浮きはかなり気になりますね~。

ドライヤーで温めながら曲げてみようかな・・・


この記事のURL | カメラ(オリンパス・パナソニック) | CM(0) | ▲ top
CANON EOS X7 とか言う名機
- 2017/05/02(Tue) -
常にベストセラーとして何時でも何処でも売れているのが、 CANON EOS X7 と言う小型一眼レフ。

なんたってちょっとお古いカメラなので、性能的には大したことが無いと言うよりも見劣りするくらい。

イマドキなカメラ・・そぉねぇ・・型落ちとなったEOS KISS X8iとでも比較してみても一目瞭然。
解像度低い・センサー古い・連写遅い・測距点少ない・防塵防滴無し・・と散々な性能。

公式サイトや価格コムやヨドバシでスペックを確認すると、他機種よりも見劣りする事ばかり。


それでも売れている・・それには理由があるんですね。


それは「カメラとしての基本性能がしっかりしていること。」です。


測距点(オートフォーカスができるポイント)が9点しか無い。
だけどその9点に合わせる能力はキチンと持っている。

低画素なのに高感度に弱いけど日中なら十二分に良い画質で撮れる。

これらはレンズ次第と言うのもあるのですが、X7の場合はダブルズームキット付属のレンズが優れています。
ズームレンズ2本で快適に綺麗に撮る事が出来てしまうので、パパママに人気なのでしょうね。

正直言って、最近発売されたキヤノンのEOS M5/M6よりも、X7の方が良いと思います。
高感度と重さ、大きさはM5/M6の方が上です。それ以外はX7の方が上ですね。
連写速度はEOS M5/M6の方が優れていますが、精度はX7の方が上なんですよね。

どうも、某雑誌のレビューがうさん臭く思える今日この頃。α6500とM5の記事とか、ちょっと怪しい感じ。
その雑誌ではE-M1IIとGH5で連射勝負してE-M1IIに軍配が上がってたけど、パナもそんなに悪くないはず。


と、また関係のない話になってしまった・・X7に戻ります。



EOS KISS X7が一番弱いと思われるのは高感度ですね。

高感度はISO1600上限、できればISO800までが最適。緊急事態でISO3200ってとこですかね。

高感度はRAWで撮ってキヤノンの現像ソフト、DigitalPhotoProfessionalでノイズとか弄ると良いかも。
TDRの夜とかしんどいけど、現像で仕上げて2Lくらいなら余裕で使えてしまいます。

なおDPPを使うためにはキヤノン純正レンズを使う必要がありますよ。


高感度対策は明るい短焦点レンズで補うのも手ですね。
レンズのF値・・F3.5とかF2.8とかの数値が低いレンズを使うのです。


標準的な長さ・・35mm換算38.5mmではEF-S24mmF2.8。
ちょい望遠は・・35mm換算80mmならばEF50mmF1.8。


明るいズームレンズもあります。

シグマ18-35mm F1.8 DC HSM・・コレもの凄く良いです。ちょっとお高いし重いんですけどね。
サードパーティ製なのでDPP使えませんが、これなら暗い所でもシャッタースピードが少し稼げますね。

APS-C機ユーザーなら買って損のないレンズかと思いますよ。




F1.8のレンズさえあればなんとかISO1600で粘れる場面が増えるでしょう!

そんな私もX7は今の時期、手放せないカメラの一つ。

毎年恒例の新入園児相手では子どもに意識させないカメラなので、かなり使っていますね。

どんな場面でも快適に撮影でき、カメラの存在感が低く被写体に意識させないカメラ。

それこそがキヤノン EOS X7。人にお勧めできる数少ないカメラの一つです。





おすすめのダブルズームレンズキットは黒しかありません・・ちょっと残念。
EF-S18-55mmとEF-S55-250mmF3.5-5.6付属で35mm換算で29mmから400mmまで対応できます。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM
キヤノン (2015-05-21)
売り上げランキング: 403


焦点距離がちょっと長いけど換算85mmでF1.8なのに14000円台で買えてしまう驚異。一本持っていても損ではない!




ホワイトはEF40mmF2.8とEF-S18-55mmF3.5-5.6のダブルレンズキットです。

なんたって安いんだもん。

α7RIIだの5D4使っていますが、EOS KISS X7は今でも出番が少なくないカメラです。
例え5D4を売ったとしても EOS KISS X7 は暫く使い続けると思います。

これで足りなくなってきたら X9i / 9000D はたまた80Dに行くべきですね。
この記事のURL | カメラ(キヤノン) | CM(0) | ▲ top
Windows10 Antimalware Service Executable の暴走
- 2017/05/02(Tue) -
ちょっとWindows10 64bit が重いと思ったら・・

以前にも悩まされていた Antimalware Service Executable が若干、暴走していました。
CPUが32%、メモリは24%程度で大暴走には至っていないけど、ちょっと弄ってみた。

なお .exe や .scr や .com を除外すると速くなるよ! って記事はヤバい記事です。

だってマルウェアはこれらの拡張子で実行されるわけですから・・


最善策は信頼できるセキュリティソフト(ウィルス対策ソフト)を導入する事ですね。
でも某社のバ〇ターなど、悪評名高いセキュリティーソフトもあるので選択は慎重に。

私も色んなソフトを使いましたが、カスペルスキーかESETが軽くて信頼できておすすめ。
カスペルスキーは少しお高いので、近年は専らESETのみを使っています。

いずれにしても以前に比べてかなり安くなっていますね。

ESET パーソナル セキュリティ (最新版) | 1台1年版 | Win/Mac/Android対応
キヤノンITソリューションズ (2016-12-08)
売り上げランキング: 20


5台3年版で9800円。私は仕事、自宅、私物にこれを使っています。

ESET ファミリー セキュリティ (最新版) | 5台3年版 | カード版 | Win/Mac/Android対応
キヤノンITソリューションズ (2017-04-01)
売り上げランキング: 30


これさえあればWindowsDefenderの重さを解消できます。

ましてや有償ソフトなので、信頼性が高くアップデートも頻繁。
アップデートで重くなるのは仕方がないですね・・
この記事のURL | PCソフト/PCゲーム | CM(0) | ▲ top
ツバメさん、いらっしゃい
- 2017/05/01(Mon) -
ほぼ毎年のように、この時期に来てくれるのがツバメさん。

お母さんツバメは卵をずーっと温めています。

お父さんツバメはエサを獲ってきて奥様にあげたりしていて非常にほほえましい・・

3年に1度くらいはカラスの餌食になってしまうんだけど、今年は大丈夫かな?
カラスも生ごみ漁りばかりで可哀そう。たまには極上のエサを食べたいんだろうね。

ちょうどお父さんがお休み中だったので慌ててα7RIIにSEL70300Gを装着し撮影。
300mmでSS1/60・・・撮影でも慌ててしまいPCで当倍切り出ししたらボケボケ・・


お父さんお休み中の図。

20170430tsubame (1)

お父さん「呼んだ?」の図。20170430tsubame (2)


曇天の夕方、元の画がこんな感じなので勘弁してください・・

20170430txubame3.jpg



カラスには申し訳ないけど、小さなツバメを守りたいところ。
仕事の合間なので全力は注げないけど、できるだけ・・ね?




よくTVで外来種を殺したりしているのを見ていると悲しくなります。
そりゃ危険のあるガーやピラニアなどの生物は仕方がないとは思いますけど・・
飼いならされた犬ですら、人をかみ殺すことだってあるんですからねぇ・・
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
復帰します
- 2017/05/01(Mon) -
他所でやっていたけど、面倒なのでこちらを続けることにしました。

近況としてはカメラ機材はあまり変わらずです。
シグマの新型100-400mmを追加し150-600mmを売却しただけですね。

最近多かったカメラ記事はメーカー別にして対応。
カメラと写真は別にして記載していきます。

カメラ以外にもスマホやwin/macPC、タブレットに各種アプリやソフト。
子どもの話、家族の話、仕事の悩みと言うような雑記も書くでしょう。

PSP/PS2/PS3が全盛だったゲーム記事は時代が変わり、PS4やXBOX ONEへ。
今はF-1 2016 と BF1 しか遊んでいませんが、ゲーム記事も載せる予定です。
娘たちが家族4人でマリカーやりたい!と言うので、Switchが欲しいところ。
4Kで撮影した動画を再生したくて、43インチ4Kテレビも購入予定・・・

カメラが落ち着いたけど、今度は家電が大変なことに・・α9買ってる場合じゃありません・・・
この記事のURL | 雑記・日記 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。