2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
こんなのはじめて/// リールの不具合
- 2017/06/26(Mon) -
うーん、やはり安いものは値段なりなの?

と、思ってしまうことが起きた。


3週間ほど前に購入したカシータスMGLですが、たった10時間の使用で壊れた。

ハンドルが逆回転してしまうし、中でカラカラと音がする。

ギア周辺のワッシャーとかが外れたような感じ・・

購入店で相談したら在庫が無いので返品を受け付けてくれるそうな・・

いや、たまたま実店舗で買っておいてよかった。

購入して使ってすぐに不具合が出て、ちゃんと対応してくれるのはアマゾンさんとナチュラムさんくらい。


アマゾンさんは外資系故、返品だとかが凄く楽ですよ。
消費者の立場に立ってと言うか、消費者が強い立場なのがアメリカ。
困ったときに助けてくれる・・それがアマゾンクオリティ。

ヤマダ電機がこんなことやってくれるわけがない。
なおPC/家電だとソフマップ/ツクモ/ヨド/ビックは良心的でしたね。

ナチュラムさんは国内の釣り具通販の老舗的存在で、私もかれこれ30年使っている。
その中でも2度ほど不具合がありましたが、清く対応してもらえました。
しかも、うちひとつはフローターの不具合。ジッパーが壊れ、閉めても開いちゃう。
到着翌日の使用で発覚し、その翌日に電話したら新品と交換してくれた。
もうね、私の釣り具の9割がアマゾンんとナチュラムですわ。

結構、不具合多いからね。

ロッドもネットで買ったら必ずクラックとか塗装をよく見ること。
ヒビや欠けがあったら早急に対応してもらうべきですよ。
でないとあとあとで「折れ」につながることがありますから。


そんなこんなで、今回のカシータス。

店舗の人と相談したんですが、カシータスMGLの在庫が無いみたい。

同じ機種にするのもなんだか嫌だったので差額を出してスコーピオンにしてもらいました。


ま、スコは日本国内向けのリールだから、作りも良いでしょう。
金属ボディは安心ですし、巻き心地が良くて、ベアリングの質も高い。
スプール径が小さいから7g未満のルアーも投げられる。
それで12lbが100m巻ければ十分かなと。


もちろん付けっパの積みっパですよ。

ゾディアス166ML-Gに付けっぱなしで車に乗せっぱなし。



かたやカシータスは海外向けのリール。堅牢さが売りでしょうけど、作りは雑。
MGLスプールだけが取り柄ですな。


と言うか、シマノさん・・お前はキヤノンか?

出し惜しみにもほどがあると思うよ。


なんでスコーピオンにMGL載せないんだよ・・

HAGANEボディにX-SHIP、それに加えてMGLでしょ?

それとも何かい?


メタニウムMGLと変わらなくなっちゃうのかな?

いやいや、スプール径が違うし・・

またアベイルさんの世話にならなきゃいけないのかな?俺・・



今夜、取りに行ってきますー。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
15アルデバラン フルチューン 一歩手前
- 2017/06/26(Mon) -
T3Airを持っているにもかかわらず、中古ながらもなんとなく買ってしまったのが15アルデバラン。


そして、なんとなく買ってしまったアベイルのマイクロキャストスプール2個のうち、片方はトラウト用の極浅溝の黒、もうひとつが問題の浅溝パープル。


もちろん、ベアリング交換済みだし、アベイルのマグネットブレーキに換装してある。

マグネットブレーキが外部ダイヤルから操作できるのに感動したけど、それどころじゃない。


トラウトロッドとの相性が良ければ、極浅溝スプールで1.5gのスプーンを十分な飛距離が出せたことに驚いた。


T3Air級にグレードアップしたどころか、T3 Air 抜いたかも。


とりあえず、16アルデバランよりは数段上。


中古15アルデバラン2万、スプールとブレーキで2.5万と出費は大きいけど、バスでもトラウトでも使えるなら個人的には高くはなかったかな。

もちろん安くもないけど。

性能的には大満足なので、後悔はしていない。


問題はデザインだ。


スプールだけパープルにしたら、凄く間抜けになったのでスタードラグとハンドルノブもパープルに。



あんまカッコ良くねーわ。


なんとなく姉ヶ崎だとか竹ノ塚(失礼)を思い出してしまうカラーリング。


ハンドルも黒くすれば、もう少し良くな・・・


やめたやめた。


これ以上お金かけるの良くないと思った。

リールのコスメは自己満足の領域。


ステラに夢屋のセンシティブアルミノブ付けたけど、センシティブにはならず・・感度なんか全く変わらん。

それこそ7000円もするんだからコスパはかなり低い。


ダイワやZPIのパーツは安いから手を出しやすいけど、夢屋は高杉。


この姉ヶ崎仕様のアルデバラン、どうしよ・・・


ベイトフィネス自体、自己満足の釣り。

ある程度で満足できたら、その先に首を突っ込むのはやめておいた方が幸せになれます。


50が見えてきたオッサンがコノリールを使うんだぜ?

コッパズカシイ....


ひとつくらい玩具があってもいいか、と割り切る!
この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | ▲ top
究極(?)のグラスロッド ゾディアス 166ML-G
- 2017/06/26(Mon) -
安くて堅牢と思われるシマノのエントリーバスロッド、ゾディアス シリーズ。

その中で「感度優先」の竿を買う時、ゾディアスは低弾性故にあまりお勧めできないと何度か書いている。
感度優先であれば高弾性カーボンを用いたエクスプライド以上を購入すべきだとね。

ただ感度をあまり優先しない釣りが多く存在するのがバスフィッシング。

感度が良すぎる=魚がルアーを咥えた時に違和感がある=ショートバイト

なんてこともあるので、感度最優先=良いロッドともいえないのも事実です。


高弾性カーボンロッドで感度も食い込みも良いとなると、今度は折れやすい。
高弾性超高感度ロッドでもラインがスーッと動くアタリは手元に伝わらない。

だからある意味、感度はソコソコで良いと思う方が多いのも事実。
それを理解してゾディアスを購入するオッサン=長経験者がいるわけです。

私は振り抜けの悪さと先重り感で多くの竿をエクスプライドにした。


だけど2本のゾディアスが手元に存在する・・・そう、2本目を買ってしまったんですよ。


今まで持っていたのは166MH。

ラバージグのピン撃ち&スイムジグ&スピナーベイト用です。

・ラバージグは比較的アタリがはっきりしているので弱感度でも問題ない。
・ラバージグはフルキャストよりもピッチング&サイドでの弱いキャストが多い。
・スイムジグやスピナベのタダ巻きには感度はあまり重要ではない。
・巻きの厚いブランクスなので強引な使い方ができる(気がする)。
・6.6ftと短めの竿なので持ち重り感が我慢できる。重いリールと合わせる。
・本気モードの時はアドレナHがある。ゾディはお気軽モードで使用。
・オカッパリで使いまわししやすいスペック。
・安いから車に乗せっぱなしにできる。

こんな理由からゾディアス166MHは暫く使うことになると思う。


そして今回、増やしたのがゾディアスの166ML-Gです。

ブラックレーベルが重くてだるいので買い替えを完投していました。
自重145g事態は決して重くないが、カルコン200ですらバランスが悪い。

対するゾディアス166ML-GはMLながら117gと28gも軽く仕上がっているのが特徴。
MLな分、ティップが細くバットはほぼ同じ径。店でスコーピオンを付け、バランスも〇。

ゾディアスはMLですが5~21gまで投げられるんだから、ほとんどの巻き物はこれでおk。
661MRB-Gは5-24gなので、もうちょっと幅広く扱えるんですけどね。

勿論、全体的なマテリアルに関してはブラックレーベル+661MRB-Gが数段上です。
価格帯が44000円と18500円と全く違うので、比べてはいけない竿だと思うけどね。

持ち重りするし装飾がドギツイし、所有感は満たされない。

それでも実釣にはかなり良く感じそうなグラスロッドがゾディアス166ML-G。

シマノ ベイトロッド ゾディアス  バス 166ML-G 6.6 フィート
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 35,204


アマゾンでも、ちょっとお高め14000円ですね。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
大人気のゾディアスに、ちょっと待った
- 2017/06/25(Sun) -
ネット上では高評価が多い杣野のエントリーバスロッド、ゾディアス。

私も1本所有していて、1万円の際とは思えない性能に驚いています。


さて、このロッドの特徴は何だと思います?

多くの方が「ガイド」を気にされています。


1万円台後半のロッドには全てSic以上が採用されていますが、ゾディアスはその下のもの。

アルコナイトと言うガイドリングを使っているんですね。

アルコナイトはSicに比べ、比重・硬度・放熱性で劣っています。

でも一般的なユーザーがそこまでは必要としないでしょう。
私も週末バサーなのでリングはアルコナイトで十二分。
PEラインでも問題なく使えるのだから、安心です。
無論、Sicであるに越したことはないけど、それは精神的なもの。
硬度だって若干の違いなので感度には表れないはず。
ゴールドサーメットのようにPEで簡単にキズが付くlことはありません。
勿論、釣行回数が多い・・月に10日くらい?ならSicの方が良いでしょう。

ゾディアスで最も気にしなければならないのは「低弾性カーボン」であるということ。

この「低弾性カーボン」と言うブランクスの特性を知らないと痛い目にあいます。


弾力の弱いカーボンシートを巻いてロッドブランクスを作ります。

強度が落ちるので分厚く巻く必要があるので、多くのものが堅牢です。

なのでロッド全体に持ちおもりを感じたり、キャスト時にシャキッとしません。
なんたらXのおかげでキャスト後のブレが弱くなっていますが、胡麻化しにすぎません。
キャスト後のブレは抑えられていても、持ち重り感が非常にあります。
もちろんキャスト後のブレだけでも抑えてくれたのは嬉しい限りですけどね。

弱いカーボンを沢山巻くので感度が落ちます。感度優先の釣りには全く向いていないです。
感度が悪いと魚のバイトだけでなく、底質や水の動きなどルアーの状況も分かりにくくなります。
と言うことは、ルアーのロストも増えてしまうかもしれません。


基本的にゾディアスは極度の感度を必要としない釣りに向いています。
ワーミング全般では感度が最優先される状況が多いので、高弾性カーボンを用いたロッドを使うべき。

低弾性カーボンのゾディアスを使うシチュエーションは以下の通り。

・激しいヤブコギが予想される釣り。
・20lb.太いラインでの釣り
・クランク、バイブ、スピナベなどの巻き物系
・テキサスやラバージグなどバイトのハッキリわかる釣り


こんなところでしょうか。

車に乗せっぱなしなので、ほぼほぼ常備しているのが166MH。

オカッパリのテキサスリグ&スピナーベイト用です。
リールはカシータスにフロロ16lb.を巻いています。


と言うことでゾディアスのメリット・デメリットを書いてみました。


高弾性カーボンで感度が良くて安い竿はエクスプライド!!

ポイズン アドレナよりコスメの質が落ちるだけで感度はほとんど変わらない印象。

特に感度を優先するようなスピニングでのライトリグには164L前後がオススメ。



ベイトならまずはコレ。



これらを中心にエクスプライドを準備し、あまり使わないような竿はゾディアス。

それが私のオススメ。


全てをゾディアスで揃えるのは釣果を悪くしてしまう可能性が高いので・・
この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
巻き物でバスを釣る! 最終兵器 グラスロッド
- 2017/06/24(Sat) -
クランクベイトやバイブレーション、ただ巻き&ストップ&ゴーのミノーやシャッド。
スイムジグ、やら軽いスイムベイトなども巻き巻きするから立派な巻き物。

その中でも感度ではなくてノリを優先させたいときに武器となるのがグラスロッド。
トップウォーターのアクションをヌメヌメと演出しやすいのもグラスの特徴ですね。

今朝もブラックレーベルの661MFBでちょい投げしてきましたが・・この竿、ダルい。

重くて太くてパームスエッジシリーズより感度も劣るし何だかパッとしない。


軽くて1/2オンス前後のルアーを投げやすい軽い竿を調べてみたら驚きの結末。


グラスの最軽量ロッドは、なんと ゾディアス ちゃんの 166ML-G でした・・

これは買うっきゃないっすね。軽さとヌケ最優先で、感度イラネですから。
店舗で触ってみての購入になると思うので、来週の仕事の合間に観てこよー。


なおこのグラスロッド。使い道は結構難しいです。

ワーミングにはほぼ使えないと思った方が良いです。

止めた時の感度はイマイチですし、ミノーノトゥイッチやジャークにはダルい。
こんな使い方の場合はカーボンブランクスのロッドを使う方が良いでしょうね。

基本、タダ巻き専用。あとはTOPの首振りアクションに使えるくらいです。
TOPとは言っても移動距離の非常に少ないアクションとかシェイクとかは苦手。

そういう場合はカーボンロッドを使う方が幸せになれる。


ほんと使いまわせないロッドなのです。


反面、鬼のように乗る。そしてバレない。


使いこなせるかは貴方次第・・いや俺次第か。

八郎潟遠征の時はエッジのEVC-663+ホッテントットでかなりの魚を手にした。
霞ヶ浦でのスピナベ、野池浮き輪でのTOPと出番が多かったっけ。

ブラックレーベルへの更新が失敗したので、今回は慎重に行きます。
ゾディアス触っても安いだけで買うようなことはしない。

ヌケが悪かったり、ダルダル過ぎたらエクスプライドやアドレナを検討。

それでもイマイチだったらエッジ プライド EPVC-663を探すよ。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
所有バスロッド一覧(ベイトロッド編)
- 2017/06/24(Sat) -
月2しか釣りに行けないせいでタックルばかりが増える本末転倒。

フローターと陸っぱり、ボート、どれもやるから増えていくってのもある。

特に今の主流は7ft前後。総重量が軽くなったので長くなったんでしょう。
バンクやボートならむしろベストですが、浮き輪にはちょっと長いです。

個人的には6.6ftまで、ベストは5.6ft~6ftですが、好みの竿が見つかりません。


とりあえず春先は亀山でのボートと荒川でのバンク中心だったので6.6ft超を購入。
浮き輪用は一昨年から更新していたので、今年は2本購入し更新が終了しました。

ある程度、落ち着いたので書きとどめておこうと思います。

点数付けているものは10点満点です。

ベイトキャスティングロッド

①ダイワ スティーズ STZ-661MFB ウェアウルフ

オカッパリだけでなく浮き輪でもボートでも使えるのでメインロッドと言えます。
ちょっと柔らかめのバーサタイルロッド。撃ち物巻き物問わず無難に使える。
ベリー~ティップが比較的柔らかいので、1/4以下のルアーを投げることも可能。
6.6ftは操作性が良好。感度は8点くらいで抜け目がないけど、面白味は無いかも。

②シマノ ポイズン グロリアス 1610M

シマノのロッドはダイワに比べて1.5段分くらい固く感じるので、ダイワのMH的な印象。
ウェアウルフに比べ、ベリー~ティップに張りがあり固いので、1/4oz以上で使用。
こちらも汎用性の高い竿ですが、感度はウェアウルフよりも高く、使っていて楽しい。
飛距離を出したいときや3/8-3/4ozの重めのルアーも投げるなら、まちがいなくコレ。

③ダイワ スティーズ STZ-631MHFB リベレーター

MHアクションの中で最初に見つけたショートロッドで、衝動買いしてしまいました。
やはりシマノのMクラスなのですが短い分、ティップの遊びが少しだけ少ないです。
撃ち物・巻き物にも使える汎用性、軽くて感度も非常に良く、ショートロッドの雄。
1/2のスピナベやラバージグをフローター・ボートで撃っていく釣りに最適。

④ポイズン アドレナ 172H

ボートや陸っぱりでのヘヴィカバー&ヘヴィルアー用ですが自身はフロッグが苦手orz
主にスピナーベイト、ラバージグ&テキサス&キャロ、スイムベイト&ビッグベイトに使用。
兎に角、大きなルアーとカバーはコレ。ボートや岸釣りでは必ず持っていく一本です。

⑤ワールドシャウラ 1653R

浮き輪でヘヴィカバーを中心で狙う時に使用。安心して20lb.が使える数少ないロッド。
かなり硬めなのに、巻き物から撃ち物まで扱いやすいレギュラーテーパーが嬉しい。
シャウラの場合は表記の1.5倍の重さのルアーを投げることもできる程、信頼性が高い。
フローター用とは言え、6月~10月まで10日程は使うので出番は少なくない。
八郎潟や牛久、新利根などボートでのアシ撃ちピッチングなら172Hよりコレをチョイス。

⑥ダイワ スティーズ STZ-631MLFB スカイレイ

ベイトフィネスでの感度優先ロッドと言えばスカイレイが一般的ではないでしょうか。
このロッドは1/16ジグヘッドで4~6インチを多用。4~8gくらいが非常に扱いやすい。
MLなので若干、張りがあるけど前述の通り感度は非常に秀逸で10点あげられる。
T3AIR+ゲーリー4インチグラブ+1/16ジグヘッドでスキッピングも簡単です。
シマノもいくつか触ったけど、やはり張りがありすぎてキャストが難しそうな印象。

⑦シマノ エクスプライド 166L-BFS

常時車載でサブに買ったつもりが案外悪くない・・性能も価格も非常に良いです。
4.5インチワームなら快適に投げられるけど4インチ未満なら素直にスピニングを。
張りがありティップはちょいヤワ、バットは強くキャストアビリティは非常に良い。
感度はアドレナと同等で価格の割に非常に良い。パワーもあるので心強い。
ただし表記通り、3.5g以上でないと厳しいのでスピニングの代用にはならず。

ま、4インチ未満で弱カバーならC3000スピニングにフロロ6lbが無難ですよね・・
ベイトフィネスはメーカーの戦略であって、アングラーからすると玩具と思うべし。

⑧ダイワ ブラックレーベルプラス 661MRB-G

6.6ft、安価で1/4から投げられるグラスロッドは唯一無二かもしれません。
昔使っていたEPVC-664より持ち重り感はありますが、ノリはコレの方が良さそう。
適度な張りと強靭な粘りで、きっとナイスバスを仕留めてくれるでしょう。
・・そう、まだこの竿で釣っていないのです。なお中古を1.2万円で購入。


こんなところでしょうか。

多少被っている感じはありますが、暫く買い買える必要はなさそうです。
唯一はグロリアス1610Mとアドレナ172Hの間に一本欲しいと思いましたが・・
1610Mと172Hの差が想像以上に少なかったので、これで十分と判断。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
ゾディアスとエクスプライドとアドレナとグロリアスの差
- 2017/06/23(Fri) -
細かな違いはたくさんあります。

ガイドの種類や数、ブランクスの質と調子、グリップ形状などなど。

そりゃぁ高いものの方が良いものを使っているので優れていると言えます。

ワールドシャウラは魚種にとらわれないロッドなので、バスロッドとは違うと思うので割愛。



まずはグロリアスとアドレナの差。


ここはちょっと大きいですね。

車で言えば・・・なんてことは言わない。

強いて言うならノーマルがアドレナ、ライトチューンがグロリアス。
アルティマはハードチューンってところでしょうか。

感度は断然グロリアス。個人的体感で申し訳ないけど20%くらいは良いと思う。
扱いやすさは変わらず。誰がどちらを使ってもキャストからランディングまで使えるはず。

キャストアキュラシーやキャストアビリティはどちらも問題ないと思います。
感度も2割落ちるアドレナで私には十分だと思います。

強いて言うならウィードを攻めるときはグロリアスの感度が良いかも。
多くの情報が手元に伝わるので、質や長さが分かりやすいです。

反面、カスミ水系のようなごろたと砂と木とアシの釣り場では関係ないかも。
こういう場所ではアドレナで十分でしょう。

パワーはグロリアスの方があるけど、強度はアドレナの方がある。
デカいバスを掛けた時に寄せるのは、アドレナの方が楽かもしれない。

多少の無茶をしても折れそうにないんだよね、アドレナ。

グロリアスとアドレナのどちらが良いかを強いて挙げるならアドレナ。

なぜなら私は関東勢でカスミ水系に行くことが多いから。

琵琶湖なら間違いなくグロリアスだろうけどね。


お次はエクスプライドとアドレナ。


これが思った以上に変わらないから驚いているんです。

アドレナとポイズンではかなりの違いを感じましたが、こっちはそうでもない。

勿論、ブランクスの差で先重り感がするんだけど、想像以上に少ない。

若干、先重りはするがキャストに影響がない程度。リールを付けると気にならない。

感度は番手にもよるだろうけど、あまり変わらないと思って良いでしょう。
強度はアドレナ優勢かな。エクスプライドは不安を感じることがある。

それでいて価格差が1万円・・この差をあまり感じないんですよね。

基本、エクスプライド推奨。所有欲を見たしたいならアドレナでしょうか。


最後はゾディアスとエクスプライド。

ゾディアスとエクスプライドでは、大きな違いを感じます。

感度がケタ違い。ゾディアスの感度はエクスプライドの半分程度かと。
先重り感が酷いのでキャスト性能もエクスプライドが圧勝ですよ。

ゾディアスはコスパに優れた竿で有名ですが、性能面では及第点以下。
13000円で及第点のゾディアスと23000円で高評価のエクスプライド。

中高生なら仕方ないけど社会人ならエクスプライド推奨。


エクスプライドで物足りなくなってきたらグロリアス。

アドレナは中途半端な印象が強いです。

4万のグロリアス、3万のアドレナ、2万のエクスプライド、1万のゾディアス。

勿論、予算もあるでしょうけど、個人的にはよく使う竿はエクスプライドから入るべき。

264Lとか166M/MLとかね。


残念なのはエクスプライドは未だ番手が揃っていないんですよね~。


つい先日、エクスプライド3本を車内常備専用に買ったのですが、サブがサブでなくなるかも。

そんくらい驚いてしまいました。


ちなみに堅牢な竿が欲しいならバンタムが超オススメ。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
小林麻央さん、死去
- 2017/06/23(Fri) -
正直、g兵農には疎い私ですが、ネットでよく見かけた小林麻央さんカの、がん闘病。


その苦しい闘病も終わったようです。合掌。


頑張ろうという前向きな気持ちの表れなのか、ブログは頻繁に更新されていたようですね。

私もたまに覗いていましたが、がんばれ!と言うことしかできないですよね、一般人は。


あまり知らない芸能人、アナウンサーの中で数少ない、私が知っている方でした。

お子さんが心配ですが、お二人のお子さんなら大丈夫でしょう。


うちはもう子供が大きくなってしまいましたが、それでも40代の父である私は、心配してしまう。

我が家でも私がいつ倒れても大丈夫なようにしたいけど、残された側はそうもいかんだろうなぁ。

私も最低あと10年は生きたいですし、できれば孫の顔を見て死にたい。

こればっかりは分からんので、毎日充実した時間を過ごせるように努力します。
この記事のURL | こどもとかぞく/日記 | CM(0) | ▲ top
安くて州能力抜群のタックルボックス BM-7000
- 2017/06/22(Thu) -
昔から欲しいと思っているんだけど、どうしても買えないのがVS-8050。

VS-8050はアマゾンでも13000円と非常にお高いです。
昔はもう少し安かった気がするんだけど・・気のせいかな?

しかもVS-8050の引き出しは蓋つきのケースVS-3045に買えたいので、4つ買うと約5,000円。

合計18,000円也・・・ナリ・・


流石に手が出ない・・カシータスやクラド、スコーピオンが買えてしまう。


ここ数ヶ月で大分考えての結論がコレ。





中くらいの大きさのバケットマウス(BM-7000)にしました。

なんせ30年もバスフィッシングをやってきたので、ルアーが無数にあるんですよ。


古いものだとホッテントットやウィグルワートやショートワートのアマゴとかオイカワとか。
ストーム大好きな私は箱入りのものまでも所有していたりもします。
もちろんドリンカーやコネリーにバルサマック、バスハンターSP、ビッグアイ・・
子供の頃に少ないお小遣いを貯めて買ったルアーは全て残してあります。
それに加えて道楽やハトリーズ、ズイールなどのバブリーなルアーも・・

逆に今どきのルアーなんてほとんど持っていない。

未だにスピナベはクリスタルSとかSRミニ、クランクはDEEP-Xかチェリーかアメルアですよ。
最近は少し買い込みましたが、ほとんど15~20年前のルアーで釣りをしています。

そんなにたくさん持っていてもしょうがないのですが、増えていく一方のプラグ。

余裕をもってタックルボックスに収めたい。


でもお金はあまりかけたくない・・


そんな思いからBM-7000をチョイスしました。


VS-3020も沢山持っているので、行かせるのが最大の利点。
BM-9000だと中のボックスまで買い増さなければですから・・

週末にでも納めてみます。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
ベイトリールのスプール径
- 2017/06/21(Wed) -
これが意外と釣りに影響するし、なかなか奥が深いんですよね。

スプール径って言うのはスプールの外径のこと。

ベイトリールでキャストした時に回るパーツがスプールです。

まずスプール径はだいたい34mm径か37mm径、稀に32mm径

軽いルアーが得意ですよ~って言うリールは32mm径。

太いラインを巻きたい・重いルアーを投げたいなら37mm径。

普通な使い方なら34mm径。



と言うのがおおよその2社のラインナップですね。


だけども本当にそう?って思うこともある。


確かにスプールの外径が小さければスプールは軽くなり、軽量ルアーは投げやすくなる。


近年はベイトフィネスなんて言う釣りが台頭してきた。

8lb.とか7lb.のラインと32mm径ベイトリール、ライトアクションのロッドを使うことが多い。
私もニジマスやらバスのライトリグで使っているけど、結構悩むというかストレスを感じる。

スプール径が小さいとラインに強い巻きクセが付き、ラインが出るときに抵抗になるのが原因。
新品のラインを直前に巻いたときは快適でも、2回目3回目には違和感を感じるようになる。

巻癖のつきにくいPEラインを使うのが最良の策なのでしょうね。


逆にスプール径が大きくすると軽量ルアーが飛ばないので、どうしようもない。


結論からするとステラC3000にフロロ8lb.なんていう組み合わせがベスト。

ベイトフィネスは小さなルアーをある程度のカバーに突っ込める。

そして釣れるから楽しいので私も使っているけどね。

使えば使う程、スピニングで良くね?って思うんだよね。


次は34mmと37mm。

当然、スプール径が大きければ、より太いラインを多く巻けるようになる。

だけど、そうじゃないことが少なくない。

深溝と浅溝だけでなくスプールのマテリアルや重量も関係してくる。

初代アンタレスは37mm径だけど糸巻き量が非常に少ないリール。

このマグネシウムスプールが曲者で無理に寝掛かりを回収したり、デカいバスが掛かった時にクラッチを切ってサミングで強く抑えたりするとスプールが変形してしまうと言う、非常に弱いものでした。

社外の高回転用オイルを挿すとバックラの雨あられ。
純正オイル以外怖くてさせない。まるでレースカー。

だけど凄く飛んだ。軽いルアーも投げられた。

同世代の初代カルカッタコンクエスト200の37mm径は深溝。

20lb.もしっかりと巻けるけど、軽いルアーなんて投げられるわけがない。
カルカッタの200番は1/2オンス以上で威力を発揮するストロングなリール。
カバー専用といっても過言ではないですね。


アンタレスとは対極のリールですが、スプール径は同じ。

初代アンタレスは飛距離と質感を最優先させたリールだ思います。
それなのに何故34mm径で作らなかったのか?・・ちょっと不思議。

リールを買う時はカッコ良いからとか、そういうのは後回し。


スプール径と糸巻き量、それとマテリアルをよく見て買うべきだと思います。

16スコーピオン70/71とカシータスMGL、シティカ、クラドと言ったエントリー機。

それぞれに特色があり、購入の際は次回に書くギヤ比まで含めて、よく考えるべきです。

向き不向きが結構あるので、エントリー機とは言え、慎重にね。


スコ70/71がオススメ! と言う記事をよく見かけるけど、本当にそうなの?

人によってはカシータスやクラドがベストなことがあるからね。


鵜呑みになさらぬように・・
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
16 スコーピオン 70 / 71 と 16 カシータス MGL
- 2017/06/20(Tue) -
シマノのベイトリールの中で、エントリーモデルの最高峰。

それがスコーピオンとカシータスです。

スコーピオンは言わずと知れた歴史ある入門機で定番ですね。

スコ1000とかナツカシ・・


そんな中で海外で販売されていたカシータスが日本上陸。

価格も大きく変わらず、購入を迷う方も少なくないはず。


大きな違いは3つ。

①ボディの質。

スコはオール金属ボディ、カシータスは外装の多くが樹脂。

②X-SHIPの有無

スコ有り、カシ無し。

③スプール

スコ32mm、カシ34mmのMGL



こんなとこですね。

ハードな使い方をするならボディが強いスコーピオン。

永く使いたいのなら堅牢だと思われるスコーピオン。

巻き心地の良さでは圧倒的にスコーピオン。

軽いルアーも投げたいのならスコーピオン。

軽いルアーを投げないのならカシータス。

一般的なルアーの遠投ならカシータス。

ドラグはほとんど変わらない感じ。

個人的には他にも色々持っていることもあり、カシータスを購入。

エクスプライドと共にサブ機で車に積みっぱなしです。

スコーピオンのMGLは出ないのかなぁ・・
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
ダイワ竿=柔らか目 STZ-661MFB
- 2017/06/20(Tue) -
ダイワの6.6ft、ミディアムテーパー、ファーストアクションと言えば、昔から非常に使いやすい竿。

TDバトラーのマシンガンキャストは当時欲しくてたまらなかった竿でした。

ちょうど結婚した頃だったので、買えなかった。

当時、本当にお金がなくて、手取り18万円で借り住まい。

車も中古で20万の初代RVR。


結婚してすぐに子供ができて、喜んだのも束の間。

俺の収入で食わせていけるか心配で、眠れなかった記憶がある。


そんな私も50歳が見えてきて、少し余裕ができてきた。


そんな中でのタックル入れ替えで、欲しくてたまらなかったダイワのSTZ-661MFB ウェアウルフ を手にすることができました。

スティーズのリールとともに。



当然のごとく使用頻度が高く、車に常備させておきたいくらいの竿です。

5g程度の軽いルアーから14gの標準的なルアーまで投げられ、プラグもワームもラバージグも使える八方美人。

特化できない無難なテーパーと固さなので、器用貧乏と言う人がいるかも知れないけど、この竿の良いところはキャストフィールとノリの良さにあると思う。

ルアーのアクションやアキュラシーや感度は、いくらでもコノ竿よりも良いバーサタイルロッドが存在する。

ポイズンの1610Mなんかは感度とルアーアクションに長けたロッドですが、ノリはウェアウルフに敵わない。

ティップが柔らかいおかげで、食い込みが良く、バラシが非常に少ないのでしょうね。

感度も高めですし長時間振っても疲れない軽さ。



ウェアウルフは軽いルアー寄りのバーサタイルロッドです。



シマノのポイズンシリーズだとML相当で、一段柔らかいので、注意が必要です。

スペック以上に柔らかいですよ。


私のベイトタックルは基本的にベイトフィネスとウェアウルフとポイズンM、ポイズンMHで使い分けています。


個人的には関東の陸っぱり用で5万円を出せるならば、ウェアウルフをお勧めしたいですね。

6.6ftなのでボートでもフローターでも扱いやすいですしね。

やはり人気なのか、アマゾンには在庫が無いようです。

私はナチュラムさんで買いました~。







この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
ランドクルーザー プラド 2017年にマイナーチェンジだと?
- 2017/06/19(Mon) -
ある程度カメラを売却して、買おうと意気込んでいたのに・・

現行型が発売されたのが2009年なので、今年で8年目。

そろそろフルモデルチェンジだと思っていたんだけどねぇ・・


私のは中期型2700ccの4AT・・5速ホシイ・・・

あと2年待つしかないね・・

次も排気量が小さいガソリンを買うつもりだけど、今度こそサンルーフ欲しい。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
ゾディアスを使ってみて思ったこと。
- 2017/06/19(Mon) -
感度を追求して、よく使う竿をランクアップさせようと思っているのですが、踏ん切りがつきません。

狙うはポイズングロリアス。出番が非常に多い1610Mと164Lを狙っています。
アドレナやエクスプライドでも十二分に釣りを堪能することができるので躊躇。


費用対効果を考えるとエクスプライド/アドレナ/Blacklabelまででとどめておくのが無難です。


もうそれ以上は自己満足の領域ですし、使いこなせるかちょっと不安。
比較的当たりが分かりやすいバス故に、そこまで必要?とも思ってしまう。


例えば感度の良さ。

ワールドシャウラやポイズン アルティマが感度10だとすると、エクスプライド/アドレナ/Blacklabelでも6~7。

ちょっと上のポイズングロリアスだの普通のスティーズくらいでは感度は8程度です。


たった感度が1か2違う程度で2万円3万円と価格が跳ね上がってしまう。


正直、車に積みっぱなしのエクスプライドの264UL+はアドレナやバンタムに勝っていると思うし、グロリアスに近い。

264UL+は「エキサイトトップ」を採用しているため、シェイクしやすくて感度も良い仕様です。


確かにポイズンに比べるとエクスプライドはリールを装着した時のバランスがイマイチでキャスト時のブレが強く感じられる。

もちろん感度もシリーズ全体ではアドレナより劣るんだけど、アドレナとの価格差ほどの性能差はない。
むしろエクスプライドが大健闘しているように思えてならないんですよね~。


なので個人的にはエクスプライド推奨。


エクスプライドの上を狙うならゴロリアス以上に絞った方が良いと思います。

ちなみにロッドなんて、どれも大して変わらない。


ちゃんとキャストできて、そこそこの感度でバスが獲れれば何の問題も無い。
だから1万円台のゾディアスが売れるし、私も初心者にはゾディアスを薦める。

だけども、やみくもにゾディアスは勧められない・・なんせ「棒」ですから。

7-10g中心の汎用性の高いミディアムが欲しければ1610ML。
10g前後のテキサスラバジや14g程度のプラグであれば1610M。
1/2oz以上の重めのものを遠投に使うなら172MH。


番手を一つ落としてお勧めすると思います。

価格はちょっとお高いけど、性能やバランス、釣りやすさを考えるとゾディアスよりもエクスプライド。

どちらも見た目が私の好みではないけど、車載専用と言う意味では手放せない竿です。

仕事やドライブの合間にちょっと釣ったりできるじゃないか~。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
シマノ ヴァンキッシュ 精度がわるい
- 2017/06/19(Mon) -
これなんなん・・巻き心地悪すぎるしドラグも普通。

堅牢さを全く感じないどころか、不安すら感じる。



決してステラの下位機種ではない。
ツインパワーの上位機種でもない。

非金属バイオマスターの上位機種です。


見た目だけなリールな気がしてならない。


ヴァンキッシュって売れてるみたいで、軒並み近所の実店舗は在庫切れだったため、仕方なく通販で買った。

触らずに購入した私がいけないんだけどね・・


届いて喜んだのも束の間、ラインを巻いて週末に使おうとする意欲を感じない。


高いリールなのに、悲しすぎる。


ヴァンキッシュならステラかツインパワーの方が間違いなく良いですね。


ただしこのリールの利点はいくつかある。

ローターが軽くなったおかげで巻きはじめのレスポンスが良くなったのと、ファストリトリーブ時の左右のボディのブレがなくなった。

だけどこれはダイワが既に成し遂げているんだよね・・

と言うよりダイワは軽量リールが多いので、巻きはじめのレスポンスが非常に高いだけでなく、止めるレスポンスも速い。

例えばシャッドのデジ巻きとかで速いリトリーブでハンドルを1回転する。
ヴァンキッシュももちろん巻き始めが軽く、すぐにローターが回ってくれる。
だけどヴァンキッシュは早巻きから止める瞬間のレスポンスが悪い。
ダイワのルビアス以上なら泊まるときのレスポンスも非常に軽快。
惰性でハンドルが止まらないということがないんですね。

私的にはダイワのリールは耐久性が低いと思っている。

軽さのダイワ、堅牢さのシマノ・・今は違うかもだけど、20年前はそうだった。

だけども今のシマノは無駄に軽さに拘っている感じがしてならない。


ヴァンキッシュは止める釣りのリールなのでしょうね。

巻き物にはステラとかツインパ使ってね!ってことなのでしょう。
バスなどの止めて食わせる釣りにはヴァンキッシュは悪くはないと思う。

だけど、それなら安価なルビアスやセルテートでいいんじゃね?って話。

もともと私自身、ダイワのリールが好きではないので、仕方なくヴァンキッシュを使う感じ。

だけどもネットで評判が良すぎたので、書かせてもらいました。



シマノのリールで堅牢で信頼できるリールはステラ、ツインパワー、アルテグラくらいか。


現行ツインパワーは見た目が嫌だけど、使い心地は完璧。

巻物でもステラに近い滑らかさを感じられる。


ステラとツインパワーこそがシマノの代表スピニングリールですね。

次点はアルテグラになってしまうのがつらいところ。


非金属のストラディックは良くないどころか、買わない方が良いレベル。

先日、触った感じでは巻き心地に関してはヴァンキッシュもあまり変わらない。

信頼性があると信じてヴァンキッシュを導入したんだけどね。




私的には回転がスムーズでドラグぬるぬる、使って頑丈さを感じられないとシマノと言う気がしません。


だからストラディックとヴァンキッシュは、どちらかと言うとダイワのリールを使っているように感じてしまいます。

新品のセルテートみたい・・セルテートはもっと酷いけどね。
10回ほど使うだけで巻き心地がかなり悪くなります。


もうスピニングリール(特に淡水)は軽くしないでいいよ、ほんと。

2500番なら220~240g前後でいいじゃない?


昔の樹脂TDとか凄く軽かったけど、ドラグ以外は全て酷かったもんなあ。


1000SとC2500Sの2台買ったのはナイショ。


因みに、1000SはC2500Sより良い感じですが、それでも巻き心地はイマイチですね~。

使い込んで馴染めなかったら売却かグリス抜きだなぁ。

グリス抜くと多少でもネジにキズが付くし、売りにくくなるんだよなぁ。

だったらヴァンキッシュ2台売ってサブステラ1台買う方が良いような?
この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
買ってしまった ABU Cardinal 3RD
- 2017/06/17(Sat) -
私が愛してやまないリール。

それがカーヂナル3/33とミッチェル308。

カーヂナル3は1台、33は3台、44が1台、308が3台、304が1台。

大分前にですが復刻で赤が登場し、見て見ぬふりをしてきました。


そんなにトラウトに行かないから出番も少ないですし・・


それでも私が大好きな「赤」ともなると、気になって仕方がない。

そしてつい先日に購入。

ディスプラウト(DAYSPROUT) リール DS カーディナル 3RD (2015年モデル).
ディスプラウト(DAYSPROUT)
売り上げランキング: 69,591


20年前に上州屋でワゴンセールやっていたカーヂナルも、今となっては約10倍。
昔は2980円で売っていたよね・・緑33ですけど。


個人的には非常に実用的ですし、堅牢でドラグもまずまず。
もちろんシマノのナスキーにすら全ての性能で劣ります。

あくまで趣味。


早速ラインを巻いて使って来ようと思います。

明日は久しぶりの友人との再会を兼ねて管理釣り場。

カーヂナル3RDにおあつらえ向き~。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
ごめん。ゾディアス、あまり良くない
- 2017/06/15(Thu) -
ポイズン アドレナ購入後に安価なエクスプライドを導入するまでは良かった。


より安価な竿を求め、店で確認してゾディアス購入。


にもかかわらず、キャスト数回で無理だと判断しました。


いつも試し投げに行く荒川で、いつも通りにキャストしましたが、いつも分かるゴロタの感覚が非常に弱い。

ゴロタはまだ分かるけど砂利は分からないレベル。


こんなの初めて。


ゾディアスをゴリ推ししてる人が多いけど、全然良くない。

買わない方が良い。



その後にワールドシャウラ1653Rを使ったら雲泥の差。

価格以上に違い、私的にはワールドシャウラの方がコスパは良いと思うほど。

ワールドシャウラを推奨するわけではないけど、最低でもエクスプライド必須だな。

頑張ってお金貯めましょう。

安くてカッコいいからという理由でゾディアスを買うと、後々売ることになると思う。

昔のコンバットスティックをタックルベリーで5000円で買う方が幸せ。


本当は最低ラインをポイズン アドレナにしたいところですが、数本買うとなるとかなりの額になってしまいます。

なので私はエクスプライド推し。


ワールドシャウラが感度10だとすると、グロリアスが9、アドレナが8、エクスプライドが6、ゾディアスは1っていう印象。

感度優先ではない番手もありますけどね。

ゾディアスはブラックレーベルプラスのグラスにも劣るかもしれません。

見た目はもっと安っぽくていいから、ブランクとガイドにお金を掛けて欲しいです。

私も一瞬、ゾディアスを押してしまった。

ゾディアスはキャストフィールだけならかなり良いけどね。

あとは価格以外、良いところが見当たりません。



うーん、期待していただけに無念。
この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
クレハ シーガー フロロマイスター まずます良好
- 2017/06/15(Thu) -
ありがちな安価ラインのご紹介。

クレハのフロロマイスターを、大人買い。
とは言え、これだけ買って5500円ですけどね。



サンラインのベーシックFCよりも、少し柔らかめのラインです。

感度は若干落ちますが、飛距離が出てアキュラシーが高く、しなやかで扱いやすいラインというイメージが非常に強いです。


私は基本的にスピニングは8割以上が5ポンド。

クレハ(KUREHA) ライン フロロマイスター 320m 5lb
クレハ(KUREHA) (2012-07-21)
売り上げランキング: 4,641



安いラインだから少し太めにしています。何より安心。


より小さなルアーで超フィネスな釣りをする時はフロロ3ポンドですが、流石にこの細さになるともう少し信頼できるラインを使いたいので、激安フロロはオススメできません。

私はバウオ。

東レ(TORAY) ライン バウオ エクスレッド ボリュームアップタイプ 300m 3lb ナチュラル
東レインターナショナル(TORAY INTERNATIONAL)
売り上げランキング: 97,150



ヘヴィカバーでも5ポンドあれば小さなバスなら余裕で獲れますが、そう言うところはベイトの出番ですね。

とは言え激安フロロの5ポンドは4ポンド程度の強さと思っていた方が良いかもね。



ベイトフィネスには8ポンドが9割以上ですね。
稀に6ポンドを使うけど、それならスピニングを素直に使うべき。

クレハ(KUREHA) ライン フロロマイスター 320m 8lb
クレハ(KUREHA) (2012-07-21)
売り上げランキング: 2,380


これで多少は無茶できます。



ベイトは14ポンド中心で12と16を適所で使います。

クレハ(KUREHA) ライン フロロマイスター 320m 14lb
クレハ(KUREHA) (2012-07-21)
売り上げランキング: 2,306


14あれば大概獲れますが、ヘヴィカバーを1日撃つような釣りならば16ポンドまで上げるべきでしょうね。

クレハ(KUREHA) ライン フロロマイスター 240m 16lb
クレハ(KUREHA) (2012-07-21)
売り上げランキング: 1,615


但しこのコスパに優れたフロロマイスター。


16ポンドからは短くなります。

14ポンドまでは320mなのに16ポンドから240m。

20ポンドを使う時はしなやかなナイロンが好き。
マシンガンキャストしか使ったこと無いけどね。



糸馴染みが良く、クセは付きやすいが取れやすい。

感度良好でアキュラシーがかなり良い。

これからもコレしか使わないと思います。



この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
小さく軽いルアーをベイトで投げる
- 2017/06/14(Wed) -
わついにこんなんなってしまった。



1番最初に買ったのはダイワのリベルトピクシー。

この時点でどっぷり浸かった感じはありました。

カルカッタ51XTも買った。


ABU Ambassadeur 1500C や 2601C には、出て間もなかったアベイルさんのスプールを装着。

○川さんとは色々お話させていただきました。

アベイルさんは最初の頃には某メーカーもやっていたのですが、メーカーから指摘を受けて販売できなくなったんだよなぁ。

私はその前に買ったけど、リール自体がもう手元にないや。


その後、しばらくはタックルを買い換えず、15年以上使ったものが多数あります。

しかし昨年から徐々に入れ替えを開始し、つい先日に全てを入れ替えました。

いやぁ、ステラは値段が付くから驚きですよ。

1000番に関しては特にお高い価格で売却できました。

なお04ステラ4台で、10万以上にもなりました。


腐ってもステラ。



そんな中でベイトフィネスはかなり迷う展開となりました。

キャスト性能は段違いでT3AIRが有利。

ドノーマルの状態で1.2gのスプーンを投げることができるのはコイツだけ。

だけどアベイルさんのスプールを付けることにより、もしかしたら15アルデバランの方が上かもしれない。

なんたってスプール重量5.9gは軽過ぎでしょ。

それに加えてマグネットブレーキですよ。



スプールには軸とベアリングしか付いていません。

このブレーキシステムのおかげでスプールがかなり軽量なんですね。

ブレーキ調整も外部ダイヤルでできる。


後半の伸びは微妙かもですが、安心してフルキャストができるってのは大きいです。


週末に釣りに行けるかもなので、ちょっと試してきます。

これで15アルデバランが良ければT3Airとはサヨナラです。

なお画像には愛着があって売れない00カルコン51の姿も・・・

このリール、すげぇ釣ってるんですよ。バスもマスも。

渓流でネイティヴも釣りました。


ステラもかなり釣ったけど、機関はカルコン51の方が良い感じ。

と言うか、ベイトはメンテナンスが楽ですからね。

愛着がありすぎて売れないものが私にもあるんだよなぁ。

なお遠心ブレーキな15アルデバランを買うなら、今しかありませんよ。

中古が高いので、私は新品推奨。



今なら右ハンドルのノーマルギアであれば、28000円程度で買えますね。
この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
写真とカメラ・・
- 2017/06/14(Wed) -
なんとなーく疲れた感じのある撮影のお仕事。

やはりサラリーマンが仕事の合間にやるには無理があるのか・・

写真を撮影する時間は何とか作れるし、上の方も理解してくれている。

だけども帰宅後が大変。

プロではないから使えない写真が多く、削除に時間がかかる。

そしてある程度良い写真を選んだら、編集。


半年ほど前には楽しくできていたような気がするのだが、今となってはちょっと苦痛。


家族写真だとか趣味の写真は楽しくて仕方が無いんだけどね・・


平日、週2・3日で6~8時間の撮影なので、休日返上。

自分の仕事を終わらせなければなりませぬ。


運動会シーズンが終わったところで、気が抜けたのかな?


今年いっぱいでいったん、撮影の仕事を半分以下にしようと思います。
公立の小学校は半ボランティアなので断ったほうが良さそうですね。


撮影編集の仕事に疲れ、週末にカメラを触りたくなくなってしまいました。


5D4+70-700F2.8LIIとか見たくないくらい(笑)


そんな中で最近の週末は釣りと競馬でリフレッシュしています。

カメラは持って行かない・・iPhoneだけ。

コンデジ→ガラケー→一眼→スマホ→一眼→ミラーレス→一眼→スマホ。

20年前から私のカメラ人生をたどるとこんな感じですね。


静体で明るければスマホで十二分。

スマホはカメラに比べると性能は劣るけど、シャッターチャンスに強いですし。

今まで沢山持っていたカメラも整理しようと思います。

キヤノンは全て売却する方向でソニーとマイクロフォーサーズで頑張ります。

問題はフルサイズでの運動会だけど、α7RIIでもSS上げれば何とかなるでしょ?
高画素故の甘さなので、JPEGでサイズMに落としても良いかもしれないですね。

と言うか、まじでα7III早く来てほしいです。そこそこ動体に強くなっていれば即買い。
それでもダメならソニー売却。素直にキヤノンのAPS-C使いますよ。

さてさて、ニコンはどうなるかな?

D500非常に良かったので、技術はあるんですよ。

マーケティングが苦手なフジとくっついたところで、どうなることやら。
その辺が上手なソニーとくっついた方が良さそうなんだけどね~。

俺の言うことじゃないか・・

私は一眼レフから離れることになりそうだけど、2社とも頑張ってほしいものです。
この記事のURL | カメラ/写真 | CM(0) | ▲ top
-5 アルデバラン と Avail 軽量スプール と マグネットブレーキ
- 2017/06/13(Tue) -
久しぶりのアベイルさんのマグネットブレーキ。

アンバサダー1500C、00カルコン51 以来です。


それがシマノ 15 アルデバラン。



スプールはトラウト用のブランキングと普通のアルミの2種類を買っちまった・・・


Availマグネットブレーキの場合は、ブレーキユニットがボディ側に付くため、純正スプールの半分以下の重量に抑えられるので、マグ推奨ですね。

たった数グラムですが、スプールのこととなるとSVSの重さもバカになりません。

で、装着すると、こんな感じ。



もともとある外部ダイヤルからマグネットブレーキの調整がてきるので、まるで純正のように快適な操作性に驚きました。

ちょっと装着に手間はかかるけど、一度済ませば問題ないです。

そして水が汚い場所ではこちらのスプールを使います。



ブランキングスプールはベアリングがモロ出ているので、汚れそうなところでは使えないです。

いくら水が綺麗でも、砂埃が立ちやすいような場所では使用に気を遣います。


とりあえず釣行後は毎回、メンテナンスすべきですね。
脱脂と注油だけでいいと思います。


なので、トラウト専用とでもしない限り、スプールは2種類買うべき。

とにかく軽いルアーを投げたい方は、旧型アルデバランがまだ売っているので、とりあえず入手しましょう。

個人的には右ハンドル推奨。




安いだけでなく、キャストは右腕、釣るのは左腕で翌日の筋肉痛が非常に楽。

それと右ハンドルの方がバランスが良いため遠投しやすいしフリッピングはむしろ右ハンドルでないと出来ない。

あくまで右利きの話。

左利きの方は左右を入れ替えてくださいな。


ベイトリール使うなら両腕で使いこなしたいものです。

最終的には利き腕でない方でキャストできるようにしましょう。



これで勝てる!
この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
シマノ 安物 バスロッド ゾディアス 172H/172MH が凄く良い
- 2017/06/13(Tue) -
ゾディアスどこかで触れないかな~なんて思っていたらキャスティングがあったので立ち寄り。

入ったことのない店舗でしたが・・当然シマノなんてありません。

キャスティングはダイワ系列でっす♪

並びに上州屋があったので移動。



あるあるゾディアス。それもたくさん。

かなりの量が置いてあるからこれは売れているんだろうね。


ちょっと持った感じだと、1万円の竿とは思えないですよね。

なんせロッドは今年に入っての購入がほとんど。
それまでは昨年にスティーズ2本買っただけです。

それ以外はカリスマスティックだのエッジだのを使っていたんですよ。
なおパームスのEDGE PRIDEは今でも通用すると思うんだ・・

カリスマだのコンバットスティックだの98デストロイヤーと比べると、むしろ良い気がする。

20年前の3~5万円竿と比べると、現在の1.2蔓延の竿の方が良いですね。


現在のお高い竿と比べると安物特有の怪しげな重さと変なバランスを感じちゃいますけど。


それでも最低限以上の性能は確保できているから安心して使える。

キャスト時の振り抜けは非常に良く、キャスト後のバタつきが発生しない。
スティーズやワールドシャウラのような感度はないけど、十分にバイトを伝えてくれる。

1万円ちょっとなのに安心して使えるのだから驚きです。

でも竿袋はあまりにも酷すぎ・・ヘラの和風な竿袋の方がカッコいいよ。



とりあえず7.2ftのMHとHとMH-Gを触りまくりましたが、どれも良い感じ。


凄く迷ったんだけどミディアムヘヴィを買いました。

フロロの16lbで3/8~1/2のラバージグの不リッピングとウェッピング用。
あとはテキサシ、小さめのスイムベイトとかヘビキャロとかかね?

ヘヴィより汎用性が高いMH。

1万チョイなら折れても泣かないで済むのも良いですね。

何も考えずに買ってしまったけど、2pc.にすればよかった・・と後悔。
7ft超えると載せられない車が出てくるかも・・
この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
15 アルデバラン 改造するぞ~
- 2017/06/12(Mon) -
中古傷ありが安く買えたのでベースとして使用します。



アベイルさんで軽量スプールとマグネットブレーキ手配済みです。

スプールは2種類買っちまったぜ。

これでチップミノー4cmシンキングが飛べば、はたまた1.5gのスプーンが快適に投げられれば、ゲーリー4インチグラブがスキッピングできれば、T3Air 不要になる。

このアルデバランはアベイルさんのマグネットブレーキを取り付けても、外部からブレーキ調整できる優れもの。

長年愛用してきた、カルコン51を売る目処が付いた。


どこまで楽しめるか、ワクワクが止まりません。
この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
25000円で揃えるバスタックル(ベイト)
- 2017/06/12(Mon) -
アンタレスだのカルコンだのスティーズだの行き過ぎた感のあるバス用ベイトリール。

何もそこまで高価なリールを使う必要はありません。


基本的に12-16lb.を多用するのがバスフィッシングでのベイトタックル。
ドラグ性能なんて、そこそこで十分であって、無駄に高性能なものは不必要。

正直なところ上限でメタニウムやジリオンでいいんじゃないかと思います。
カルコンやアンタレス、スティーズなんかはもう変な趣味の領域ですよ。
道具オタクと言っても過言ではありません。私のようにね・・・

そんな中で安いベイトキャスティングリールに注目しました。

まぁまぁ飛んで剛性感もそこそこ、ドラグもまずまず・・聞こえは悪いけど(苦笑)


ダイワはタトゥーラ、シマノはクロナーク。この2機種が結構イイ線いっています。

どちらが良いかは好みの問題です。

マグネットブレーキが好きならダイワ、遠心が好きならシマノ。

オーバーヘッドでの飛距離ならタトゥーラ優勢かも。ピッチングは断トツでカシータス圧勝。

ドラグ性能はシマノの方が良いですね。


どっち買おうかな~ってさんざん悩みましたが、カシータスMGLを買いました。

シマノ リール 16 カシータスMGL 100 右
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 59,253




なんでかって言ったら、リールはシマノ派だから・・いやいや。

安くて用と言う評判が多かったのでクロナークをチョイス。
「安い」という理由から、なんも考えずに買いました。



タトゥーラの SV TW もかなりよさそうなので、皆さんはよく考えて購入下さい。

ダイワ(Daiwa) ベイトリール タトゥーラ SV TW 6.3L
ダイワ(Daiwa)
売り上げランキング: 5,617


なお、どちらもプラボディで結構安っぽいので要注意。
塗装の質感はダイワの方が上だけど、気泡みたいなのが多いんだよね。
ダイワの塗装、どうにかならんのか・・スティーズですら酷いもんです。

週末にちょこっとバスがほとんどいない芝川で投げてきましたが、非常に良好。
飛距離文句無し、キャストフィール及第点、巻き心地及第点、ピッチング&スキッピング大満足。

これで15kなら買いだよ、間違いなく。


なお 17 スコーピオン が買えるのなら、素直に買った方が良いです。
22000円のリールでは一番良い。ジリオンがちょと高いですし。
ただもうちょっと待てば、もう少し安くなると予想。


お次はロッド。


一本だけ買ってみたゾディアス。


これがマジで結構良い。


高価なポイズングロリアスやワールドシャウラと比べると先重り感が若干ある。
全体的な重量を若干だけど感じるのは、バランスのせいかもしれない。

買ったのは172MH。あまり使わない長いミディアムヘヴィアクションを選択。
ウェッピングなどでかなり酷使するから高い竿を使いたくないと言う理由も・・
ガンガン突っ込んでガンガンぶっこ抜いて折れても泣かない価格がナイス!

フリッピングもできる長さなので、結構出番が多い竿かもしれません。


勿論、皆さんにはこんなハードなロッドはお勧めしません。

とりあえずの一本なら間違いなく1610Mですね!!

シマノ ロッド ゾディアス VERSATILE 610 SERIES 1610M
SHIMANO(シマノ) (2015-05-26)
売り上げランキング: 48,682


これさえあれば7g-20gの幅広いウェイトのルアーを投げることができます。

13000円の竿なのにキャスト時の振り抜け感は非常に良好で「きっもちええええ~」ってなる。

感度は「ビンビンのギンギン」ではないけど、ほとんどのものが分かりますね。

そこに何があるか大体掴めるので、十分じゃないかと思います。


これが1万円台前半で買えてしまうのが恐ろしい。

私が今、小中学生なら全てゾディアスで揃えるでしょう。


釣った感じは釣っていないからわからず・・無念。サイタマは釣りにくいっす・・

目を瞑ってキャストして巻いたら、計3万円弱のタックルとは思えないでしょう。

この性能で1万円台前半と言うのが信じられません。

カシータス+ゾディアス、超オススメです。
この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
バスタックル:シマノ エクスプライド 164L-BFS
- 2017/06/12(Mon) -
釣りに再度目覚め、一昨年からスティーズやらポイズンに入れ替えをしてきました。


PEを使うことがあるのでスピニングは基本、中高級ロッドですね。
ただし一部にKガイド搭載のエクスプライドなどがあるようです。

バス釣りの場合はルアーやリグが無数にあり、アノるあーにはコノ竿で・・となるけど、全てを揃えるにはお金がかかりすぎます。

軽量ライトリグ&ノーシンカーだとかラバージグとかバーサタイルロッドはよく使うので、それなりのものを使います。
出番の多い竿はそれなりの竿を使い、あまり出番のないもの用には安価なものを使ってみようと思いました。


とりあえず3本買ってみた・・3本で5万もしたけどね・・


まず最初に買った安めの竿はコレ。

シマノ エクスプライド 164L-BFS
シマノ 17 エクスプライド 164L-BFS
シマノ
売り上げランキング: 29,591


シマノのエクスプライドは2万円程度なので安価な竿じゃない!と言われるかも知れない。
ベイトフィネススペシャルの6.4ft。持った感じ、アルデバラン/スコーピオンBFS専用と言う印象。
メタニウムなどの重いリールだとバランスが悪くなるかもしれないですね。

竿自体は結構張りがあり、トータル3g未満の超軽量ルアーを投げるのは難しそう。
3gを投げたいのなら、もう少しお金をかけてT3Air+LightningIIにすべきかと思います。
1/16ジグヘッド+ゲーリー4”グラブくらいまでかな。反面、1/4オンスクラスは余裕。

4-8g程度のルアーに向いていると思います。

ファーストテーパーなのでスモラバとかライトリグが一番得意なロッドだと思います。
しかしベリーもしなやかなのでクランクなどの巻き物も使えるので、汎用性は高いですね。

管理釣り場でのスプーニングは無理。投げられて掛かってもバレるだろうなぁ。

これに15アルデバラン(1つ前のモデル)にAvailの超軽量スプール付ければ行けるかな?
16のマグがあまり好きになれないので、カルコン51引っ張り出すのも手か?

いずれにしても張りが強いので、あくまでコレは車載専用。

軽量プラグ専用と言う意味では スティーズ ライトニングII の5割劣化。
ライトリグ専用と言う意味では スティーズ スカイレイ の3割劣化。

劣化劣化書いているけど、価格が7割安いことを忘れてはならない。

性能が3割ダウンでも価格が6割も安いので、十二分に満足が行くと思います。

スティーズやワールドシャウラにま敵わないけど、実用としては十二分。

タックルオブザイヤーを獲得しただけのことはありますね。


ダイワのブラックレーベルも良い竿なので、どちらかを迷われている方はよく考えて買いましょう。

私は一本だけ、中古のブラックレーベルがありますね~。

ブラックレーベルプラス661MRB-G・・6.6ftかつミディアムなグラスはコレしかないので・・
フローターをやるから7ftは流石に無理。7ftはオカッパリ&ボート用のMHが一本あればいい。

グラスロッドも出番が多くないので、中古屋で2万円で買った記憶があります。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
シマノのコスパが高いスピニングリール
- 2017/06/11(Sun) -
シマノって最近、中級クラスのスピニングリールが良く無いですね。

ネットのレビュー通りでハンドルを回すと何かに当たってカサカサと音がします。

中でもストラディックが酷い。

ちょっと前で言うバイオマスターですが、このクラスは一番の売れ線だと思うけどねぇ。


プラ多用で強度もないから、どんどん酷くなるだろう。


ストラディックだけでなく、ステラですらハズレを引くと酷いことになる。

逆にアルテグラはほとんどの個体で問題がない印象。

重いリールの方が色々と安定しているのかも。



色んな釣具屋でハンドル回した感想でした。


ストラディックやらヴァンキッシュ、ステラをネットで買うのは危険。

アマゾンなら個体不良で交換してくれるかもね。






この記事のURL | PS4/XBOX ONE/PS3/XBOX360 | CM(0) | ▲ top
敢えて今 エクスプライド を買ってみた
- 2017/06/09(Fri) -
スティーズだのワールドシャウラだのポイズングロリアスだの・・

ちょっと行き過ぎた感があったと思う、私の最近のお買い物。

所詮はバス釣りなので無駄な繊細さや過剰な感度は不要と思われます。

それは今も昔も替わっていません。


最近のタックルを触って思ったことは、ハイエンドロッドは頭打ちかな?と。

ここ10年間はあまり変わっていないように思えます。

ブランクを薄くして絞り、ガイドを調整し、グリップ廻りで何かしらの工夫。

唯一、替わったのは重量かな?


軽くなったことにより、感度が上がったんじゃないかなと。

それと長くなった。20年前は6ftが基本だったけど、現在は6.6ftが基本。
5.6ftなんて言うロッドはほとんど存在しなくなってしまいました。


ここ10年でのバスロッドの進化は、軽くなって感度が上がり、短くなった。

たったこれだけ。


トラウトのエリアロッドも初代プレッソSVFと現行で、思ったほどの向上を感じない。


そんな中で注目すべきはエントリー~ミドルクラスのロッドの進化。

これが非常にものすごく感じています。


エントリーはシマノのゾディアスにダイワのクロノス。

ミドルクラスはシマノがエクスプライド、ダイワはブラックレーベル。


エクスプライドの番手は忘れたけど、量販店で何となく触った時の第一印象が「高そう・・」でした。
作りはイマイチに感じたけど、握って軽く振った感触は、到底2万円の竿とは思えませんでした。

シマノの最高峰と言えば別格でワールドシャウラ。

次点でポイズンアルティマ、次にポイズングロリアス、更にはバンタム。


エクスプライドはポイズンアドレナ/バンタムよりも下のクラス。

実売価格は2万円前後のミドルクラスですね。


より安いロッドはゾディアス・・・こちらもかなり良さそう。


行き過ぎた感じのあるバスタックルをちょっと整理したいという思いがあります。

あまり使わない竿はエクスプライドで良いのかな?と。

よく使う竿やPEを使う竿、カバー用は信頼できるものを使いたい。


流石にPE用のスピニング(ワールドシャウラ)は買いロッドに置換えられないですね。
ヘヴィカバー用でナイロン20lb.のロッドもワールドシャウラ。他は考えられない。

逆に感度はそこそこで良い竿、またはあまり使わない竿、巻き物ロッドは置換え可能。

フロロ用のスピニングはエクスプライド/ゾディアスで行けそうな予感。
ベイトのバーサタイルも案外出番が少ないので置換えられそう。
巻物用はグラスだから変わらないはず。むしろゾディアスに行くべき。
ビッグベイトは滅多に使わないからゾディアスで十二分だと思うの。


で、ベイトとスピニングを一本ずつ買っちゃいました。

ベイトは164UL-BFS、スピニングは265UL+でございます。


164UL-BFSはその名の通りベイトフィネス用。スモールプラグからライトリグ全般用。

265ULはやや張りのあるウルトラライト。主にフロロでライトリグ全般に使うことになります。

まだポチっただけですが・・明日届くのでライバルロッド?と比べてみますね。



車に乗せっぱなしにもできるし、多少ムチャができるのが良いです。

高いタックルが好きな人でもサブタックルとしては最適ですし、性能に関しては十二分でしょう。

するにはうってつけなのがゾディアス/エクスプライド。


今回は妻と子供用に購入。リールは13イージスがあるのでそれで。

妻用のベイトは多分、DCじゃないとバックラの嵐かもね・・
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
どうしたことか?シマノのスピニングリール
- 2017/06/08(Thu) -
カミさん&娘用に買ったのがストラディックC4+のC2000。

バスにはF4lb.トラウトではスプーンにN3lb.、ミノーにN4lb.と万能。

自分でもメバルやカサゴ狙いで使おうかと思い、価格と性能のバランスで購入しました。



しかし最近多いのがハンドルを回したときに微かに何かに当たる・・かする感じ。


これね、昨年に購入したステラも同じでした。


ネット上でも多いですね。ハンドル回すとシャリシャリと音がする個体。

実店舗で回して買わないといけないですね、最近のシマノは。

品質管理が低下しているように感じてなりません。


ヴァンキッシュ以下の軽量スピニングリールはダイワの方が良いのかな?


あんまり軽量化に拘らなくていいのにね。

軽量化、精密巻きの廃止・・もろダイワじゃないですか・・

いくら金属の価格が高騰したとはいえ、樹脂の精度が余りにも酷すぎます。


品質のシマノ。

いったいどうした?

ストラディックだって決して安いリールではないと思うぞ。

メーカーに出しても範囲内でそのまま戻ってくるみたいだし。


ベイトリールはシマノ、スピニングはステラ以外であればダイワ。

シマノのスピニングリールは非常に残念。


そういえば触ったことが無いツインパワーはどうなんだろう?
ステラのBB少ない版だから、もしかしたら大丈夫かも?

怖くて手が出せないので、今回も返品して手堅くルビアスにします。


なんかさぁ・・カメラで言うニコンみたいな気がして残念。

アルテグラは比較的重いリールのせいか、大丈夫っぽいですね。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
ベイトリール&ロッド : ダイワか? シマノか?
- 2017/06/07(Wed) -
私自身が所有しているのはダイワとシマノが入り組んでいます。


昨年のバス釣り復帰でタックル入替をしてきました。

リールはシマノが相変わらず多いですね。

ダイワはマグネットブレーキ、シマノは遠心ブレーキ(一部を除く)。
シマノはDCブレーキがあるし、アルデバラン・カルコンBFSはマグブレーキ。

ダイワは頑なにマグブレーキを貫き、先日買ったスティーズSV TW には感動しました。
立ち上がりが非常に速く後半の伸びも感じる。昔は初速も後半もダメだったのにね。
貫いたことによって進化し、昔は苦手だったワイワが今は凄く好きになってしまいました。

それでもシマノが多いのはなぜか?

それは巻いた時の安心感と剛性感。カルカッタXTや初代アンタレス、赤メタ・・非常に堅牢です。
飛距離以外だったら今でも十二分に戦えると思えてしまうくらい品質が高いんです。
週二日釣りに行き、朝から晩まで5年以上使いましたが、ギアに遊びが全く感じない。
ドラグも使わない時に緩めておきさえすれば、20年経っても全く問題ないんです。

その安心感と信頼性の高さはダイワには無いですね。

20年前のTD-S/TD-X/TD-Zは持ちが悪かったです。2年も使うと遊びだらけ。
その後はボディもギアも樹脂製になって、よりひ弱な感じになって別れを告げました。
リールはベイトだけでなくスピニングもヘナヘナだったと記憶しております。

それ以来、リールはシマノ派。


今のシマノが良いところはブレーキの種類が多いこと。
DCとSVS、ベイトフィネス機のマグと3種のブレーキシステムを適材適所。

ですが残念なことにシマノも軽量化の影響か巻き心地は悪くなってしまいましたね。
赤メタ、銀メタ・・ここまでは非常に良かったんだけど、メタマグからちょっと怪しかったよね。

精密巻きも辞めてしまったしね・・結局、ダイワのクロスラップ採用wwwと、馬鹿にしています。

それでも新型メタニウムで巻き返した感じがあります。


ベイトフィネス機に S アルデバランBFS & D T3 AIR
バーサタイル機に S メタニウムDC & D STEEZ SV TW
ヘヴィカバー用には S カルカッタコンクエスト201
飛距離優先オカッパリ用に S アンタレス DC

シマノ4機、ダイワ3機。


軽いルアーに強いのはダイワ。

ロッドの表記以下の重さのルアーを投げるならダイワですね。

向かい風にはダイワかシマノDC。

遠心ブレーキだとカスミの強い向かい風では太刀打ちできず、サミングが必要。
DCやマグはサミングレスで安心して向かい風に向かってフルキャストできます。

短距離ピッチング&無風~追い風にはシマノSVS。

回転速度が上がらない=ブレーキがあまり効かない=低弾道で飛距離が出る。
SVSでのピッチングは本当に気持ちが良く、水面をスキップさせるのも簡単。
これがSVSの真骨頂なのでは?と思ってしまう程です。


DCは万能なイメージがあるかもしれませんが、ピッチングはしづらいですね。
アシ撃ちと決まっているエリアなら持ち込むことはないですね。


マグネットブレーキまとめ。

・推奨以下の軽いルアーも楽に投げられる。
・向かい風にも強い。
・無風時の飛距離はSVSと変わらず、よく飛ぶ。
・序盤でラインが膨らむが制御してくれる。
・後半の伸びがイマイチと思うことがたまにある。
・ピッチングは若干、浮く感じがする。

遠心ブレーキまとめ。

・向かい風だと非常に気を遣うorバックラッシュする。
・ピッチングは非常にやりやすい。
・セッティングが決まるとマグよりも飛距離が出る。
・適当に投げるとバックラッシュする。


DCまとめ。

・向かい風でも追い風でも楽に飛距離が出せる。
・軽いルアーのキャストにはあまり向かない。
・ピッチングは若干、浮く。マグよりも浮く印象。
・設定が非常に楽。あるいは設定要らず。
・マグより高額で個人的にはコスパが悪い印象。


結論。

ダイワとシマノをバランスよく持つのが最適ですね。


ロッドは個人的に5本くらい欲しいところ。

1.ベイトフィネス
2.10gまでのライトプラッギング用
3.バーサタイル(6.6ft以下でミディアム)
4.バーサタイル(6.6ft以上でちょいへヴィ)
5.ナイロン20lb.のヘヴィカバー撃ち専用

入れ替えてみての結果はダイワ3本、シマノ2本でした。
柔らかめの竿がダイワ、固めの竿がシマノって感じかな。

ダイワのロッドはガイドが多すぎて飛距離が出にくい印象を少しだけ感じます。
もう1個少ない方が良いんじゃない?って思ってしまうことがあるんですよね。
ポイズンアドレナ1610MにスティーズSV TW1012付けると、すげぇ飛ぶんですね。
逆にスティーズのベイトロッド、ウェアウルフだとキャスト時に抵抗を感じてしまう。

ウェアウルフはSV=感度優先なので仕方のないことなのでしょうけど、なんだかなぁ。

ダイワは昔から「この竿はコレに使ってね!」って言うラインナップです。
シマノは真逆でルアーの指定はあまりしていないケースが多いです。
※ジャッカルとのコラボ、ポイズンシリーズは除く。

大分前から基ちゃん(村田基氏)は、ルアーの押しつけは全くしないんです。
XTの1581Fがあれば何時でも何処でも何にでも使えると言っていました。
1581Fで足りないことが出たら買い増せばいい。この考えが大好きだなぁ。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
バス釣り : これからはじめる初心者にお勧めのタックル
- 2017/06/07(Wed) -
もうね、近年の釣り具はどれも良くできていて驚きですよ。

私は小学生のころからブラックバスやニジマスをルアーで釣ってきました。
当時はあまりにも高くてカーボンのロッドが買えず、グラスで辛抱。

そのグラスですら10000円・・今の価値だと20000円程度ではないでしょうか?
リールもバンタム100とかSS-15とか10000円くらいだったかな?

で、ルアーも揃えなきゃいけないんだから小学生にはちょっと辛い趣味ですよね。
プラグはピーナッツとバルサミノー、コネリー、バスハンター・・全部ダイワで1個800円くらい。

ワームは種類が非常に少なかったですね。スライダーやジェリーワームばかりでした。
リグなんてテキサスしかなかったよ・・ワームが軽くて浮くわラインは弱くてすぐ切れる。

ラインなんてストレーンくらいしか無かったような気がします。

近所の釣具屋さんと15km離れた上州屋くらいしかルアー用品を買うお店が無かった。


ABUのアンバサダーが5万円程度で、ショーケースに飾ってあったのを鮮明に覚えています。



雲泥の差ですよ、今のタックルは。

安いタックルでも十二分に釣りになります。


だけど必要以上にケチってはいけません。


リールは一流メーカーのものを選ぶべきです。


ベイトリールはシマノのバスワンがかなりオススメ。

15年前の中級機程度の性能を持っており、飛距離だけでなくドラグ性能もなかなか。

SHIMANO(シマノ) リール 17 バスワンXT 150 RIGHT
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 1,658


右利きの人は最初、右ハンドルで始めた方が良いです。

適材適所で左があると便利ですが、キャスト時の不利抜けとかが良い。
キャストアビリティにも優れているので右ハンドル推奨ですね。

右だけで行けるなら、それがベスト。


お次はスピニング。

スピニングはトラブルが少なく、ドラグ性能が良いものを選びたいところです。

もちろん高額なものはそれなりに良いのですが、コスパを考えるとアルテグラ。

SHIMANO(シマノ) リール 17 アルテグラ 2500S
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 15,826


ちょっと前までは7000円のリールだったんだけどね・・高くなってしまいました。
私が触った感じでは、ちょっと前のバイオマスタークラスに匹敵すると思いました。
価格が上がったのではなく、ランクが上がったのかな?と思います。

スピニングは少し奮発した方が良いと思います。


ロッドは基本的にはゾディアスがおすすめですが、ちょっとお高いかなぁ?
ネジレに強く、キャスト後にぶれないので非常にキャストがしやすい竿です。

シマノ ロッド ゾディアス TECHNICAL 66 SERIES 166M
SHIMANO(シマノ) (2015-03-17)
売り上げランキング: 119,896


岸からでも船からでも扱いやすい6.6ftが最初の一本にお勧め。
硬さも融通が利くミディアム。どんなルアーも無難にこなせます。
バーサタイルロッド(万能竿)なので永く使えると思います。


スピニングロッドも一番お勧めなのはゾディアス64UL。
ライトアクションの方が一般的ですが、小さくて軽いワームで一本獲るならULです。

シマノ ロッド ゾディアス 264UL-2
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 102,620


264UL-Sはソリッドティップ(竿先が無垢)で食わせの釣りには良いけど感度は劣ります。
最初の一本ならチューブラー(中空)にすべきかと思います。

もっと安いのが良いならバスワン系ですが、2ピースなんだよね・・


ベイトの6.6ftのミディアムアクションなのでいつでもどこでも何にでも使えます。

シマノ ロッド バスワンR ベイト 166M-2
SHIMANO(シマノ) (2011-09-20)
売り上げランキング: 8,227


バスワンにはULが無いんだね・・スピニングは6.4ftのライトアクションで。

シマノ ロッド バスワンR スピニング 266L-2
SHIMANO(シマノ) (2011-09-20)
売り上げランキング: 104,206





なんでシマノを推奨するかと言うと強度があるから。

ダイワに比べると若干重いし太いけど、値段や感度や飛距離は変わらない。

少しでも頑丈で永く使えるものをと思い、今回はシマノを推奨しました。
ダイワも良いけど軽くて細いので、まず一本ならば私はシマノをお勧めします。

その一本を使い込み、何かが足りないと思い始めたら、増やせばいいんです。



そして私はあえて1ピースを推奨します。

車に載せられるなら1ピース推奨です。2ピースは折れる可能性が高いので。
安価なモデルは粗雑なつくりのものがあるんですよね。
その粗雑な部分がたまたま、つなぎの部分になっていたら折れる可能性があります。

それとつなぎの部分は固くなっていて、負荷が強くかかるとつなぎの前後にそれ以上の負荷がかかる。
なお堅牢を売りにしたロッド、例えばワールドシャウラなだば全く問題ないですけどね。


使い方が手荒だと1ピースでも折れます。その多くが不注意で折るんですね。

地べたにロッドを横に置いて踏まれたり、車に積む時にドアに挟んだりね。
注意すべきことを忘れてしまうと、いとも簡単に折れてしまいますね。

あとは無理をしたキャスト。竿先に糸が絡んでいるのにキャストすると折れます。
フルキャスト時に上の枝に当たったり、キャスト後に竿先が地面に強く当たったり・・


Youtubeでよーくキャストを研究してから釣りに行くことをお勧めします。
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ