2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
久しぶりのマイクロフォーサーズ レンズ追加
- 2017/05/09(Tue) -
パナソニック LEICA DG VARIO ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0

結局、買ってしまった。


もともとは12-35mm のF2.8通しを暫く使っていて、これで十分と思っていたのですが、唯一の難点が逆光に非常に弱いこと。

それとやはり、焦点距離がもう少しあればと思うことも多々あったため入れ替えです。

12-60mm はF3.5-5.6も持っていたため、二本を売却することで、出費をかなり抑えることができました。

ついでにあまり使わない標準電動ズーム14-42mmも売却し、防湿庫内も少し余裕ができました。

45-175mm F3.5-5.6 や 35-100mm F2.8 旧型は手元に残します。どちらも動画撮影のメインレンズですが、あまり暗いところでは撮らないのでF2.8は手放してもいいかな~? とか、思ったり思わなかったり。

14-140mm もあるから両方とも売っぱらうのも手ですかね。

パナソニックもオリンパスも標準ズームレンズが非常によろしい!

パナソニックでは上に挙げた14-42電動、12-35mm F2.8、12-60mm F3.5-5.6、12-60mm F2.8-4.0に加えて12-32mm F3.5-5.6 と言う超小型標準ズームも凄く良いし、オリンパスも標準電動ズームから12-40PRO、PROでも電動でもない標準ズームもかなり良い。

センサーサイズが大きくないし画素数も無理がないから、良いレンズが作りやすいのかな?

マイクロフォーサーズはセンサーが小さい分、レンズてカバーしてくれるようなレンズが多く、そしてそれらのレンズが安価で1番高くても10万円で買えてしまうのが嬉しいところですね。


F2.8より明るければフルサイズにヒケを取らない場面が多いですしね。


ソニーさんも見習って欲しいですわ。

安価で解像感があって小型軽量で無理のない設計の標準ズームレンズが無いソニーEマウント。

フルサイズはGMレンズで超重量級な上に20万円。
APS-Cはサイズや重量は仕方ないとしても7万円のツァイス16-70mm F4.0 または重くて大きい18-105mm G電動ズームを使わないとボディ性能を発揮できない。

そろそろSELP1850 とか SEL2870もはいくらなんでも、そろそろテコ入れが必要ですよ。

この二本がクソ過ぎる。ボディの性能を半分くらいしか発揮してくれません。

軽くて小さいのは私的にかなりのプラスだけど、この二本は絶対に使わないですね。この二本を使うくらいならRX100M3 の方が満足のいく写真が撮れるもん。

安価で軽量となると、利益追求のソニーは作らないだろうからタムロンに委託して作ってもらうと間違い無いんじゃないかな?

ソニーが作ったら悪化しそうだ。

スポンサーサイト
この記事のURL | カメラ(オリンパス・パナソニック) | CM(0) | ▲ top
<<タムロン A09 28-75mm F2.8 と EOS 5D Mark IV | メイン | EF 24-70mm F2.8L II USM は良いレンズなのか?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |