2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
驚愕のレンズ パナソニック LEICA DG VARIO ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0
- 2017/05/12(Fri) -
こ、こ・・このレンズ凄く良いです。

マイクロフォーサーズはオリンパスの12-100mmF4 PRO IS以来で、このレンズもかなり良い印象でしたが比較にならないくらいの画質です。

12mm 近接撮影、拡大でコレ。



60mm近接、拡大でコレ。




マイクロフォーサーズの便利ズームレンズで、こんくらい撮れてしまうって凄くないですか?

普通のパパママなら、これさえあれば困らない感じ。

と言うか良く映りすぎ!




5DMark IVに廉価な非Lレンズを使うより良く映るくらいの下剋上レンズ。


もちろんISO感度は1600以下が前提ですが、最近のパナソニックのボディ内手ぶれ補正はかなり強力なので、かなりシャッタースピードを落とせるので、よっぽどの暗さで無い限り手持ちのスローシャッターで撮影できてしまいます。

流石にその状況で動く被写体は無理ですけどね。


高い質感としっとりとした操作性。
超高解像で色が深く、ボケが綺麗。
オートフォーカスも速くて精度も高い。
AF-Cでの追従もボディに付いていける。
質感が高く傷に強い塗装面。
外れない&ロックできるレンズフード。

言うことナッシング。

GX7MK2やGX8、G8、GH4/GH5ユーザーなら、むしろ買うべきレンズ。




何処のお店も品切れが続いているようなので、アマゾンが速いかもしれませんね。


今までかたくなに12-35/35-100と言うF2.8で通してきました。
確かにF2.8通しのズームレンズは便利だし映りもなかなか。

このレンズのF2.8-4.0は、ちょっと焦点距離を伸ばしただけでF値が上がる。
望遠側のF4.0だと撮りにくい場面があるので、検討すらしていませんでした。

ところがどっこい。各種レビューを見たら、どこも評判が高いのなんのって・・驚きました。

たまたま在庫のあるお店がったので購入したところ、驚愕の映り。

即座にVARIO G X 12-35mm F2.8 売却。

これは買い替え/置換えと言うよりも、完全にグレードアップ。
どうしようか迷われている方は、買った方が良いと思います。




パナソニックのLUMIX G8はG7の後継機で比較的廉価なボディですが、バランスが凄く良いです。
金属部の多いG8はMFTにしては若干重いけど、装着レンズの融通性は非常に高いから助かります。
小さい20mmF1.7単焦点から100-400まで快適に問題なく撮影できる。

GH5よりもG8やGX8の方がバランスは良いですね。

GH5はボディが重すぎて100-400くらいしか、バランスが良いとは思いません。
逆に言うとボディが重すぎるので、何つけても大丈夫ともいえます。

もちろん同時期に発売されたのだからGH5の方が、このレンズの性能をフルに発揮できる。
AFは精度はわからないけどG8より速いし、センサーも優れているからね。


私は GX8MK2?だか GX9?まで更新しないつもり。
スポンサーサイト
この記事のURL | カメラ(オリンパス・パナソニック) | CM(0) | ▲ top
<<運動会に最適な一眼レフカメラ | メイン | タムロン A09 28-75mm F2.8 と EOS 5D Mark IV>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |