2018 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バス釣り : これからはじめる初心者にお勧めのタックル
- 2017/06/07(Wed) -
もうね、近年の釣り具はどれも良くできていて驚きですよ。

私は小学生のころからブラックバスやニジマスをルアーで釣ってきました。
当時はあまりにも高くてカーボンのロッドが買えず、グラスで辛抱。

そのグラスですら10000円・・今の価値だと20000円程度ではないでしょうか?
リールもバンタム100とかSS-15とか10000円くらいだったかな?

で、ルアーも揃えなきゃいけないんだから小学生にはちょっと辛い趣味ですよね。
プラグはピーナッツとバルサミノー、コネリー、バスハンター・・全部ダイワで1個800円くらい。

ワームは種類が非常に少なかったですね。スライダーやジェリーワームばかりでした。
リグなんてテキサスしかなかったよ・・ワームが軽くて浮くわラインは弱くてすぐ切れる。

ラインなんてストレーンくらいしか無かったような気がします。

近所の釣具屋さんと15km離れた上州屋くらいしかルアー用品を買うお店が無かった。


ABUのアンバサダーが5万円程度で、ショーケースに飾ってあったのを鮮明に覚えています。



雲泥の差ですよ、今のタックルは。

安いタックルでも十二分に釣りになります。


だけど必要以上にケチってはいけません。


リールは一流メーカーのものを選ぶべきです。


ベイトリールはシマノのバスワンがかなりオススメ。

15年前の中級機程度の性能を持っており、飛距離だけでなくドラグ性能もなかなか。

SHIMANO(シマノ) リール 17 バスワンXT 150 RIGHT
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 1,658


右利きの人は最初、右ハンドルで始めた方が良いです。

適材適所で左があると便利ですが、キャスト時の不利抜けとかが良い。
キャストアビリティにも優れているので右ハンドル推奨ですね。

右だけで行けるなら、それがベスト。


お次はスピニング。

スピニングはトラブルが少なく、ドラグ性能が良いものを選びたいところです。

もちろん高額なものはそれなりに良いのですが、コスパを考えるとアルテグラ。

SHIMANO(シマノ) リール 17 アルテグラ 2500S
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 15,826


ちょっと前までは7000円のリールだったんだけどね・・高くなってしまいました。
私が触った感じでは、ちょっと前のバイオマスタークラスに匹敵すると思いました。
価格が上がったのではなく、ランクが上がったのかな?と思います。

スピニングは少し奮発した方が良いと思います。


ロッドは基本的にはゾディアスがおすすめですが、ちょっとお高いかなぁ?
ネジレに強く、キャスト後にぶれないので非常にキャストがしやすい竿です。

シマノ ロッド ゾディアス TECHNICAL 66 SERIES 166M
SHIMANO(シマノ) (2015-03-17)
売り上げランキング: 119,896


岸からでも船からでも扱いやすい6.6ftが最初の一本にお勧め。
硬さも融通が利くミディアム。どんなルアーも無難にこなせます。
バーサタイルロッド(万能竿)なので永く使えると思います。


スピニングロッドも一番お勧めなのはゾディアス64UL。
ライトアクションの方が一般的ですが、小さくて軽いワームで一本獲るならULです。

シマノ ロッド ゾディアス 264UL-2
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 102,620


264UL-Sはソリッドティップ(竿先が無垢)で食わせの釣りには良いけど感度は劣ります。
最初の一本ならチューブラー(中空)にすべきかと思います。

もっと安いのが良いならバスワン系ですが、2ピースなんだよね・・


ベイトの6.6ftのミディアムアクションなのでいつでもどこでも何にでも使えます。

シマノ ロッド バスワンR ベイト 166M-2
SHIMANO(シマノ) (2011-09-20)
売り上げランキング: 8,227


バスワンにはULが無いんだね・・スピニングは6.4ftのライトアクションで。

シマノ ロッド バスワンR スピニング 266L-2
SHIMANO(シマノ) (2011-09-20)
売り上げランキング: 104,206





なんでシマノを推奨するかと言うと強度があるから。

ダイワに比べると若干重いし太いけど、値段や感度や飛距離は変わらない。

少しでも頑丈で永く使えるものをと思い、今回はシマノを推奨しました。
ダイワも良いけど軽くて細いので、まず一本ならば私はシマノをお勧めします。

その一本を使い込み、何かが足りないと思い始めたら、増やせばいいんです。



そして私はあえて1ピースを推奨します。

車に載せられるなら1ピース推奨です。2ピースは折れる可能性が高いので。
安価なモデルは粗雑なつくりのものがあるんですよね。
その粗雑な部分がたまたま、つなぎの部分になっていたら折れる可能性があります。

それとつなぎの部分は固くなっていて、負荷が強くかかるとつなぎの前後にそれ以上の負荷がかかる。
なお堅牢を売りにしたロッド、例えばワールドシャウラなだば全く問題ないですけどね。


使い方が手荒だと1ピースでも折れます。その多くが不注意で折るんですね。

地べたにロッドを横に置いて踏まれたり、車に積む時にドアに挟んだりね。
注意すべきことを忘れてしまうと、いとも簡単に折れてしまいますね。

あとは無理をしたキャスト。竿先に糸が絡んでいるのにキャストすると折れます。
フルキャスト時に上の枝に当たったり、キャスト後に竿先が地面に強く当たったり・・


Youtubeでよーくキャストを研究してから釣りに行くことをお勧めします。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
<<ベイトリール&ロッド : ダイワか? シマノか? | メイン | ヘヴィアクションのロッドは絶対にケチらない>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。