2018 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
16 スコーピオン 70 / 71 と 16 カシータス MGL
- 2017/06/20(Tue) -
シマノのベイトリールの中で、エントリーモデルの最高峰。

それがスコーピオンとカシータスです。

スコーピオンは言わずと知れた歴史ある入門機で定番ですね。

スコ1000とかナツカシ・・


そんな中で海外で販売されていたカシータスが日本上陸。

価格も大きく変わらず、購入を迷う方も少なくないはず。


大きな違いは3つ。

①ボディの質。

スコはオール金属ボディ、カシータスは外装の多くが樹脂。

②X-SHIPの有無

スコ有り、カシ無し。

③スプール

スコ32mm、カシ34mmのMGL



こんなとこですね。

ハードな使い方をするならボディが強いスコーピオン。

永く使いたいのなら堅牢だと思われるスコーピオン。

巻き心地の良さでは圧倒的にスコーピオン。

軽いルアーも投げたいのならスコーピオン。

軽いルアーを投げないのならカシータス。

一般的なルアーの遠投ならカシータス。

ドラグはほとんど変わらない感じ。

個人的には他にも色々持っていることもあり、カシータスを購入。

エクスプライドと共にサブ機で車に積みっぱなしです。

スコーピオンのMGLは出ないのかなぁ・・
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
<<ベイトリールのスプール径 | メイン | ダイワ竿=柔らか目 STZ-661MFB>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。