2018 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
所有バスロッド一覧(ベイトロッド編)
- 2017/06/24(Sat) -
月2しか釣りに行けないせいでタックルばかりが増える本末転倒。

フローターと陸っぱり、ボート、どれもやるから増えていくってのもある。

特に今の主流は7ft前後。総重量が軽くなったので長くなったんでしょう。
バンクやボートならむしろベストですが、浮き輪にはちょっと長いです。

個人的には6.6ftまで、ベストは5.6ft~6ftですが、好みの竿が見つかりません。


とりあえず春先は亀山でのボートと荒川でのバンク中心だったので6.6ft超を購入。
浮き輪用は一昨年から更新していたので、今年は2本購入し更新が終了しました。

ある程度、落ち着いたので書きとどめておこうと思います。

点数付けているものは10点満点です。

ベイトキャスティングロッド

①ダイワ スティーズ STZ-661MFB ウェアウルフ

オカッパリだけでなく浮き輪でもボートでも使えるのでメインロッドと言えます。
ちょっと柔らかめのバーサタイルロッド。撃ち物巻き物問わず無難に使える。
ベリー~ティップが比較的柔らかいので、1/4以下のルアーを投げることも可能。
6.6ftは操作性が良好。感度は8点くらいで抜け目がないけど、面白味は無いかも。

②シマノ ポイズン グロリアス 1610M

シマノのロッドはダイワに比べて1.5段分くらい固く感じるので、ダイワのMH的な印象。
ウェアウルフに比べ、ベリー~ティップに張りがあり固いので、1/4oz以上で使用。
こちらも汎用性の高い竿ですが、感度はウェアウルフよりも高く、使っていて楽しい。
飛距離を出したいときや3/8-3/4ozの重めのルアーも投げるなら、まちがいなくコレ。

③ダイワ スティーズ STZ-631MHFB リベレーター

MHアクションの中で最初に見つけたショートロッドで、衝動買いしてしまいました。
やはりシマノのMクラスなのですが短い分、ティップの遊びが少しだけ少ないです。
撃ち物・巻き物にも使える汎用性、軽くて感度も非常に良く、ショートロッドの雄。
1/2のスピナベやラバージグをフローター・ボートで撃っていく釣りに最適。

④ポイズン アドレナ 172H

ボートや陸っぱりでのヘヴィカバー&ヘヴィルアー用ですが自身はフロッグが苦手orz
主にスピナーベイト、ラバージグ&テキサス&キャロ、スイムベイト&ビッグベイトに使用。
兎に角、大きなルアーとカバーはコレ。ボートや岸釣りでは必ず持っていく一本です。

⑤ワールドシャウラ 1653R

浮き輪でヘヴィカバーを中心で狙う時に使用。安心して20lb.が使える数少ないロッド。
かなり硬めなのに、巻き物から撃ち物まで扱いやすいレギュラーテーパーが嬉しい。
シャウラの場合は表記の1.5倍の重さのルアーを投げることもできる程、信頼性が高い。
フローター用とは言え、6月~10月まで10日程は使うので出番は少なくない。
八郎潟や牛久、新利根などボートでのアシ撃ちピッチングなら172Hよりコレをチョイス。

⑥ダイワ スティーズ STZ-631MLFB スカイレイ

ベイトフィネスでの感度優先ロッドと言えばスカイレイが一般的ではないでしょうか。
このロッドは1/16ジグヘッドで4~6インチを多用。4~8gくらいが非常に扱いやすい。
MLなので若干、張りがあるけど前述の通り感度は非常に秀逸で10点あげられる。
T3AIR+ゲーリー4インチグラブ+1/16ジグヘッドでスキッピングも簡単です。
シマノもいくつか触ったけど、やはり張りがありすぎてキャストが難しそうな印象。

⑦シマノ エクスプライド 166L-BFS

常時車載でサブに買ったつもりが案外悪くない・・性能も価格も非常に良いです。
4.5インチワームなら快適に投げられるけど4インチ未満なら素直にスピニングを。
張りがありティップはちょいヤワ、バットは強くキャストアビリティは非常に良い。
感度はアドレナと同等で価格の割に非常に良い。パワーもあるので心強い。
ただし表記通り、3.5g以上でないと厳しいのでスピニングの代用にはならず。

ま、4インチ未満で弱カバーならC3000スピニングにフロロ6lbが無難ですよね・・
ベイトフィネスはメーカーの戦略であって、アングラーからすると玩具と思うべし。

⑧ダイワ ブラックレーベルプラス 661MRB-G

6.6ft、安価で1/4から投げられるグラスロッドは唯一無二かもしれません。
昔使っていたEPVC-664より持ち重り感はありますが、ノリはコレの方が良さそう。
適度な張りと強靭な粘りで、きっとナイスバスを仕留めてくれるでしょう。
・・そう、まだこの竿で釣っていないのです。なお中古を1.2万円で購入。


こんなところでしょうか。

多少被っている感じはありますが、暫く買い買える必要はなさそうです。
唯一はグロリアス1610Mとアドレナ172Hの間に一本欲しいと思いましたが・・
1610Mと172Hの差が想像以上に少なかったので、これで十分と判断。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
<<巻き物でバスを釣る! 最終兵器 グラスロッド | メイン | ゾディアスとエクスプライドとアドレナとグロリアスの差>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。