FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ベイトリールのチューニングにご注意
- 2017/06/29(Thu) -
私も機械好きなのでリール弄りは大好きです。

バラして脱脂して注油してく見直す作業が凄く好き。

もちろんパーツを買ってくみ上げるのも好き。

アベイルさんには、大変お世話になっております。


最近だと15アルデバランにアベイルさんのマイクロキャストスプールにマグネットブレーキユニットを組んでヒャッホイしておりました。


ここまで書いておいて言うのもなんだけど、行き過ぎた改造はちょっと待った!


私がチューニングしたいと思うリールは、基本的に5年以上が経過した物。

それなりに使い込んだものを対象にチューンしています。

例えば01カルコン50は、なんせ既に発売から16年が経過した半オールドリール。

本来ならカルコンBFS導入でサヨナラしたいとこだけど、愛着があって手元に残したい。
そしてたまには使ってあげたいという思いからチューンに踏み切ったのが3年くらい前。
ベアリングを交換し、ブランキングされていないアベイルスプールに変更しました。
ベアリングは回転性能を上げるためではなく、あくまでメンテナンスの意味で交換。
あの高額なベアリングでは無く、安価なステンレスボールベアリングへの交換です。

純正で使いこんだし、1世代以上前のリールなので流石に効果が大きかったですね。

その後にアブの1500C/1601Cも同じようにチューン。

最初のスプール交換だけの時は調子が良かったんですよ。

でもイイ気になって某Sic高額ベアリングを入れたらおかしくなってしまいました。
ブレーキを常に強くしないとバックラッシュすると言う、よくあるトラブルです。

原因はベアリングとわかっていたので、安価なステンレスボールベアリングへ変更すると問題解決。
純正ベアリングがゴリゴリしたせいもあって、非脳に快適にキャストすることが可能になりました。

アブの場合はスプール受けベアリングだけでなく周辺のものも全てステンBBへ交換推奨。
廻り過ぎなくてよい。しっかりと回ってくれればよいんです。


ベアリングはスプールとのバランスが最重要ですが、リール全体での相性も大事です。
と言うよりも回転性能を売りにしたリールで回転性能の高いベアリングに交換しても意味が無い。


基本的には数百円の日本製ステンレスボールベアリングであれば十分。
それも回転性能向上のためではなく、あくまでO/Hの意味での交換がベスト。

3000円の某ベアリングを入れても飛距離は1m程度しか変わりません。
ピッチングの弾道が低くなるというけど、これがプラシーボ効果ですよ。

そんなことよりも普段よりブレーキを緩めて、きちんとサミングすることを覚えるべきだと思います。



知恵袋「メタニウムMGLは逆風でバックラッシュしたけど、ジリオンにしたら非常に楽です。」


アホじゃないかと・・基本ができていないだけですね。

逆風が強くなってルアーの速度が落ち、スプールのラインが膨らんだら軽くサミングして膨らむのを抑えてあげる。

これができないのなら、一生ダイワを使ってくださいよ。一生、アンバサダーは使えないですね。

ベイト初心者はダイワから入る方が良いと思いますが、ベテランになったら遠心も使いこなさないと。


ピッチングやチョイ投げは確実に遠心ブレーキの方が有利ですから。
ダイワも20年前に比べたらかなり良くなったけど、それでもまだまだかな。
メタニウムMGLでアシ際を半日でも流してみれば、プロでもない限り分かります。


俺のベイトリール比率はシマノ8:ダイワ2てとこかね。
俺は巧いって意味じゃなくて好みでこうなりました。


ダイワはT3AIRとスティーズST TWしか持っていないです。


じゃなんでお前がダイワ持っているんだよ?って話になると思う。

答えは簡単。

スティーズのロッドが好きだから(胸張

おかっぱりならウェアウルフかファイアウルフにスティーズSV TW。
ベイトフィネスならスカイレイかBL691LFBにT3AIR一択。

スティーズSV TWはシマノで置換えられるリールが無いのも良いです。
34mm径で5g以下が楽に投げられるものって少ないですよね。

ミディアム以下の竿はダイワが好きなので、それらと合わせるためのリールです。

だから軽量ルアーが投げられるようなリールしか持ってないんですよね・・


最近のリールはスプールとベアリングのバランスが非常に考えられていると思います。

例えばT3AIR。

試しに某有名ベアリングを完走しましたが、メリットは全くありませんでしたね。
案の定、ブレーキを2つか3つ強くしないとバックラッシュしやすくなってしまいました。

T3AIR以降、17カルコンBFSまで、メーカーもベアリングにかなり労力を注いだと思います。

むしろ交換しない方が良いレベル。


軽量スプールも同様。

純正で十分に満足できるようなリールは弄らない方が良い。


俺が最近弄ったのリールは全て理由がある。

アルデバラン15はマグネット化したかったから。
14カルコン201は中古でスプールがなかり痛んでいたから。
バンタム100は浅溝軽量スプールの効果が大きそうだったから。

T3AIRや16アルデバラン、17カルコンBFSにSSAIRなんかは交換しても変わらないはず。
変わらないから軽量スプールが販売されていないのだろうしね。
16アルデバランは某社から出ているけど1.4g程度じゃ誤差の範囲内ですよ。

これこそがスプールの結論。

発売されて長いT3AIRdno軽量スプールが出ていないんだからさ。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
<<安価でナイスで強いベイトフィネス用ロッド | メイン | T3 air からの カルカッタ コンクエスト BFS は、いかがかな? >>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。