FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
安価でナイスで強いベイトフィネス用ロッド
- 2017/07/03(Mon) -
基本的にシマノ派な私ですが、何が何でもシマノと言うわけでもありません。

以前からも書いている通り、柔らかさを求めるときは特にダイワのロッドを愛用しています。


今回はベイトフィネス用のロッドの紹介です。


記事にしていないし、所有ロッドにも書かなかった竿。

それがブラックレーベルFPの6101ULRBです。

ダイワ  ロッド ブラックレーベル バーサタイルシリーズ 6101ULRB

ダイワ ロッド ブラックレーベル バーサタイルシリーズ 6101ULRB


もともとカルコン51改に使う竿が何かないかと探し出した竿です。

スペックを見ても1/32オンスから1/4オンスまで幅広く対応していました。
0.9gから投げられることよりも7gまで投げられることがうれしかったです。
0.9-5gぐらいの竿もあるけど、かなり釣りの幅が狭くなってしまいます。

実際、T3AIRや15アルデバラン+AVAILスプールなんかで投げても爽快キャスト。
ゲーリーの3”グラブをイモにして一番小さいショットを付けると、なかり飛びます。
フリックシェイク3.8"に1gくらいのネイルシンカーでもそこそこ飛ばすことができます。
スモラバは空気抵抗が大きいので、どんなロッドでも飛距離は落ちてしまいます。

逆に7gのシャロークランクやバイブも余裕ですし、5g+サタン3"のDSも問題ありません。


2g程度のものだとエクスプライドBFSの2倍くらいの飛距離が出せてしまいます。
アドレナ・グロリアスにしたところで飛距離は、あまり変わりません。

逆にダイワのフラッグシップ?であるスティーズのスカイレイと比べると・・

感度は3割程度落ちますが、より軽量なルアールアーを投げるのも6101ULRB優位。
2~3gの飛距離もULRBがかなり優位なのに、価格は3万円以上安いから驚き。
ま、格が違うし、スカイレイは私のお気に入りで、軽くて感度が非常に高い竿ですが。

6101ULRBって未だに売っていることにびっくり。ブラッシュアップはされるのでしょうか?



6101ULRBは超ソフトなロッドなのですが、堅牢さも合わせて持っています。

持ってみればすぐにわかりますが、ティップからバットまで満遍なく重いんです。
見た目は細くて不安を感じますが、ブランクスはかなり肉厚に巻かれているみたい。
とは言え、40UPを引き抜くのはやめた方が良いでしょう・・これはドのロッドでも言えますけど。

基本的に6101ULRBはレギュラーテーパーなのでプラッギング用とされています。
適度な張りとブラックレーベル特有のバットの硬さのおかげでライトリグでも問題無し。
感度は前述の通り、感度優先の竿に比べれば落ちますけど、実釣には問題ない。


個人的な結論はベイトフィネスはブラックレーベル6101ULRBと691LFBにスカイレイの3本がベスト。

用途と季節と場所と気分で使い分けたいので、この3本は暫くメインとなります。



新型であるグロリアス/アドレナやエクスプライド、ゾディアス・・・

そのうち購入したのは失敗してもあまりいたくないエクスプライド。

エクスプライドはグロリアスの約35%の価格で購入することができる。
強靭さはエクスプライドが断然上。非常に堅牢でキャストは同等。

残念なのは感度がまずまずレベルなことと、安ロッド特有の先重り感。
とは言え、アドレナと比べるとの感度も先重り感も2割程度の劣化。
それなのにアドレナの約半額なので満足できる人が多いとも思います。

シマノのベイトモデルはM以上の硬さが、個人的には好き。

ミディアムでも食い込みの良いロッドとなるとダイワ。
ML以下の柔らかい竿はダイワをチョイスする事が殆ど。

ファンタジスタやジャクソン、フェンウィックも触ったけど、購入までは至らず。
メガバスのF0-60Xなんかが復活してくれればうれしいんだけどね。


色々触ってきたけど、なんだか6101ULRBが一番扱いやすいような気がしています。


ベイトフィネス=フロロの8~10ポンドでライトカバーを狙う釣りですよね。

よくカスミ等でオープンウォーターでベイトフィネスやってて馬鹿じゃね?って話を聞く。

いやいや、違うって。杭や流木が水面から隠れている。ゴロタの隙間に潜られる。

歩いて釣り進んでカバーが出現した時に対応できる。


と言うかそもそもバスは基本的に「何かに憑く」修正があるのだから・・


そんな理由からオープンウォーターでベイトフィネスは決しておかしくはない。


スピニングML~Mにスピニング3000+フロロ8lbが扱えれば、それこそがベストではあるけどね。

それはそれで、いざという時に超軽量リグが投げられなくなるからどっちもどっちか。

ダイワ  ロッド ブラックレーベル バーサタイルシリーズ 6101ULRB
ダイワ(Daiwa) (2012-04-11)
売り上げランキング: 32,578

スポンサーサイト
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
<<ダイワ タトゥーラ アマゾンにて超特価37%引き | メイン | ベイトリールのチューニングにご注意>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。