2018 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ベイトリールのメンテナンスに必要なもの
- 2017/07/05(Wed) -
年に一度くらいは手入れをしたいのがベイトキャスティングリール。


キャスト主体の釣りではベアリングへの負荷が大きいです。


今回はベアリング周りのメンテナンスで必要なものについてのお話。

用意するもの

①キッチンペーパー

油飛散防止、拭きとり、後掃除と大活躍。
ネットで買うまでも無い。ドラッグストアなどで買うべし。


②ドライバー

安価なもので良い。私はこれを愛用。




③マグネット
マグネットタイプは高かったり、効果が薄れたりします。
マグネットが欲しいなら、こういう小物を使う方が良いです。

アネックス(ANEX) マグキャッチMINI 2個入 No.407
兼古製作所
売り上げランキング: 351


ドライバーを差し込むだけで強力なマグネットドライバーに早変わりです。

④ラジオペンチ

100円ショップのもので十分。

⑤ピンセット

100円ショップの(ry

⑥受け皿

高儀 ステンレス 角型トレー中
高儀
売り上げランキング: 21,037


⑦パーツクリーナー

少々高額で量が少ないけど私はこればかり使っています。
樹脂などを傷めないタイプなので、安心して使えます。




完全に金属とわかっているものは安価なコレでOK.

KURE パーツクリーナー
KURE パーツクリーナー
posted with amazlet at 17.07.05
呉工業
売り上げランキング: 27



⑧ベアリングリフレッシュセット

ちょっと高いけど、これがあると無いとでは作業効率がかなり違います。
確実に脱脂するためにはむしろ必須かもしれません。




⑩最後にエアダスター

安価なものでOK。脱脂したベアリングからパーツクリーナーを吹き飛ばします。





その他、ハンドル弄るならスパナが必要。


あまりお金をかける必要はありませんね。

ヴェラとか使ってもあまり変わりません。


スポンサーサイト
この記事のURL | ルアーフィッシングと車 | CM(0) | ▲ top
<<ヤフオク:バスロッドの梱包は安価なボイド管 | メイン | 飛ばない! ベイトリールのメンテナンス>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。